シリキルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は前回の記事で紹介したランキングでもランクインしたシリキルリスズメダイについてお話をしたいと思います!

前回ご紹介したルリスズメダイと何が違うんでしょうか。・・・あれ?シリキ、ルリスズメダイ?シッポが黄色いルリスズメダイ???(笑)

名前の由来はシッポが黄色いルリスズメダイだからシリキルリスズメダイだそうです!相変わらず名付けが適当すぎる!!!(笑)



 

シリキルリスズメダイの購入

シリキルリスズメダイはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

シリキルリスズメダイについては購入はネット、ショップどちらでもいいと思います。シリキルリスズメダイは海水魚の中でもかなり丈夫な種で、輸送中に弱ることはありません。

ただし、後ほどお話ししますが、複数で飼育することはあまりオススメしませんので、送料のことも考えると、ショップでの購入の方がいいかなと思います。

 

シリキルリスズメの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  450円
 ショップ購入   550円

安いからかあんまり差がないですね。

先ほどお話をした通り、シリキルリスズメは複数飼育に向いていない種のため、1匹または2匹での購入をオススメします。ネット購入をする場合は送料が1,000円以上かかることもありますので、金額も含めて購入する際何を重視するかを考えてから購入されることをオススメします!

 

水温・水質

最も好む温度は25℃です。

とても丈夫な種なので、夏場や冬場の温度変化程度ではびくともしません。環境変化に丈夫だと言われているスズメダイの中でも丈夫な種ですので、環境変化で死んでしまうことはあまり考えられません。

友人の話ですが、比重がメーターを振り切るほどの塩分濃度になっていても特に病気になることもなく泳いでいたそうです(そもそもそんな状態まで放置するなと思いますが)。

ただし環境が悪化すると泳ぎが緩やかになり、じっと動かなくなります。体調にも影響が出てきてしまうと思いますので、必ず水槽環境は正常に保つようにしてください。


水槽の大きさ

30cm規格で十分飼育が可能です。

体長は成魚でもあまり大きくなりませんので、30cm水槽でも十分飼育が可能です。ただし他の海水魚を混泳させる場合は注意が必要です。

かなり性格がきついですので、水槽が小さいと他の海水魚がいじめられてしまう可能性があります。他の海水魚と混泳する場合は60cm以上の水槽で飼育することをオススメします。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

性格はかなりキツいと言われているスズメダイの中でもダントツだと言われています。幼魚の頃は群れで泳いでいますが、成魚になると縄張り意識がかなり強くなり、性格の弱いものや体の小さいものを虐め抜きます。

もし混泳させる場合は、ヤッコ類やハギ類など身体の大きな海水魚を選ぶようにしましょう。もし大人しい海水魚と飼育したい場合は、先に大人しい海水魚を水槽に入れて、ある程度水槽に慣れたときに後からシリキルリスズメダイを入れると比較的共生してくれることが多いです。

同種混泳

同種混泳も基本的にはNGです。

成魚になって縄張り意識が出てくると、ひたすら喧嘩を繰り返し、弱いものを殺してしまうこともよくあります。飼育する場合は必ず単独またはペアまででおさめるようにしましょう。

どうしても複数購入する場合は90cm以上の水槽を用意し、ライブロックなどをしっかり組み立てて隠れられる場所を作ってあげるようにしましょう。

サンゴとの飼育

問題ありません

サンゴに対して食害を及ぼすことはありません。

ただし激しく泳ぎ回る種のため、その遊泳にストレスを受けてしまうサンゴもいますので、注意が必要です。遊泳による水流発生を好むのはSPS系のサンゴに多いため、SPSと飼育する方は多いようです。

 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます。

正直、食べれる物であればなんでも食べている気がします。餌付けも非常に簡単ですので、わざわざ好みのエサを新しく購入しなくても今お持ちのエサで十分食べてくれると思います。もし心配なのであればメガバイトレッドという商品の購入をオススメします。

 

病気

病気には非常に強い種です。

私はこの魚が病気になっているところを見たことがありません。注意するとすれば、シリキルリスズメダイを購入して水槽に入れる時だと思います。環境が変わりすぎると体調が悪くなってしまい、それが原因で病気になる可能性もあります。

基本的に病気かかることはないので心配する必要はありませんが、水槽に入れてから1週間は念のため様子を見てあげましょう。


まとめ

最後にシリキルリスズメについてまとめたいと思います!

値段  450円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★☆☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は非常に飼いやすいシリキルリスズメについて紹介しました!

シリキルリスズメは初めて海水魚を飼育する方にはとてもオススメの魚です。ただもし今後別の海水魚と混泳させるのであれば、飼育数は1匹または2匹にしてください。水槽の大きさにもよりますが、喧嘩をしてしまう可能性が高いですのでお気をつけて!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  2. ヘラルドヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. リュウキュウスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. フレームエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. フウライチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ピーチクリーナーラスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ホワイトソックスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. キイロハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!