アカハチハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はハゼの中でもおとなしい配色のアカハチハゼについてお話をしたいと思います!

名前の由来は『黄色い頭が☆になってしまうと赤くなる』ことからついた名前だそうです。死んだときの見た目で名前をつけられるってショックですよね(笑)



 

アカハチハゼの購入

アカハチハゼはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

アカハチハゼについてはネット購入でもショップ購入でもどちらでも問題ないと思います。アカハチハゼは比較的丈夫な種なので、輸送中に弱ってしまう心配はないかと思います。

ただし大きさや色合いなどの好みのある方はショップ購入をオススメします。

 

アカハチハゼの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,400円
 ショップ購入   1,980円

ネット購入の方が500円くらい安いですね。

ただしさほど値段に差はありませんので購入する際に重要視するものによってどちらで購入するかを決めるといいかもしれません。

もし値段重視ならばネット購入。見た目や大きさ重視ならばショップ購入。その他細かい点を確認して購入したいのであればショップ購入をオススメします。

 

水温・水質

最も好む温度は24℃です。

アカハチハゼは寒い時期に出てくるハゼのため寒さに強い種なんです。23℃前後でも元気に泳いでいます。

ただし温度変化には弱いと思ってください。もともと26℃だった水温が急激に23℃になったりするといくら寒さに強くても弱ってしまいます。水温変化には気をつけましょう。

水質変化には強い種ではありますが、エサを食べなくなってしまったら要注意です。おそらく他の海水魚にも影響が出てしまいますので、水換えなどの作業を行い有害物質を減らしましょう!


水槽の大きさ

もしアカハチハゼだけを飼育するのであれば、30cm水槽でも十分飼育可能です。

しかしアカハチハゼだけを飼育する方は少なく、別の海水魚と混泳させることがほとんどのようです。その場合は混泳させる魚の種類にもよりますが、できれば45cm以上の水槽を購入するのが良いと思います。

ナンヨウハギなどの比較的身体の魚と混泳させるのであれば、60cm以上の水槽は必須だと思ってください。

 

混泳

他種混泳

多くの海水魚と混泳ができます

アカハチハゼは非常におとなしくいい性格で、通常の海水魚とは異なり底砂の上を這うようにして泳ぐ魚のため、あまり他の魚の縄張り争いに巻き込まれません。

ただしスズメダイのような気性の粗い海水魚と混泳させる場合は注意が必要です。身体が比較的大きなアカハチハゼであればちょっかいを出されることも少ないですが、4cm前後の個体だと攻撃をされることも多く見受けられます。

同種混泳

注意が必要です

アカハチハゼも含め、底生性の海水魚(ミズタマハゼ、ギンポ系)との混泳は注意が必要です。身体の大きい個体が小さい個体をいじめてしまうことがありますので、混泳は避けるようにしましょう。

サンゴとの混泳

注意が必要です

サンゴをつついたり食べたりすることはありませんが、アカハチハゼは『ベントス食性』という砂の中にいる微生物を食べるために底砂を口に含んで吐き出すという習性を持っています。

小さいサイズ(~5cm)であれば問題ありませんが、大きいサイズのアカハチハゼだとたくさんの底砂を巻き上げてしまい、それがサンゴに付着してしまうとサンゴを痛めることになってしまいます。

もしサンゴを飼育する水槽内で飼育するのであれば、小さいサイズのアカハチハゼを飼育するようにしましょう。

 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます。

アカハチハゼは『ベントス食性』といって、砂の中にいる微生物を食べるので、あまりエサがない環境でも生きていくことができます。

もしベントス食性を見たいのであれば、粒の細かいライブサンドやサンゴ砂を敷く必要があります。粒の大きい底砂の場合、口に含むことができないため、砂を口に含むことはしません。

 

病気

比較的病気には強い種です

ただし水槽内に他に白点病などの病気にかかってしまっている魚がいる場合は注意が必要です。

いくら普段は病気に強いと言っても、環境によってはかかってしまうこともあります。他に病気にかかっている魚がいないか、水槽環境は問題ないか常に気を付けるようにしましょう。


まとめ

最後にアカハチハゼについてまとめたいと思います!

値段  1,400円~
水温  24℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は砂を食べる姿がとってもキュートなアカハチハゼについてお話しました!

実はこのアカハチハゼを飼育されている方の仲には『ベントス食性』目的で飼育している方が多いです。

ベントス食性によって底砂がかき回されることでコケの発生や有害物質の蓄積を防ぐことができるんです。本人たちはそんなことを一切考えていないと思いますが、アクアリウムをする上では非常に助かる性質なんですよね!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. レモンピールエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. エビの飼育方法!病気や餌は?シュリンプの種類と特徴について!

  4. マルチカラーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  6. デバスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ホワイトソックスの稚魚が誕生!生まれた水槽の環境条件についてお伝えをし…

  8. トールボッツダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…