海水魚飼育に必須!クーラーの種類と選び方!冷却ファンは効果あり?





どうもヤスです!

今回は夏場の海水魚飼育に必要なクーラーのご紹介をしたいと思います!

夏場はクーラーがないとビックリするくらい海水の温度が上がります。私はリビングに水槽を設置しているのですが、夏場は30℃近くまで温度が上がったことがありました。

30℃近くまで水温が上がると、魚もかなりぐったりしてしまいます。体力が衰弱してしまい病気の原因にもなりますので、ヒーターと同じくらい大切な器具です。

今回はそんなクーラーの種類や選び方についてお話をしたいと思います。



 

クーラーの役割

明解単純、海水を冷却するための器具です!

機能としては単純な器具ですが、温度変化は魚に対してだけ影響があるわけではありません

海水の温度が上昇すると、魚だけでなくそれ以外の生物にも影響を与えます。温度上昇で1番厄介なのはコケの繁殖です。温度が高くなると緑コケや茶コケなどの繁殖が活発になってしまい、1日だけで底砂一面茶色だらけになってしまうこともあります。

機能としてはひとつでも、その与える影響は複数あるため非常に大切な器具なんですね。

 

クーラーの選び方

クーラーはアクアリウム用品を作っている各会社から出ています。

どういう種類があり、どれを購入すればいいのかをわかりやすくお話したいと思います。まずは下の表を見てください。

商品名 メーカー 冷却水量 ワット数 電気代/月 価格
TEGARU ゼンスイ 65L 75W 450円 23,000円
ZC-100α ゼンスイ 100L 95W 570円 58,000円
ZC-200α ゼンスイ 200L 187W 1,122円 86,000円
ZR-75E ゼンスイ 300L 200W 1,200円 66,000円
ZR-130E ゼンスイ 500L 320W 1,920円 89,000円
クールタワー CR-1 テトラ 20L 70W 420円 15,000円
クールタワー CR-2 テトラ 40L 140W 700円 20,000円
クールタワー CR-3 テトラ 60L 245W 1,360円 28,000円
クールパワーボックス CPX-75  テトラ 200L 150W 800円 50,000円

 

メーカーはテトラかゼンスイの2択でいいかと思います。あとはお持ちの水槽の水量ごとに購入する商品が変わってきます。

ここで値段を見ていただくとお分かりかと思いますが、ヒーターに比べると10倍くらいの価格になっていますよね。非常に高価な器具ですので、なかなか手の出ない方もいるかもしれません。もしクーラーの購入が難しければ、後ほど紹介する冷却ファンでも構いませんので、設置してあげてください。

クーラー購入の際に大切なことは、お金をケチらないことです。

実はクーラーは対応可能水量ギリギリの水槽をしっかりと冷却することはできません。そのためもしご購入をされるようであれば、1個上のランクのクーラーを購入することをオススメします。

 

クーラーの種類

クーラーには3種類あります。ペルチェ式冷却装置、コンプレッサー冷却装置、ファン冷却装置の3種類です。それぞれの特徴について見ていきましょう!

 

コンプレッサー式冷却装置


箱型のずっしりした形をしたものが多いです。

メリット電気代が安く効果が非常に高いものが多いです。いわゆるアクアリウム用クーラーといえばこのコンプレッサー式のクーラーを指します。冷却力が非常に強く、夏場の高温になりがちなときでも常に設定温度に維持することのできる優れものです。

デメリットは本体が大きいため場所をとり、構造上冷却音がかなり気になので、設置する場所を選びます。基本的にはオーバーフロー水槽の下のキャビネットに入れることをオススメします。

冷却力 ★★★★★
電気代 ★★★☆☆
騒音 ★★★★★
コンパクトさ ★☆☆☆☆
入手しやすさ ★☆☆☆☆
蒸発量 ★☆☆☆☆

 

ペルチェ式冷却装置



メリット
はコンプレッサー式に比べるとスリムなものが多く、コンパクトでクーラーの中では安価なものが多いです。また消音効果も高く、比較的静かで寝室などにも設置可能です。

デメリットは構造上ファンでの冷却なので、冷却にムラが生じることがあります。またペルチェ式に比べると月の電気代が高く、水量的に小型水槽にしか対応ができません

冷却力 ★★★★☆
電気代 ★★★★★
騒音 ★★★☆☆
コンパクトさ ★★★☆☆
入手しやすさ ★★★☆☆
蒸発量 ★☆☆☆☆

 

ファン冷却装置

 

名前の通り、扇風機のように風を送って物理的に冷却するものです。

メリットは上記2種に比べると電気代も本体代も非常に安いです。またクリップ式のため、水槽の枠に設置するだけなので、場所を取りません

デメリットは海水の蒸発量が非常に多いことです。海水が蒸発してしまうと水槽内の比重が高くなってしまうため、頻繁に水足しをしなければいけません。

冷却力 ★★☆☆☆
電気代 ★☆☆☆☆
騒音 ★★★☆☆
コンパクトさ ★★★★★
入手しやすさ ★★★★★
蒸発量 ★★★★★

 

 

おわりに

さてさて今回は夏場に必須なクーラーについてお話ししました!いかがでしょうか!

私もつい最近導入したばかりですが、水温に対する安心感が半端ではありません。クーラーとヒーターを両方とも設置することで、海水魚を長く飼育することができますので、できれば早めに設置してあげることをオススメします。










関連記事

  1. 照明の面白さ!LEDを複数使用して海の美しさを表現しよう!

  2. 【白点病】殺菌灯と殺菌筒を使い分けろ!オススメの商品と効果の違いは?【…

  3. 底面に敷く砂の意味は?底砂の役割と種類やオススメの商品について!

  4. コケは抑制できる?コケ発生の理由とその対策方法は!

  5. 海水魚専門の自動給餌器をセットして実際に使ってみた

  6. 海水魚の餌付けには生餌が一番の方法!?オススメの冷凍エサとその種類は!…

  7. 【殺菌灯】製品人気ランキング2019!オススメの商品TOP5!

  8. 【エサ】製品人気ランキング2019!オススメの商品TOP5!

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!