海水魚の白点病に効果のあるやり方は?淡水浴の正しい方法!





どうもヤスです!

今回は海水魚の病気には非常に有効な治療法、淡水浴についてお話をしたいと思います!

淡水浴は海水魚のかかる病気に対しては非常に有効的な治療法です。ただし淡水浴をするにあたっていくつか注意しなければならないこともあります。今回はそんな淡水浴のやり方と注意点についてお話をしたいと思います!



 

淡水浴とは

淡水浴とは海水魚が特定の病気に感染した際に有効な治療法です。

真水に海水魚を浸けることで、体内と真水の塩濃度の差から生じる浸透圧を利用し、菌を強制的に体外に放出する方法です。

真水だけを使用して治療を行いますので、特別な装置が必要なわけでもなく、手軽にできるのが特徴ですが、対処の方法を間違えると魚が死んでしまう危険性もはらんでいるハイリスクな治療法だということも認識しておいてください。

 

 

淡水浴が有効な病気

トリコディナ病、リムフォシスティス病、ウーディニウム病などに対して非常に有効です。

トリコディナは体内の奥深くに菌が浸透していることが多いため、淡水浴をすることで効率よく菌を体外に放出することができます。

白点病にも効果があるとよくお聞きすると思いますが、私は白点病治療に限り、ハイリスクローリターンな治療法だと思っています。

白点病の原因でもある白点虫は真水につけると弱り、死滅する確率は高くなりますが、魚の体表についている白点虫とシスト状態の白点虫にはほとんど効果がありません

仮にうまく体表から白点虫が取れた場合でも、水槽内の海水にはシスト状態の白点虫がごまんといるわけであって、またすぐに感染してしまい、ただ魚の体力を奪うだけの結果になってしまうことがほとんどです。

早急な対処を求められるトリコディナだからこそ淡水浴というハイリスクな対応をするのであって、薬浴などその他に対処方法があり、進行の遅い白点病に対してわざわざ危険の伴う治療を行う必要はないと私は思います。

白点病の場合は水換えとオキシドール治療で私は何度も完治させてきましたので、そちらを強くオススメします。

オキシドールの使用方法についてはこちらをご覧ください。

 

 

淡水浴の注意点

先程冒頭でもお話をしました通り、淡水浴は危険を伴う治療法です。

正しいやり方で行わなければただ魚の体力を弱める原因になりかねないので、以下の淡水浴の方法で説明するやり方を守り、行ってください。

また、魚の体力によっては説明するやり方でも正しいとは言えない場合もありますので、もし魚に体力が無いように見受けられる場合は淡水浴はオススメしません。



 

淡水浴の方法

それでは淡水浴のやり方を説明しましょう。

基本的にはこちらで説明する方法でトリコディナは治ることが多いですが、100%というわけではないので、実践するかどうかは皆さんにお任せします。

今回はトリコディナに感染している海水魚がいませんので、代わりに魚の形をした板で代用させていただきます(笑)

 

① 必要な用具を揃える

番号 商品名 用途
ペットボトル   pH調整溶液を作成するためのもの
タイマー 淡水浴の時間を計る
エアーポンプ エアレーションを行う
カルキ抜き 真水の塩素を抜く
水合わせセット エアレーション及び水あわせに使用
pH調整剤 真水のpHを海水のpHと合わせる
バケツ 淡水浴をするための容器
温度計 温度を海水の温度と合わせる

 

② 真水の準備

海水温度に合わせた真水にカルキ抜きを添加し、塩素を抜きます。塩素を抜くためには塩素抜き用の薬品がありますので、それを使用しましょう。

またペットボトルに別途pHを海水に合わせたものを入れてください。(pHを合わせる作業はpH検査キットが必要になりますので、手間がかかることもあり必須ではありません。可能であれば行ってください)。

pH検査キットはこちらをご覧ください。

 

塩素を抜いたあとはエアーポンプと水あわせセットの中に入っているエアーストーントチューブを使用して15分程真水にエアレーションをしてください。できればヒーターを使用して温度が下がらないようにしてあげてください。これで真水の準備は完了です!

 

③ 淡水浴の実践

海水魚を移すためにカップか何かで病気にかかっている魚をすくい取り、真水の中にゆっくり入れてください。 入れたらすぐさまタイマーを作動し3分間測ってください。

人によっては2分だったり5分だったりしますが、私は3分が最適だと思います。

 

④ 患部をこする

3分間淡水浴を行ったあとは魚を素手ですくい上げ、患部を指で優しくこすってください。この作業は見た感じしっかり白い膜がとれているようであれば行う必要はありません。魚の様子を確認して必要であれば行ってください。

こする際は長時間やってはいけません。30秒〜1分を目安に行い、そのあとは真水にまた戻してください。

 

⑤ 水合わせ

水合わせキットを使用し、少しずつ魚のいる真水の中に海水を添加していきます。比重がある程度海水の中と同じくらいになったら、水合わせ完了です。

 

⑥ 水槽内の水換え

トリコディナ病は海水が汚いことによって発症するので、水合わせを行っている間に水換えもやってしまいましょう。約1/3程交換すれば十分だと思います。

 

⑦ 海水魚を戻す

最後に淡水浴をしていた魚を水槽内に戻して終了です。お疲れさまでした!

基本的にはこの手順で作業を行えば症状はかなり良くなるかと思います。

トリコディナ病については海水が汚れていることが原因で起こることがほとんどですので、合わせて水換えを行うことでより効果を得られるかと思います。

 

 

おわりに

さてさて今回は病気の治療に役立つ淡水浴についてお話をしました。いかがでしたでしょうか!

正直、淡水浴の方法は人それぞれですので、この方法は違う!と感じられる方も多いと思います。もしご自身でのやり方が確立しているようであればそちらを優先して頂いて問題ありませんので、ひとつの参考程度に考えてもらえれば幸いです。









関連記事

  1. 海水魚の病気に効果あり!グリーンFゴールドを使用した薬浴のやり方!

  2. カクレクマノミ特有の病気!カクレ病の症状と対処法は?

  3. 淡水浴が有効?海水魚のウーディニウム病の症状と治療方法!

  4. 水面でパクパク??魚が苦しそうな理由と対処方法は!原因を紹介!

  5. 海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!

  6. 治療できる?白点病に有効な薬品や対処方法について!

  7. 有効な薬や治療法は?リムフォシスティス病の症状と対処方法!

  8. 原因はなに?海水魚が身体をこすりつける理由と対処方法!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!