キイロハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は全身黄色一色のキイロハギについてお話をしたいと思います。

名前の由来はそのままで『身体が黄色いハギ』だからキイロハギです。ハギ類ではナンヨウハギの人気に隠れがちですがキイロハギも非常に人気です!

ただしこのキイロハギ、飼育する難易度が比較的高いんです。これから初めて海水魚を飼育される方には長期的に飼育するのが難しいとされています。

今回の記事を参考にして、今後キイロハギを長期飼育できるように頑張ってください!



 

キイロハギの購入

キイロハギはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

キイロハギを購入する際に気をつけるべき点は、ストレスによる拒食です。

これはハギ類ではよく見られるものですが、ネット購入ではエサを食べているかどうかが判断ができませんので、できれば直接ショップで個体を見て購入することをオススメします。

 

値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  4,200円
 ショップ購入   5,980円

どちらも結構な値段がしますね。

似た海水魚でゴマハギという魚がいるのですがこの魚は1,500円くらいで購入できます。色が違うだけでここまで差がでるんですね。

もともと高価な魚でもあるので安いからといってネットで購入するのではなく、できればショップで好みの個体や元気な個体の購入をオススメします。

ただし決してネット購入がお勧めできないわけではありません。私が現在飼育しているキイロハギはネット購入ですがすでに1年以上元気に泳いでいます。

ネットで購入する際に大切なことは大きさだと思います。身体の大きな個体は非常に丈夫ですので、ネットで購入する際は10cm以上の個体を購入することをオススメします。

 

水温・水質

最も好む温度は25℃です。

しかし10cm以上に育った個体は高温に非常に強く、30℃近くの高温になっても死ぬことはありません。長期的にその水温が続いてしまうと当然衰弱してしまいますが、一時的な高温には耐えることができます。

ただし水質変化に強い種ではありませんので水質変化には気を付けましょう。特に水槽への導入時などストレスを受けやすい時は病気にかかってしまうこともあります。水合わせの時も含め、海水の状態にはしっかりとを管理するようにしましょう。


水槽の大きさ

最低でも60cm規格以上のものだと思います。

キイロハギはヒフキアイゴなどと同様かなり泳ぎ回る種ですので、水槽が小さいとストレスを感じてしまいかねません。キイロハギは最大で20cm前後まで成長することもあるため、体長面でも大きめの水槽を用意することが望ましいでしょう。

混泳をさせる場合などはできればもう一回り大きい水槽がほしいところですが、あまり生体数を入れないのであれば60cm水槽でも飼育は可能だと思います。

 

混泳

同種混泳

基本的には混泳可能です

キイロハギは自然界では群れで行動することが多く、複数飼育でも喧嘩をすることはありません。水槽内でも複数飼育は可能ですが中途半端な数を入れてしまうと喧嘩をします。3匹の飼育が一番喧嘩をしやすいため、もし複数飼育をするのであれば必ず5匹以上は入れるようにしましょう。

その他ハギ類との混泳も特に問題ないと思います。ただし身体の大きさに差があると身体の小さい個体がいじめられてしまう可能性が高いですので、同種混泳するのであれば身体の同じ大きさの個体を選ぶようにしましょう。

他種混泳

基本的には問題ありません

基本的にはどの魚とも仲良くしますので、数を入れすぎなければ喧嘩をすることはありません。小さな魚であれば基本的には混泳しても問題ないでしょう。

しかしある程度縄張りを決めた個体はその縄張りに入ってきた海水魚を尻尾で攻撃することがあります。うちのキイロハギは縄張りに入ってきた海水魚が12cmくらいまで育ったヒフキアイゴでも尻尾で攻撃をしかけます。もしお持ちの水槽が小さい場合は混泳する海水魚の数を増やしすぎないように注意しましょう。

また身体が小さい時は育ったヤッコなどがすでに住んでいる水槽に入れるといじめられてしまう可能性があります。育ちきっていないキイロハギを水槽に入れる際は、キイロハギを入れてある程度縄張りが決まってからヤッコなどを入れるといいでしょう!

サンゴとの混泳

非常にサンゴとの混泳に向いている種です。

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、キイロハギの美しいキイロがサンゴの美しさを引き立てます。サンゴ水槽ではキイロハギを飼育している方は多いのではないでしょうか。

 

エサ

人工エサと生エサどちらも食べますが、人工エサを好んで食べる傾向があります。

キイロハギは植物食性が強いため、ライブロックについているコケなども食べます。そのため、人工エサ(特に植物食性用の人工エサ)を好んで食べることが多いです。

キイロハギは拒食になることも多く報告されていますが、できるだけ好みのエサをあげるようにすることで拒食を防ぐことができると思いますので、できればメガバイトグリーンなどのエサの購入をオススメします。

 

病気

病気にはかかりやすい種です。

水槽への導入初期でのウーディニウム病と導入中期での白点病に気を付けましょう。拒食におちいったキイロハギは体力が落ち、病気にかかりやすくなります。水槽環境等からくるストレスを与えないように、水質はしっかりと整えるようにしましょう。

元気なキイロハギを見分けるコツはライブロックをつつく仕草をしているかどうかです。元気な個体はライブロックについているコケを取ろうと頻繁にライブロックをつつきます。もしショップでキイロハギを購入する際は参考にしてみてください。


まとめ

最後にキイロハギについてまとめたいと思います!

値段  4,200円~
水温  25℃
水槽  60cm
協調性  ★★☆☆☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★★☆☆
飼育難易度  ★★★★☆

 

おわりに

さてさて今回はキレイな黄色が特徴のキイロハギについてお話をしました!

キイロハギは初心者の方が飼育するには少々リスキーな面もあります。飼育自体はさほど難しくはないのですが、ストレスを感じるとエサを食べなくなることがあるため、水槽環境が安定していないと病気になる可能性が高いです。

値段も高いこともありますので、海水魚飼育に少し慣れてきたな~と感じてきたときに購入することをオススメします!

 

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ニシキテッポウエビの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ヘコアユの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. レモンピールエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. アケボノハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. サザナミヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ハマクマノミの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ポッターズピグミーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  8. タテジマキンチャクダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!