ハタタテハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は海水魚の中でも人気の高いハタタテハゼについてお話をしたいと思います!名前の由来は見た目そのままで『ツノを旗のようにたてているから』だそうです!相変わらずテキトーだなぁ(笑)

見た目が非常にかわいらしく、特に女性に人気の高い海水魚だそうですよ。

現にうちの嫁もこの魚だけはカワイイとえらいお気に入りでした。さてそんな女性人気のあるハタタテハゼについてみていきましょう!



 

ハタタテハゼの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ハタタテハゼの場合、比較的丈夫なのでネット購入でも問題ないと思いますが、冬場や夏場の温度変化の激しい時期での購入は注意しましょう。

また非常に臆病な性格なため、輸送中にストレスを感じてしまうことはあるかもしれません。心配な方はアクアリウムショップで購入をすれば好きな子を選べる利点もありますので、一度ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ハタタテハゼの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  400円
 ショップ購入   800円

2倍くらいの価格差があります。

一応調べた結果ですが、もしこれだけ差があるのであれば、私はネット購入一択です。あまり見た目に差が出ない種ですし、丈夫ですのでネット購入でも十分満足のいく個体が買えると思います。

またハタタテハゼは複数飼育する方が非常に多いため、複数同時購入するようであればネット購入の方が安価で済むと思います。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

ハタタテハゼは正直、環境変化にはあまり強くありません。少しでも温度上昇、下降が起きてしまうと、エサを食べなくなったりしてしまいます。夏場の暑さ、冬場の寒さには十分気を付けて、対策を怠らないようにしてください。


水槽の大きさ

30cm水槽でも十分飼育可能です。

あまり激しく泳ぐ種ではありませんので、さほど水槽の広さには制限されず飼育することが可能です。ただし群れで飼育する場合は30cm水槽では小さいかと思いますので、できれば45cm水槽以上のものでの飼育をオススメします。

他の海水魚と混泳する場合やスズメダイ系の性格のキツい海水魚と混泳させるのであれば60cm水槽を用意した方がいいでしょう。

 

混泳

同種混泳

注意が必要です

幼魚のころは群れで行動することがほとんどですが、成熟すると縄張り意識が強くなります。

もしハタタテハゼを飼育する場合は1匹またはペアで入れるようにしてください。ただし水槽が広ければその限りではありませんので一概には言えませんが、2匹までなら間違いなく安定するでしょう。

他種混泳

注意が必要です

先程もお話をした通り、ハタタテハゼは非常に臆病な性格をしています。

スズメダイなどの性格がキツい種と入れてしまうと追いかけまわされますし、ほとんど岩陰から出てこなくなってしまいます。もし混泳をするのであれば性格のおとなしい種を選んであげてください。

ナンヨウハギやキイロハギなどのハギ系やヤッコ系とは基本的に問題なく混泳できますので、混泳するのであればこういった種がオススメです。

 

サンゴとの混泳

ハタタテハゼは魚よりもサンゴとの混泳に非常に向いている種だと私は思います。

サンゴに食害を及ぼすこともなく、激しく泳ぐこともありませんので遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。サンゴとの混泳に非常に向いている種と言えるでしょう。

ただしSPSなどの水質にうるさいサンゴと飼育する場合は注意が必要です。水槽の大きさにもよりますが、複数飼育してしまうと海水を汚す原因になりますので気をつけましょう。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

餌付けはあまり難しくないと思いますが、他の魚と混泳をしている場合、おびえて食べに来ないこともあります。1か所に集中してエサを入れるのではなく、ばらして入れるか、または時間差をつけて入れるのが良いでしょう。

ハタタテハゼが弱ってしまう理由としてはエサを食べないことによる衰弱が一番の理由ですので、購入時にエサを食べている個体を選ぶと安心でしょう。

 

病気

病気には比較的強い種です。

病気にはあまりかからないと思いますが、環境変化に弱いので体長を崩してしまい、エサを食べなくなってしまったりすることはよくある気がします。

病気はもちろんですが、飼育環境が崩れないように十分気を付けてあげてください。


まとめ

最後にハタタテハゼについてまとめたいと思います!

値段  400円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメなハタタテハゼについてお話ししました!

いかがでしたでしょうか!ハタタテハゼは混泳に気をつければ飼いやすい種だと思います!見た目もかわいらしいですし病気にもかかりにくいので、是非一度飼育してみてはいかがでしょうか!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. エビの飼育方法!病気や餌は?シュリンプの種類と特徴について!

  2. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  3. シマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ポッターズピグミーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  5. リュウキュウスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ミズタマハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ゴマハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…