バートレットアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はハナダイの仲間では珍しい黄色みの強い体色をしているバートレットアンティアスをご紹介したいと思います!

バートレットアンティアスは珍しい体色をしているだけではなく、性格や体長も他のハナダイとは異なる側面があります。

体長はハナダイの多くが10cm前後(成体)の種が多いのに対し、バートレットアンティアスは5cm前後の大きさしかないため、混泳がしやすい特徴があります。

ただし性格がきつく、他のハナダイと混泳をしてしまうと通常のおとなしいハナダイはいじめられてしまうことが多々あるため混泳には要注意です。

さてそんなバートレットアンティアスについてご紹介していきましょう!



 

バートレットアンティアスの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

バートレットアンティアスはハナダイの中でも特に丈夫なので、ネット購入でも衰弱することはほとんどありません。ネットの場合は複数購入で安価販売をしていることも多いため、複数飼育をしたい場合はネットの方がお得なことが多いです。

ただしネット購入の場合は体長などを細かく選んで個体を決めることはできませんので、個体の細かい見た目や体長を気にされる方はショップ購入がいいでしょう。

 

バートレットアンティアスの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  3,800円
 ショップ購入   4,200円

ハナダイ種の中では高価な部類です。

アカネハナゴイ換算でいくとアカネハナゴイが1匹700円に対し、5〜6倍の価格設定になるため決して安いとは言えませんね。。。

複数購入が安いとは言え、3匹以上購入すると1万円を超えてしまいますので、複数購入する際は必ず飼育環境を最良の状態に整えた上で招き入れるようにしましょう!

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

バートレットアンティアスは環境変化には比較的強い種のため、多少の温度変化や水質変化は問題ありません。

バートレットアンティアスはハナダイ系の中でも特に丈夫な種のため、亜硝酸やアンモニアが異常値であったり、塩分濃度が振り切れていたりなどしない限りは元気に泳いでいます。

ただし私の経験上、白点病には弱い印象です。現在水槽にいる海水魚の中で白点病にかかっている個体がいる場合は混泳を控えるようにしましょう。


 

水槽の大きさ

単体であれば45cm水槽でも十分飼育可能です。

他のハナダイに比べ体長が小さいこともあり、3匹前後の混泳であれば45cm前後の水槽でも飼育可能です。ただし5匹以上の飼育や別種との混泳をするのであれば60cm以上の水槽を用意してあげることが必須です。

また性格がきつい種のため、バートレットアンティアス複数飼育下での他のハナダイとの混泳を行う場合や8匹以上飼育するのであれば90cm以上の水槽を用意して余裕を持った飼育をすることが大切です。

 

混泳

他種混泳

バートレットアンティアスは気の強い種のため、混泳する海水魚には注意が必要です。

ただしスズメダイほどの気性の荒さはないため、全ての気の弱い海水魚との混泳の際に注意をする必要はありませんが、個体差がありますので水槽が小さい場合は混泳に注意しましょう。

混泳するのであれば、気合負けしないようなヤッコや身体が大きいハギ系との混泳が望ましいでしょう。バートレットアンティアスを複数飼育した上で他種と混泳するようであれば、水槽の大きさにもよりますがハギ系であれば1〜2匹程度の混泳で朝えるのがベストです。

同種混泳

バートレットアンティアスも他のハナダイ同様に複数飼育が可能ですが、注意しなければならない点があります。

他のハナダイ種はオス1匹にメス数匹のハーレム飼育が理想的であったりしますが、バートレットアンティアスの場合は、オスが非常に性格がきついため、最初からオスとメスを混泳させてしまうとオスが暴れ回る可能性があります。

混泳をさせるのであれば最初はメスを数匹だけ飼育するようにし、オスを最初から水槽内に入れるのは避けたほうが無難です。

その他のハナダイ系との混泳はできるだけ避けましょう。フチドリハナダイやキンギョハナダイなど通常のハナダイと混泳をしてしまうとバートレットアンティアスに怯えてしまいエサを食べなくなることがありますので、バートレットアンティアスのみで飼育することをオススメします。

サンゴとの混泳

問題ありません。

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。サンゴとの混泳に向いている種と言えるでしょう。

ただし群泳をする場合は水質を汚すスピードが速くなりますので、できれば水質耐性の強いソフトコーラルと混泳させるのがいいでしょう。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます。

ハナゴイは基本的に臆病で餌付きにくいことで有名ですが、バートレットアンティアス非常にえづきやすいため、スズメダイ同様すぐにエサを食べてくれるようになります

ネットで購入した個体でもすぐに食べてくれた印象が強いため、あまり餌付けには気をかけなくて大丈夫かと思います。

 

病気

病気には比較的強い種類です

スズメダイほどではありませんが、環境変化にも強いため、病気にもかかりにくいようです。しかし水温が低下すると白点病にかかる確率が高くなりますので、飼育環境には十分注意しましょう。

バートレットアンティアスの場合、水質が悪化し有害物質が蓄積すると白点病にかかりやすくなってしまいます。飼育前に水質を必ずチェックしてから飼育するようにしましょう。


 

まとめ

最後にバートレットアンティアスについてまとめたいと思います!

値段  3,800円
水温  24℃
水槽  45cm
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さて今回は非常に丈夫な海水魚、バートレットアンティアスについてお話ししました!

バートレットアンティアスは他のハナダイ系よりも環境変化に強いため、初心者の方でも安心して飼育できる種です。ただし気の強い側面があるため混泳させる場合は注意が必要です。

バートレットアンティアスを飼育するのであれば、他のハナダイ系との混泳は避け、身体の大きな個体との混泳がオススメです。できればバートレットアンティアスのみで飼育し、群泳させるといいでしょう!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. バイカラードティーバックの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. チョウハンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ハシナガチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ペパーミントシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. アレンズダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. スパインチークアネモネフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  7. ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. デバスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!