初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ 【準備編】





どうもヤスです!

今回は海水魚飼育をこれから始めようと思っている方に向けて、何から準備をすれば良いか、どういうものを購入すればよいかなど、初歩の初歩についてお話をしたいと思います。

私も初心者の頃、ネットを使ってたくさん調べてきましたが、本当に知りたい情報を見つけられた事はほんの少ししかありませんでした(私の調べ方が悪かったのかもしれませんが・・・)。

この記事では過去の私のようにマリンアクアリウムについて何の知識もない方が見ても問題なく海水魚飼育を始められるように詳しく順序立てて書いていきたいと思います。

これから海水魚飼育を始めようと思っている方、この記事で紹介する内容を踏まえたうえで準備をすれば大丈夫ですので、是非参考にしてみてください!



 

飼育したい海水魚を決める

マリンアクアリウムを始めるにあたって、一番肝心なところです!

これからマリンアクアリウムを始たいと思っている方のほとんどが『この魚を飼いたい!』という種類がひとつはあるのではないでしょうか。

飼いたい魚はまだ決めてないけど、漠然と『キレイだから飼いたいな!』と考えている方は、まず海水魚ショップに行って飼いたい魚を決めましょう

 

ショップに行く時間がない方は、本ブログの海水魚図鑑を見て決めて頂いても良いと思います。

ここで大切なことは初めからたくさんの種類の海水魚を選ぶのではなく、1種類だけ選ぶことです。

飼育する魚の種類が増えるということは生体数も増えるということで、数が多いと水槽内の汚れが増えるスピードも速くなります。

また複数飼育する場合は種類によっては喧嘩をしてしまう可能性もありますので、初めは欲張らず1種類だけを選びましょう!

 

 

水槽を置く場所は決めましたか?

さて飼いたい海水魚が決まったところで、今度は水槽を置く場所を確保しなければなりません。

海水魚図鑑を見て頂くと書いてありますが、海水魚の種類ごとに最低限必要な水槽の大きさというものがあります。カクレクマノミであれば30cm、ナンヨウハギであれば60cmと決まっています。

水槽の大きさに関してはこちらをご覧ください。

 

また水槽を置くスペースだけ準備すればいいわけではなく、フィルターの事も考えて場所を取らなければなりません。

フィルターの選び方はこちらをご覧ください。

 

下の表を参考にして必要なスペースを計算しましょう(水槽規格とは横幅を基準に一般的な水槽の大きさを表す指標です。30cm規格であれば横幅30cmを基準にした水槽を表します)。

水槽規格
水槽規格 横幅 奥行 高さ
30cm 30cm 18cm 24cm
45cm 45cm 24cm 30cm
60cm 60cm 30cm 36cm
90cm 90cm 45cm 45cm

 

フィルター
フィルターの種類 横幅 奥行 高さ
外掛けフィルター +15cm
上部式フィルター +15cm
外部フィルター +20cm (+5~10cm)
オーバーフロー +3cm +2cm +60cm

外掛けフィルターは横にも取り付け可能なので、もし奥行に余裕がなければ横に設置し、横幅が+15cmになります。

外部フィルターはエーハイム2213を基準にしています。ホースで接続するので置く場所はどこでも構いませんが、円柱型をしたエーハイムの直径は20cm弱なので、その分場所を取ります。

高さも36cmのため45cm規格水槽以下のものであれば、エーハイムが入るだけのスペースは必要になります。

オーバーフローは水槽台とセットの場合が多いですので、水槽台分の高さが必要になります(幅と奥行きはおとんど変わりません)。

 

 

水槽設置は本当にそこで大丈夫?

水槽を設置する場合は、設置する場所も非常に重要です。

カラーボックスや棚の上、常に光のあたる場所などは避け、頑丈な水槽用のラックを購入することをオススメします。そういう意味ではオーバーフロー水槽の方が水槽台もセットなので、選ぶ手間が省けて楽かもしれません。

水槽を置く場所の詳細はこちらをご覧ください 。

 

 

予算は大丈夫?

場所も確保できたところで購入する準備に入るわけですが、購入するものによって当然かかる費用が変わります。

マリンアクアリウムは初期投資がある程度必要で、平均して6万円前後ほど必要になります。特にオーバーフロー水槽は高い場合が多いですが、それ以外であれば安価でそろえることも可能です。

予算についてはこちらをご覧ください。

 

 

おわりに

さて今回は海水魚や水槽を購入する前段階、マリンアクアリウムを始めるための超初級編についてお話しました!

超初級とはいえ場所を確保したり、魚を調べたり、非常に大変だと思います。ここまで確認できればあとは購入するだけですから頑張って徹底的に調べてください!









関連記事

  1. 初心者必見!水槽の立ち上げに必須の道具は?

  2. 【水族館】八景島シーパラダイスを徹底解説!オススメポイントを紹介!(東…

  3. 【海水魚】オススメの店!東京都内のアクアリウムショップ!【関東】

  4. 初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ 【購入編②】…

  5. 【水族館】アクアパーク品川を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京・…

  6. 【水族館】新江ノ島水族館を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京・神…

  7. 【海水魚ランキング】人気のチョウチョウウオ厳選5種!初心者にオススメの…

  8. 初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ【購入編⑤】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…