魚が突然消える!?姿が見えなくなる理由とは!





どうもヤスです!

今回は突然海水魚がいなくなってしまう理由について解説したいと思います!

なんか探偵が言いそうな記事内容ですが、推理小説などでよくあるミステリーのように複雑で難しいわけではありません。魚の失踪で考えられる理由はいくつかに絞られます。

ただし結局理由がわからず見つからずじまいなんてこともありますので、今回の記事を読んで「そうだったのか!」程度に思ってくれればうれしいです。



 

イソギンチャク


クマノミと共生することで有名なイソギンチャクですが、実は大きなイソギンチャクは海水魚をそのまま飲み込むことがあります。

意外と知られていない事実ですが、かなり多く事例として報告されている事実なんです。

「これを聞いたらもうイソギンチャクなんて飼えない・・・」と思う方もいるでしょうがそんなに頻繁に起こることではありませんし、大きな魚であればほとんど飲み込まれませんので安心してもらえればと思います。

 

 

水槽外への飛び出し

これは私も何度も経験があります。朝起きたら魚が床に落ちてるのをみるととても悲しい気持ちになりますよね。。。

飛び出しの原因は正直よくわかりません。夜中に暗闇で他の魚に攻撃をされてびっくりして飛び出したりすることもあるようです。こればっかりはどうしようもありません。

予防策として水槽にガラス板を設置するとよいでしょう。私はガラス板を設置してさらにその上に自作の水槽上部カバーを設置しています。何かしらの覆い被せるものをかぶせることで、ある程度防ぐことができるでしょう。

 

 

フィルター


フィルターに付属している水をくみ上げるモーターに巻き込まれていることがあります。

非常に残酷な話ですが小さな魚はもちろんの事、何かのはずみで吸引口のカバーが取れてしまって吸い込まれてしまうこともあるそうです。

確率的には非常に低いですが、念のために確認し魚が巻き込まれないようにカバーなどを設置するようにしてあげましょう。



 

 

突然死

病気または老衰など様々原因は考えられますが、ライブロックの影などで突然死んでしまい、そのままバクテリアに分解されて、いなくなってしまうケースです。

実はこのケースが一番多いので、いなくなってしまったと思ったら水槽内のライブロックを移動させて確認をしてみてください。

魚が突然死んでしまう理由については以下の記事にまとめましたのでご覧ください。

 

 

ただの勘違い

朝確認をしてみたら見つからなかったので慌てて探したけど、ただライブロックの陰で寝ていただけだった等々、思い違いをしているケースです。

私も小さいデバスズメがいなくなったことがあって、水槽周りとか色々探したけれども結局見つからなかったのでほとんどあきらめていたんですが、次の日ひょっこり出てきたことがありました。

このパターンも結構あったりしますので、まずは本当にいないかどうかライブロックを移動させるなどして、しっかり確かめてみましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回は魚が突然行方不明になる理由についてお話をしました。

消えた!?と思ったらまずは冷静になって水槽内を観察しましょう。ライブロックどかしてもいない場合は水槽周りなどを確認し、それでも見つからない場合は今回説明したいづれかの理由だと思ってあきらめましょう。姿は消えてしまったとしても、心の中にはいなくなってしまった海水魚のことはずっと残しておいてあげましょう。









関連記事

  1. マインアクアリウム歴5年を迎えた今、海水魚を飼育する上で本当に重要だと…

  2. サンゴ岩との違いは?ライブロックの正体と役割!コケの掃除の仕方まで!

  3. ウミケムシの対策はどうする?効率的に除去する方法とは!

  4. チョウチョウウオはサンゴ水槽での飼育はNG?共生可能な種類を徹底解説!…

  5. 海水魚を長生きさせるために絶対に必要な3ヶ条をお伝えしたいと思います

  6. 賃貸で水槽はOK?マンションやアパートで耐えられる重量は?60cm〜1…

  7. ポイントはココ!海水魚を購入する際の注意点!

  8. 海水魚水槽での水換えの頻度は?水換えの量と回数について!

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…