ヒフキアイゴの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は黄色の身体と白黒の顔が特徴的なヒフキアイゴについてお話をしたいと思います!

ヒフキアイゴの名前の由来は突き出した口が「ひょっとこ」のようで、火を噴いているように見えるからだそうです。そのまんまなんですね(笑)

さてそんな海水魚ランキングにもランクインしましたヒフキアイゴについてお話をしたいと思います!




 

ヒフキアイゴの購入

ヒフキアイゴはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ヒフキアイゴは丈夫な種のため輸送中に弱ることはほとんどありませんので、ネット、ショップどちらで購入してもいいと思います。

ただし個体によって黄色が強く発色している子もいれば、薄い黄色の子もいますので、もし見た目にこだわるのであればショップでの購入をオススメします。

 

ヒフキアイゴの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  990円
 ショップ購入   1,400円

やっぱりネット購入の方が安いですね。

先ほどお話をした通り、ヒフキアイゴはどちらで購入してもいいと思いますが、見た目にこだわる方はショップ購入がいいでしょう。

選ぶ際のポイントは、人工エサをすでに餌付けをした状態で販売している個体かどうかということです。ヒフキアイゴは比較的すぐに餌付いてくれますが、飼育環境でストレスがかかってしまうとなかなか食べてくれないということもありますので、できれば餌付け済の個体が望ましいでしょう。

 

水温・水質

最も好む温度は25℃です。

とても丈夫な種ではありますが、経験上水温や水質などの環境変化には少し弱い気がします。水温や水質が変化すると泳ぎが鈍くなり、ライブロックのそばで動かなくなることもあります。当然エサも食べなくなってしまうので環境変化には注意が必要です。

丈夫とはいえ、環境が悪化してしまうと当然病気にもかかってしまいますし、弱る原因になってしまいます。飼育環境にはしっかりと気を配り、飼育するようにしましょう。


水槽の大きさ

推奨サイズは60cm規格以上のものだと思います。

ヒフキアイゴはアクアリウムショップなどで見て頂くとお分かりになるかと思うのですが、とてもよく動き回る種なんです。うちのヒフキアイゴはまだ他の魚が寝ている早朝から水槽内をいったりきたりしています。

できれば大きめの水槽を購入してあげたほうがストレスが溜まらず良いと思いますが、もし設置する場所に余裕がなければ45cm水槽であればギリギリ飼育も可能かと思います。45cm以上の水槽であれば小型のヒフキアイゴを購入することをオススメします。

 

混泳

他種混泳

非常に混泳には向いています

性格は温和なため他の魚を追いかけることもしないですし、身体が大きいので追いかけられることもありません。

たまにヤッコなどの性格のキツい種から攻撃を受けることもありますが、性格的に鈍感なため自分がいじめられていることに気づかないこともあります。

ただしあんまり大型の魚と一緒にしてしまうとスペースがとられてしまい、好きなように泳げないのでストレスがたまってしまいエサを食べなくなることもあるので、飼育する数と水槽の大きさには注意しましょう。

同種混泳

ヒフキアイゴ同士の混泳は避けましょう

自然界ではペアで行動したりすることもありますが、水槽内では喧嘩をしてしまうことが多いです。飼育するのであれば必ず単独飼育をするようにしましょう。

大型の水槽では複数飼育している方もいますが、60cm以下の水槽であれば基本的に単独飼育をオススメします。

サンゴとの混泳

食害を及ぼすことはありません

ただしよく動き回る種のため、その激しい遊泳にストレスを感じてしまうサンゴもいますので、注意が必要です。また身体も大きいので海水を汚すスピードも早いので、水質変化に比較的丈夫なソフトコーラルとの混泳がいいでしょう。

注意すべきは驚いた時にはねるように水槽内を泳ぎまわることです。その勢いでサンゴに当たってしまうとサンゴがダメージを負ってしまい死んでしまうこともありますので水槽内には十分なスペースを確保するようにしましょう。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

非常に餌付けしやすく、うちのヒフキアイゴは人工エサをより好んで食べております。ヒフキアイゴは植物食性のため、メガバイトグリーンや海藻70などの植物食性用のエサであれば非常に食いつきは良いです。

 

病気

病気には非常に強い種だと思います。特に白点病には強く、ほとんどかかりません。

ただしどんな魚でも環境が悪化すれば病気にかかりやすくなってしまいますので、繰り返しにはなりますが、水温や比重などの飼育環境には注意してあげてください。


まとめ

最後にヒフキアイゴについてまとめたいと思います!

値段  990円~
水温  25℃
水槽  45cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は比較的飼いやすい中型海水魚のヒフキアイゴのご紹介をしました!

最後に飼育する上での注意点をお伝えしておきましょう。

実はヒフキアイゴの背びれにはなんと非常に強い毒があるのです。間違えて背びれの毒が体内に入ってしまうと激痛が走ります!水替えの際やヒフキアイゴを水槽に入れるときなどは十分注意を払ってください。
 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. タテジマキンチャクダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ヤマブキスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ヘラルドヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ローランドダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. バートレットアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ホワイトソックスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ニセモチノウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. シマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!