キャメルシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は海老の中でも人気を誇るキャメルシュリンプについてお話をしたいと思います!

キャメルシュリンプの名前の由来は『背中のコブがラクダ(キャメル)に似ている』からだそうです。確かにボコッとはしていますけど、ラクダに似ているかといわれるとそうでもないような(笑)



 

キャメルシュリンプの購入

キャメルシュリンプはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

キャメルシュリンプについてはネット購入の方がオススメです。キャメルシュリンプはシュリンプの中でも非常に丈夫な種で、病気やストレス位非常に強いので輸送中のストレスで弱ってしまったりなんてことはないと思います。

ネットで購入する際は生体の大きさだけ注意して購入するようにしましょう!

 

キャメルシュリンプの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  800円
 ショップ購入   980円

値段的にはあまり変わりありませんね。

キャメルシュリンプを購入される場合は複数買いが基本でしょうから、ネットの方がお得感はありますよね!もし大きさや見た目にこだわりをお持ちの場合はさほど金額に差はありませんので、ショップ購入でも良いと思います。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

キャメルシュリンプは温度変化にも強く、27〜28℃くらいの水温ではびくともしません。低温の方も23〜24℃くらいでは問題なく元気にしています。

ただし決して良い影響を与えているわけではありませんので、ヒーターやクーラーを使用して温度を一定に保つようにしましょう。


水槽の大きさ

キャメルシュリンプだけ2〜3匹程度飼育するのであれば、30cm水槽でも飼育可能です。

混泳させる魚も2〜3cm程度の魚を2匹くらいであれば30cm水槽でも問題ありません。もしこれ以上の数や大きさの魚を混泳させるのであれば45cm以上の水槽がオススメです。

またライブロックの数や水槽の大きさが小さい中で他のシュリンプと混泳させる場合は喧嘩をすることがありますので要注意です。小型水槽でシュリンプを飼育する場合はライブロックを多めに入れてあげましょう!

 

混泳

海水魚との混泳

どんな種の魚とも混泳ができます

ただしスカンクシュリンプとは違いキャメルシュリンプはクリーナーシュリンプの力はないため、魚についた寄生虫を取ることはできません。純粋に観賞用のエビです。

シュリンプ系との混泳

他のシュリンプと混泳させる時は注意が必要です

身体が小さいため、ホワイトソックスやスカンクシュリンプの大きい個体と混泳させてしまうと蹴飛ばされたりしてしまうことがあります。できれば隠れられるような場所をライブロックなどで作ってあげるといいでしょう。

サンゴとの混泳

問題ありません

身体が小さいためあまり海水を汚すこともありませんので、サンゴと混泳させても大丈夫でしょう。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます。

餌付けはあまり難しくなく、水あわせをしっかりすればすぐに食べてくれるようになります。ただし混泳している魚の種類によっては警戒してしまって餌を食べないかもしれませんので、生体の入れすぎや気の強い魚(スズメダイ系)などを多く入れるのは控えましょう。

 

病気

ほとんどかかりません

シュリンプは病気や水質環境に強い種がほとんどですが、キャメルシュリンプは特に強いと言われています。

そのためキャメルシュリンプだけ飼育していると気づかぬうちに水質が悪くなっており、魚を入れたら次の日には死んでしまったなんてこともありますので、必ず2週間に1回は水質チェックを行うようにしましょう。


まとめ

最後にキャメルシュリンプについてまとめたいと思います!

値段  1,400円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメなキャメルシュリンプについてお話ししました!いかがでしたでしょうか!

水槽の中で群れでいるキャメルシュリンプは非常に可愛いです。キャメルシュリンプを飼育する場合はあまり大きい水槽で飼育するのではなく、小さめの水槽の方が綺麗に見えますのでオススメです。ただし他の魚と混泳をさせるのであれば45cm以上の水槽を購入してくださいね!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. アミメチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  3. アカハラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. バイカラードティーバックの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. スミレヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ポッターズピグミーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  7. スポッテッドマンダリンフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  8. リュウキュウスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!