エビの飼育方法!病気や餌は?シュリンプの種類と特徴について!





どうもヤスです!

皆さん『シュリンプ』ってご存知ですか?シュリンプとは簡単に言ってしまえばエビの事で、観賞用の海水エビもたくさん種類があります。見た目も非常にキレイで水槽に1匹いるだけで水槽が華やかになります!

今回はそんなシュリンプについてどんな種類がいるのか、そしてそれぞれの違いについてお話をしたいと思います!



 

シュリンプの種類

さて観賞用のシュリンプの種類ですが、マリンアクアリウムのなかで非常に人気なシュリンプは4種類います。

それは『スカンクシュリンプ』『キャメルシュリンプ』『ホワイトソックス』『ペパーミントシュリンプ』です。それではそれぞれどのような違いがあるのかをお話したいと思います。

 

スカンクシュリンプ

 

下半分がだいだい色で上半分が赤色をした非常にキレイな種です。名前の『スカンクシュリンプ』の由来にもなった白色の縞が美しいです。

また、スカンクシュリンプは『クリーナーシュリンプ』とも呼ばれており、魚についた寄生虫を取り除いてくれます。ただし、白点病などの病原菌を退治してくれるわけではありませんので、病気を治す目的で飼育をしても効果はほとんどありません。

販売金額は1,500~2,000円で、そこそこ値段は高い印象です。ただし病気や水質環境には非常に強いので、すぐに☆になってしまうことはないかと思います。

複数飼育についてはあまり問題はありませんが、水槽が狭いと領地の奪い合いで蹴とばし合ったりすることもありますので、注意が必要です。1匹であれば30cmでも飼育可能ですが、2匹以上飼育するのであれば、最低でも45cm以上の水槽にしましょう。

詳しいスカンクシュリンプの飼育方法はこちらをご覧ください。

 

 

キャメルシュリンプ

 

薄い赤の体表に白い縞が入った可愛らしいシュリンプです。

名前の由来は『ラクダ(キャメル)のようなコブが背中にあるから』だそうです。確かにいわれてみれば似ているかもしれませんね。

キャメルシュリンプはスカンクシュリンプとは違い、『クリーナーフィッシュ』としての役割は持っていません。純粋に水槽を鮮やかにする可愛らしいシュリンプとして非常に人気があります。

販売金額は700~1,000円で、シュリンプの中では安い方です。病気や水質環境にも強いので、安心して飼育できる種です。

複数飼育も問題なく、温厚な性格ですので、仲間同士で仲良くやってくれます。2~3匹程度であれば30cm水槽でも飼育可能だと思いますが、生体数が多いと水も汚れやすくなりますので、注意が必要です。

詳しいキャメルシュリンプの飼育方法はこちらをご覧ください。

 

 

ホワイトソックス

 

海水魚シュリンプの中では一番人気の種です。

真っ赤なボディに白の点がちりばめられた非常に美しい身体をしています。名前の由来は見た目通り『白い靴下を履いたような見た目』からだそうです。

ホワイトソックスもスカンクシュリンプ同様『クリーナーシュリンプ』としての力があり、魚の寄生虫を取り除いてくれます。ただしクリーナーとしての能力はスカンクシュリンプに劣りますので、クリーナーとして入れるのであればスカンクシュリンプをオススメします。

販売金額は2,000円~3,000円で、シュリンプの中では一番高価な種です。他の種同様、病気や水質環境には強いので、奮発して購入するのもいいかもしれません!

複数飼育もできなくはありませんが、体長が触角こみで15cmを超えることもありますので、あまり数を飼育しすぎると水槽の大きさによってはストレスを与えてしまうかもしれません。1匹だけ飼育する場合でも45cm以上の水槽は必須かと思います。

詳しいホワイトソックスの飼育方法はこちらをご覧ください。

 

 

ペパーミントシュリンプ

 

ホワイトソックスなどに比べると知名度は下がりますが、この種も非常に人気です。見た目はキャメルシュリンプに似ており、薄赤の身体に白い縞が入っています。

ペパーミントシュリンプの特徴は何といっても『カーリー退治』!カーリーはイソギンチャクのような見た目をしていますが毒があり、この触手に触れてしまったサンゴは死んでしまうくらい強力です。

サンゴやイソギンチャクを飼育する場合、天敵となりうるカーリーをやっつけてくれるのがこのペパーミントシュリンプなんです!そうめんをすするように食べるそうですよ!

販売金額は1,500~1,800円くらいで、スカンクシュリンプと同じくらいの値段ですね。 他の種同様、病気や水質環境には強いので、カーリーが現れたときは購入することをオススメしますよ!

複数飼育も可能で30cm水槽から飼育することが可能です。ただしスカンクシュリンプと混泳させることは避けたほうが良いでしょう。たまにおなかをすかせたスカンクシュリンプがペパーミントシュリンプを食べてしまうことがあるそうです。

詳しいペパーミントシュリンプの飼育方法はこちらをご覧ください。

 

 

 

まとめ

では最後に今回紹介した4種類のシュリンプの特徴についてまとめたいと思います!

シュリンプ名 値段 水槽 病気耐性 特徴
スカンクシュリンプ 1,500~2,000円 30cm~ 強い 魚についた寄生虫の除去(強)
キャメルシュリンプ 700~1,000円 30cm~ 強い 特になし
ホワイトソックス 2,000~3,000円 45cm~ 強い 魚についた寄生虫の除去(弱)
ペパーミントシュリンプ 1,500~1,800円 30cm~ 強い カーリーの除去

 

 

おわりに

私は現在60cm水槽にホワイトソックス2匹とスカンクシュリンプ1匹を飼育しています。

混泳している海水魚はよくシュリンプに寄っていって体の掃除をしてもらっています。たまに魚の身体にのっていることもあって、見ていてとても癒しになります(笑)

今回の記事を参考にして頂いて、ぜひお気に入りのシュリンプを見つけてみてください!









関連記事

  1. スミレヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  3. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ツノダシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ヘコアユの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. スプリンガーズダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ナメラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ミズタマハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2020!オス…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…