海水魚サンゴ飼育に必須!?プロテインスキマーの効果!





どうもヤスです!

今回は海水魚飼育を始めたばかりの方にはあまり聞きなれないかと思いますが、プロテインスキマーという製品についてお話をしたいと思います。

プロテインスキマーの機能はその名前の通り『タンパク質(プロテイン)を取り除く(スキーム)』 効果があります。

これが海水魚飼育にどんな効果をもたらしてくれるのか、早速ご紹介したいと思います!



 

プロテインスキマーの役割

水中にあるタンパク質を取り除くのがプロテインスキマーの主な役割です。

そもそもなんでタンパク質って取り除かないといけないの?というと『タンパク質は海水を汚染する汚れの源』だからなんです。

普段タンパク質は生物ろ過でバクテリアが分解します。タンパク質からアンモニアに、アンモニアから亜硝酸に、そして最終的に亜硝酸からほぼ無害な硝酸塩に分解されるといった流れになります。

バクテリアの役割についてはこちらをご覧ください。

 

ではそもそもなぜタンパク質が生まれるかというと、魚のフンや残りエサが主な原因なわけですが、生き物を飼っている限りこれはどうしようもありません。

しかし海水魚を飼うためには海水を常にキレイな状態に保つ必要があります。普段はバクテリアの力を借りて無害な硝酸塩まで分解してもらっているのですが、バクテリアの力にも当然限界があり、あまりにも汚れが多いと汚れを分解しきません

分解しきれなかったアンモニアなどの有害物質は、水槽内に蓄積していきます。この状態を何とかすべく様々考えた結果「そもそも汚れの原因になるタンパク質を取り除く」という結論に至ったんですね。

その手法は非常に有効で、汚れの原因になるタンパク質を直接取り除く事で、海水を有害物質を減らすことに成功しました。そしてそのタンパク質を取り除く装置というのが今回ご紹介をするプロテインスキマーという器具なんですね。

 

 

プロテインスキマーの構造

先程の話で、なぜプロテインスキマーが海水魚飼育に有効なのかご理解頂けたと思います!続いてはプロテインスキマーがタンパク質を取り除く仕組みについてお話をしたいと思います!

プロテインスキマーには『エアーリフト式』と『ベンチュリー式』の2種類がありますので、それぞれ分けて説明したいと思います。

 

エアーリフト式

 

ウッドストーンと呼ばれる特殊な木片を使用したプロテインスキマーです。

ポンプなどから空気をウッドストーンに送り込むことによって小さな気泡を大量に発生させることができます。その小さな気泡は界面活性力という性質を持ち、気泡の周囲にタンパク質を吸着させることができます。そしてその泡ごと排出することでタンパク質を取り除く仕組みになっています。

メリットとしてはモーター式と比べて比較的安価で手に入れることができ、掃除も簡単にできるところです。静音性にも非常に優れているので音が気になりません!

デメリットとしてはベンチュリー式に比べて目詰まりが起こりやすく、頻繁にメンテナンスをしなければなりません。木片も2~3ヶ月に一回は交換する必要があります。

 

ベンチュリー式

 

モーターを使用し陰圧を生じさせることによって細かい気泡を発生させてタンパク質を取り除きます。

大型のものが多く、サンゴやイソギンチャクを飼育する時には必須の道具になります。エアーリフト式に比べてタンパク質除去能力が圧倒的に高いため、サンゴをメインで飼育する方は必ず使用されています。

内部式のものが多いため、設置するためにはオーバーフロー水槽が必要になる場合が多いです。

メリットとしては耐久性に優れ、エアーリフト式に比べて効果が非常に高いことです。

デメリットとしては本体が高価で掃除が大変であり、音が気になることが多いようです。また設置する場所を選ぶため、場所に余裕がないと設置することができません。

では最後に2種類のプロテインスキマーの特徴をまとめたいと思います。

  エアーリフト式 モーター式
 入手しやすさ(価格)  ★★★☆☆ ★☆☆☆☆
掃除 ★★★★☆ ★★☆☆☆
静音性 ★★★★★ ★★★☆☆
耐久性 ★★★☆☆ ★★★★★
吸着効果 ★★★☆☆ ★★★★★



プロテインスキマーの欠点

非常に有効に見えるプロテインスキマーですが、実は欠点もあるのです。

それは魚にとって必要な要素でもあるカルシウムなどの栄養分元素がタンパク質などと一緒に取り除かれてしまうんです。

そのため、もしプロテインスキマーを利用するならばアクアリウムショップで売っている必要元素の購入をオススメします。添加するときはプロテインスキマーは一旦停止し、使用するようにしてくださいね。

 

 

サンゴ飼育に必須!?

結論から言いますと、基本的には必須です。

表題にもありますが『なぜサンゴ飼育にプロテインスキマーが必須なのか』というとサンゴが海水の汚れや環境変化に非常に敏感で影響を受けやすいためなのです。魚よりもアンモニアなどに弱く、これらが少しでも存在してるとサンゴ飼育はできません。そのためプロテインスキマーを導入し、水槽環境をより清潔に保つ必要があるのです。

サンゴ自体は海水をほとんど汚しませんのでサンゴを飼育するのであればサンゴだけか、魚を入れるのであればプロテインスキマーを導入し、数も数匹に抑える必要があります。

サンゴ飼育をする際にプロテインスキマーを使用する場合は『ナチュラルシステム』というプロテインスキマーを使用した飼育環境がオススメです。

ナチュラルシステムについてはこちらをご覧ください。

 

 

エアレーションとしても有効!?

さてご紹介をしてきたプロテインスキマーですが、実はエアレーションとしても非常に有効な手段のひとつなんです。

エアレーションとは海水中に酸素を送り込む作業の事で、魚を元気に飼育することはもちろんのこと、バクテリアの機能活性化にも非常に有効です。

バクテリアが活性化すれば、海水の汚れも発生しにくくなりますし、スキマーで発生した汚れは取れますので、プロテインスキマーを設置するだけで一石二鳥なんですね!

エアレーションについてはこちらをご覧ください!

 

 

おわりに

さてさて今回は意外と知られていないけど重要な装置、プロテインスキマーについてお話ししました!いかがでしょうか!

私のオススメはエアーリフト式のマメスキマーという商品です。非常に手入れが簡単で、部品も個々に購入ができるので、紛失してしまった場合でも全部を買いなおす必要がありません。

見た目も非常にスタイリッシュで水槽内のデザインに影響を与えません。もし今回の記事でプロテインスキマーに興味を持っていただけたのでしたらマメスキマーの購入をオススメします。

プロテインスキマーのオススメ商品の購入はこちらをご覧ください!
 

チャーム本店










関連記事

  1. 【海水魚】物理ろ過と生物ろ過の違いは?オススメのフィルターの種類や特徴…

  2. pH測定!Red Seaテストキットを使った結果と感想!

  3. オーバーフロー水槽の選び方!種類やオススメの製品を紹介!

  4. コケは抑制できる?コケ発生の理由とその対策方法は!

  5. 海水魚用の照明の選び方は?LEDやメタハラの種類や違いについて!

  6. オススメの製品は?海水魚用ヒーターの必要性と選び方について!

  7. 餌の種類や好みの違いは?海水魚飼育にオススメのエサ!

  8. 海水魚飼育に必須!クーラーの種類と選び方!冷却ファンは効果あり?

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…