スカンクシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は海老の中でもかなりの人気を誇るスカンクシュリンプについてお話をしたいと思います!

スカンクシュリンプの名前の由来は『背中に入っている白い筋の模様がスカンクに似ている』からだそうです!う~ん・・・似てるかなあ。。。どちらにしてもなぜ陸上動物のスカンクと比べたんでしょうかね(笑)



 

スカンクシュリンプの購入

スカンクシュリンプはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

私個人的にはスカンクシュリンプについてはネット購入の方がオススメです。ショップで購入しても問題があるわけでは決してありませんが、ネット購入の方が安く購入できることが多いんです。

身体も丈夫な種ですので、輸送中に弱ることもあまり考えられません。見た目的にもあまり差はありませんので、値段重視の方にはネット購入をオススメします。

 

スカンクシュリンプの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  800円
 ショップ購入   1600円

やはりネット購入の方が断然が安いですね。

ただし今回ネット購入の欄に記載した値段はセール中の値段ですので、通常は1500円~2000円くらいが多いみたいですね。セール以外で購入する場合は送料を考えると、ショップ購入の方が安くなることもあるかもしれません。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

スカンクシュリンプは温度変化に強いため、少々温度が上下したところで弱ったりしません。

ただし病気の発生率が上がったり、混泳している魚が病気になってしまう確率は上がってしまいますので、できる限り温度を一定に保てるようにしましょう。

水質変化には若干弱い気がするので、定期的に水質をチェックして有害物質が蓄積しているかどうかを確認しましょう!


水槽の大きさ

スカンクシュリンプと小さな海水魚1~2匹だけを飼育するのであれば、30cm水槽でも十分飼育は可能です。

シュリンプ系はエサを食べるとき以外はほとんど動きませんので、混泳している魚のストレスにはなりません。

ただし成長するにつれて身体も大きくなるため、シュリンプの大きさが触角までいれて10cmを超えるようになったらもう少し大きな水槽で飼育することも検討すると良いかもしれません。

 

混泳

 

海水魚との混泳

どんな種の魚とも混泳ができます

スカンクシュリンプは別名『クリーナーシュリンプ』と呼ばれており、海水魚についている寄生虫などを取り除いてくれるお医者さんのような生き物なんです。

そのため普段どんなに気の強い海水魚でもスカンクシュリンプには攻撃をしません。逆に自分から近寄っていって掃除をしてくれと言わんばかりにスカンクシュリンプの近くでじっとしていることもあります。

サンゴとの混泳

問題ありません

サンゴをつついたり食べたりすることはありませんので混泳しても大丈夫です。ただしSPSは非常に水質に敏感なため、ソフトコーラルやLPSなどの比較的水質に強いサンゴとの飼育をオススメします。

 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます

餌付けはあまり難しくなく、ある程度水槽環境になれればすぐに食べてくれるようになります。

ただしあまり魚の数が多いと警戒してしまい、なかなか食べてくれないこともありますので、できればライブロックなどで安全地帯を作ってやると安心して食べてくれるようになります。

 

病気

全くと言っていいほどかかりません

シュリンプはほとんど病気にはかかりませんが、いくつか死んでしまうケースは多く存在します。混泳している魚にびっくりして水槽外に飛び出てしまったり、水質が悪化することによる衰弱死など様々です。

またナンヨウハギなどの比較的身体の大きな海水魚が誤って体当たりをしてしまい即死してしまうケースが良くあります。身体の大きな海水魚と飼育する際はある程度大きな水槽で混泳させてあげるようにしてください!


まとめ

最後にスカンクシュリンプについてまとめたいと思います!

値段  800円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメなスカンクシュリンプについてお話ししました!いかがでしたでしょうか!

水槽内にエビが1匹いるだけで、見た目が非常にかなり華やかになります。スカンクシュリンプだけではなく、ホワイトソックスを一緒に飼育するとよりきれいに見えると思いますよ!

また、寄生虫から魚を守ってくれる力もあるので、できれば水槽内には1匹入れておきたい子です。ただし注意が必要なのは『白点病は治療できない』ということです。

白点病以外にも以前から紹介をしている海水魚の病気の病原菌を取り除いてくれることはほとんどありませんので、何かの病気の治療目的に飼育してもほとんど効果は出ないと考えてもらった方が良いでしょう。

しかし寄生虫による体力消耗や衰弱は防ぐことができますので、できれば1水槽に1匹は飼育をすることをオススメします!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ナメラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. サルファーダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. クレナイニセスズメの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ポッターズピグミーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  6. ゴールデンバタフライの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. アケボノハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ハタタテハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…