底面に敷く砂の意味は?底砂の役割と種類やオススメの商品について!





どうもヤスです!

今回は水槽を立ち上げる際に水槽の底面に敷く底砂についてお話をしたいと思います!

この砂は観賞用にキレイに見せるだけでなく、海水魚飼育において大切な役割を持っているんです。そんな底砂の役割と種類について今回は詳しくお話をしたいと思います。




 

底砂は必要?

そもそもの話、海水魚飼育に底砂は必要なんでしょうか。答えはひとそれぞれです。

「硫化水素が発生する原因になるから必要ない」「嫌気性バクテリアは大切なので必要」「ろ過が行き届いていれば必要ない」「見た目がいいので必要」など様々な意見があります。

正直なお話、ろ過がしっかり機能していて、掃除をこまめにできるのであれば底砂は必要ありません。実際アクアリウムショップの水槽を見ていただけば底砂を敷いていないでも元気に泳いでるのがわかると思います。

ただし以前もお話をした通り、水槽立ち上げ当初は水槽やろ過を安定させるまで、かなり長い時間がかかります。そこで底砂を敷くことで、水槽を素早く安定させることができるんです。

なぜ底砂を敷くと水槽を早く安定させることができるようになるのか、以下で説明します。

 

 

底砂の役割

前回、バクテリアの機能についてお話しましたが、あの記事で紹介をしたバクテリアは好気性バクテリアと呼ばれるもので、 海水に触れる部分に存在しているバクテリアなんです。

しかし底砂は見ての通り、砂の表面以外はほとんど海水に触れていませんよね。その空気に触れない部分に好んで増殖をするのが嫌気性バクテリアといわれるバクテリアなんです。同じバクテリアとはいえ、役割が全く違います。

嫌気性バクテリアは好気性バクテリアがろ過した残り(デトリタスといいます)をさらに分解する能力を持っています。

前回もお話をしましたが、好気性バクテリアは有害物質をろ過し、最終的に硝酸塩という無害なものに変えます。

しかしそんな無害な硝酸塩でも、水槽にたまりすぎると魚に悪影響を与えます。この硝酸塩は定期的な水換えで排出することができますが、嫌気性バクテリアはその硝酸塩を分解する力を持っているんです。

嫌気性バクテリアは硝酸塩を還元し、無害な窒素に変えて水槽外へ放出するんです。砂の中にみえる泡の粒が窒素なんですね。とても有能です!ここで有害な硫化水素も発生しますが、嫌気性バクテリアが作る硫化水素の量はほんの微量なので、定期的に水換えをすれば問題ないと思っていただいて結構です。

最後に図にまとめましたので、バクテリアの機能について再確認をしましょう!

 

 

底砂の注意点

底砂を敷く上で、注意しなければならないことがいくつかあります。

底砂の中には嫌気性バクテリアだけが発生するのであれば全く問題ないのですが、酸素が少ない水槽内では、偏性嫌気性細菌という菌も繁殖してしまいます。こいつがかなりの厄介者なんです。

何が厄介って、こいつは海水中に存在する硫黄と水素を合体させて、先ほどお話をした海水魚に有害な硫化水素をわざわざ作り出すんです。

こいつの発生を防ぐためにはエアレーションで海水中の酸素を豊富な状態に保つこと、そして流れの淀んだ場所を作らないために水流ポンプ などを使用して水槽内に海水の流れをしっかり作ることです。

どちらも難しいことではありませんので、底砂を敷く場合は是非設置してあげてください!

 

 

底砂の種類

さて底砂の説明が長くなってしまいましたが、ここから底砂の紹介に移りたいと思います。基本的には3種類あるとお考えください。それでは紹介していきましょう!

 

サンゴ砂


一般的な底砂でベーシックなタイプになります。

死んだサンゴが風化して砂状になったもので、通常の砂に比べ海水魚を飼育するために必要な要素がたくさん詰まっています。

また、カルシウムがたっぷり含まれているため、海水中に溶け出すことでpHを最適な状態に保つことができます。また安価な者が多く、非常に手に入れやすいです。

 

アラゴナイト


最近メジャーになってきている底砂で、海水中で採取されることが多いです。

サンゴ砂と違うところは成分中にリンを含まないため、赤コケの発生原因になりません。また、サンゴ砂に含まれていない海水魚に有効な成分も含まれているため、サンゴ飼育にも非常に向いています。

サンゴ砂よりも非常に脆いものが多く、海水に有効成分が溶け出しやすくなっています。つまり、自然の環境に非常に近い環境を再現できるのがアラゴナイトの特徴なんです。それもあってか値段は少し高めですね。

 

ライブサンド


サンゴ砂またはアラゴナイトにバクテリアがしっかり増殖しているものをいいます。

まさに『生きている砂』ですね。このライブサンドは基本的に砂が湿った状態で売られています。ライブサンドの良いところはすでにバクテリアが付着しているので、水槽を立ち上げる際に入れるとあっという間に水槽を立ち上げることができるところです。

最近はこのライブサンドを使用することがほとんどだそうです。少し値段は張りますが、ライブサンドを入れるのと入れないのでは、水槽の立ち上がり時間が全然違います。

初めて水槽を立ち上げる際や初心者の方は、できればライブサンドを購入して設置することをオススメします。

 

 

底砂の粒の大きさ


粒は幾つかの大きさに分けて売られています。

基本的にはお好みで選んでいただいて問題ないと思いますが、非常に綺麗に見えるのは細かい砂の方だと思います。

また今後底砂を掃除してくれるギンポ系やハゼ系を飼育する予定があるのであれば、その場合も大きい粒ではなく細かい粒をオススメします。ハゼは砂ごとコケを食べて砂だけ排出しますので、粒が大きいとその作業ができないからです。

 

 

メーカーによる底砂の違い

違いはほとんどないと思っていただいて結構です。

もちろん細かいことを言えば産地による含まれる成分の違いや、色合いの違いなどはあると思いますが、底砂としての効果はほとんどないと思います。

オススメは『レッドシー オーシャンホワイト』という底砂です。ライブサンドの中でも飛び抜けて美しく光り輝く性質を持っています。この砂にLED照明を照射すると驚くほど美しい輝きを放ちます。

 

 

おわりに

さてさて今回は底砂についてご紹介しました!

何を選んでいいかわからない、という方はライブサンドの購入をオススメします。

繰り返しになりますが、ライブサンドを入れるのと入れないのでは、水槽の立ち上がり時間が全然違いますし、初期のころ発生しがちな有害物質も蓄積しにくくなりますので、はじめはライブサンドを少し厚めに敷くのが良いでしょう。是非参考にしてみてください!









関連記事

  1. 水槽の選び方!海水魚飼育にオススメの大きさや種類について!

  2. コケは抑制できる?コケ発生の理由とその対策方法は!

  3. 海水魚やサンゴを綺麗に撮影!コーラルレンズの効果を検証!

  4. 硝酸塩測定!測定方法と結果について!

  5. 【海水魚】物理ろ過と生物ろ過の違いは?オススメのフィルターの種類や特徴…

  6. リフジウム水槽ってなに?プランクトンが大切?効果とオススメの海藻は!

  7. 海水魚サンゴ飼育に必須!?プロテインスキマーの効果!

  8. 照明の面白さ!LEDを複数使用して海の美しさを表現しよう!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!