パウダーブルータンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はナンヨウハギを模様替えしたような海水魚、パウダ―ブルータンについてお話をしたいと思います!

名前の由来は『身体がパウダーブルーの色をしている』からだそうです。いつも色をフィーチャーして命名するときは日本語のまま(キイロハギなど)なのに、今回は英語のままつけたんですね(笑)

パウダーブルータンの身体には青だけではなく、黄色や白など様々な色が入っており、水槽に一匹いるだけで水槽が非常に華やかになりますので非常にオススメです。



 

パウダーブルータンの購入

パウダーブルータンはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

比較的丈夫な種ではありますので、ネットでの購入も問題ないと思います。ただし購入する際に気を付けるべき点は、個体の体長です。

パウダーブルータンはもともと身体も大きく良く動き回るのため、水槽が小さいとストレスを感じてしまうことがあります。60cm規格の水槽であれば10cm前後の体長の個体を選ぶようにしてください。ネットで購入する際も特記事項に体長について記載があるかと思いますので、必ず確認するようにしてください。

 

パウダーブルータンの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  2,700円
 ショップ購入   3,980円

どちらもそこそこ高いです。

似た見た目のナンヨウハギに比べるとまだ安いですね。環境変化には比較的強いとは思いますので、輸送中のストレスで弱るということはあまりなくネット購入でも問題ありません。

比較的身体が大きいので、体に傷のある個体も中にはあると思います。なのでもし細かい見た目にこだわる方はショップで購入するようにしましょう!

 

水温・水質

最も好む温度は25℃です。

水温変化には比較的強く、23~28℃くらいであれば体調的には問題ありません。ただし急激な温度変化などには弱いことは他の魚と同様なので、水合わせ時や水換え時などには温度に気をつけて行うようにしましょう。

水質変化には他の海水魚よりも弱い印象があります。導入時の水質があまりにも悪い場合は急死してしまうこともありますので、導入前に必ず水質チェックをするようにしましょう!


水槽の大きさ

最低でも60cm規格以上のものだと思います。

先程もお話をしましたが、パウダーブルータンはかなり泳ぎ回る種ですので、水槽が小さいとストレスを感じてしまいます。パウダーブルータンは最大で30cm前後まで成長することもあるため、体長面でも大きめの水槽を用意することが望ましいでしょう。

混泳をさせる場合などはできれば90cm以上の水槽が望ましいですが、あまり生体を入れないのであれば基本的には60cmの水槽でも飼育は可能です。

 

混泳

同種混泳

同種混泳はできません

パウダーブルータンは自然界では群れで行動することが多く、スキューバダイビングではよく見られる光景ですが、水槽内では複数飼育を再現することは180cmの水槽であろうとできないことがほとんどです。複数入れた場合必ずと言っていいほど喧嘩をします

海に比べると水槽の環境は空間的にも狭く個体に影響する環境も限られているため複数飼育ができないのでしょう。パウダーブルータンを飼育する場合はどんなに水槽が大きかったとしても1匹以上は入れないようにしましょう。

他種混泳

気を付ける必要があります

ニザダイ類の魚とは喧嘩することが多いですので混泳は避けましょう。それ以外の海水魚であれば比較的仲良く混泳することができると思いますが、水槽の大きさによっては同じくらいの体長の魚を追いかけまわしたりすることがありますので、可能な限り大きな水槽での飼育をオススメします。

サンゴとの混泳

比較的問題なくどの種類でも混泳が可能です

ただし身体が大きいため水質を汚すスピードも速いです。そのため水質に比較的丈夫なソフトコーラルやLPSなどと飼育することをオススメします。SPSは非常に水質に敏感なため、おそらくパウダ―ブルータンの出す汚れに耐えられません。

またサンゴと飼育する場合は水槽は90cmくらいの水槽は必須です。できるだけ安定した水質を保てるようにしましょう。

 

エサ

人工エサと生エサどちらも食べますが、人工エサを好んで食べる傾向があります。

パウダーブルータンは植物食性が強いため、ライブロックについているコケも食べます。そのため、人工エサ(特に植物食性用の人工エサ)を好んで食べることが多いです。

メガバイトグリーン海藻70などの食性植物用のエサが非常にオススメです。他のエサに比べ非常に餌付きが良いので、もしエサを食べなくなった時用に買っておくのも良いかもしれません。

 

病気

病気には比較的強い種です。但し白点病に気を付けましょう。

いままで小さい魚しか飼っておらず、パウダーブルータンが初めての中型魚の場合は注意が必要です。水槽の汚れるスピードが今までと比べ物にならないくらい早くなるため、安定していた水質が不安定になる可能性があります。

これはパウダーブルータンの身体が大きいために生じる問題で、2〜3匹の小型魚を買っていた45cm以下の水槽に導入するとろ過不足になることがあります。

パウダーブルータンを導入してしばらくは水質をこまめにチェックして有害物質量が問題ないかをチェックしましょう。有害物質が蓄積してしまうと病気の原因になってしまうので、1週間ほどは様子を見たほうが良いでしょう。


まとめ

最後にパウダーブルータンについてまとめたいと思います!

値段  2,700円~
水温  25℃
水槽  60cm
協調性  ★★★★☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★★☆☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回はキレイな色が混ざったパウダーブルータンについてお話をしました!

パウダーブルータンは丈夫な種ではありますので、中型魚の入門種としては非常にオススメできる海水魚です。大きな水槽を用意できれば、基本的には長く生きてくれると思いますので、水質にだけ気を付けて飼育するようにしてあげてください!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

迫力のサイズが、超お買い得です♪パウダーブルータン MLサイズ 9-10cm前後【1匹】【海水魚】(15時までのご注文で当日発送可能です)
価格:3219円(税込、送料別) (2017/11/3時点)

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ゴールデンバタフライの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ハリセンボンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. シマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. キイロハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. タテジマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  7. ロックビューティーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. サルファーダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…