ルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はマリンアクアリウムはじめたての方にもオススメできるルリスズメダイについてお話したいと思います!

その真っ青な見た目から、別名『コバルトスズメ』と呼ばれています。非常に綺麗な青色をしており、海水魚の中でもトップクラスで綺麗な青色をしていると言われています。

私もルリスズメダイを飼育していますが、一度も病気になることもなく元気に泳いでいます。購入当初は5cmくらいでしたが、今やもう10cm近い大きさにまで成長しています。

海水魚ランキングにもランクインした人気種であり、初心者の方でも飼育できるくらい丈夫な種ですので、非常にオススメな海水魚です!



 

ルリスズメダイの購入

ルリスズメダイはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

私個人的にはルリスズメダイについてはネット購入の方をオススメしたいと思います。他の魚に比べて圧倒的に丈夫なため、輸送途中で弱って死んでしまう確率もかなり低いので、安心してネットでも購入できます。

ただし基本的に複数飼育は困難な種ですので、複数匹購入は避け、1匹またはペアで購入するようにしましょう。

 

ルリスズメダイの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  250円
 ショップ購入   600円

やはりネット購入の方が安いです。

ルリスズメダイ購入の場合、1番重要視するところは値段だと個人的に思っています。病気にも飼育環境にも非常に強い種ですので、購入する際に初期状態をあまり気をかける必要がありません。特徴的な模様があるわけではないので、見た目にこだわることもないと思います。

しかし個体によって細かい色艶は当然異なりますので、細かい見た目にこだわる方はショップ購入をオススメします。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

しかしルリスズメダイは飼育環境の変化にかなり強い種なので夏場は30℃近く、冬場は22℃くらいになっても体長を崩すことはほとんどありません

ただし耐えられるだけで快適というわけではありませんので、他の海水魚と同様、25℃前後をしっかり保てるように気を付けましょう。

水質変化にも非常に強く、亜硝酸塩などの有害物質が異常値になったとしても特に変化なく泳いでいるくらい耐性があります。


水槽の大きさ

幼魚のルリスズメダイであれば30cm水槽で充分飼育可能です。複数飼育しても良いでしょう。

ただし性格は海水魚の中でもトップクラスのキツさなので注意が必要です。成熟していくと縄張り意識がかなり強くなるため、身体の小さい個体や病気の個体を死ぬまで追いかけまわすことがあります。

将来的に他種との混泳を考えるのであれば、30cm水槽で飼育する場合は1匹または2匹程度におさめておくのが良いでしょう。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

身体の小さい種や臆病な性格の子にはガンガン追いかけまわします。特に成熟してある程度縄張りができてしまうと、大型種にさえ攻撃を仕掛けることがあります

特に10cmくらいまで成長した個体は非常に攻撃性が強いです。後から入ってきた大型種にも攻撃を仕掛ける怖いもの知らずな性格をしています。しかし大型に攻撃を仕掛けるのは最初だけで、途中から勝てないと思うのか追いかけるのをやめてまたいつもの生活に戻ります。

同種混泳

2匹以上の複数飼育はNGです。

繰り返しになりますがルリスズメダイは成長すると縄張り意識が強くなるため、喧嘩をしてしまいます。

もし複数飼育するのであれば2匹までにしておきましょう。それ以上の飼育は避けるのが無難です。2匹でも身体の小さい方は追いかけ回されてしまうことがありますので、水槽の大きさが45cm以下の場合は1匹だけの飼育にするようにしましょう。

サンゴとの混泳

全く問題ありません

SPSのサンゴと混泳させる方は非常に多いようです。ただしサンゴによっては、海水魚の激しい遊泳にストレスを受けてしまう種もいますので注意しましょう。

またライブロックと底砂の間を掘って住処を作る習性がありますので、ライブロックの組み方が甘いとライブロックが崩れてしまい活着しているサンゴがダメージを負ってしまうこともありますので、しっかりとライブロックが組まれているかを確認してみてください。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます。

非常に餌付けも簡単なため、水槽導入初期から人工エサをあげてもすぐに食べてくれるようになるでしょう。

オススメのエサはメガバイトレッドまたはマリンアクアリウムショップで販売しているオリジナルのエサがいいと思います。

 

病気

全くと言っていいほどかかりません。

私も長期間ルリスズメダイを飼育していますが、一度も病気にかかっているのを見たことがありません。また水質変化や水温変化がおきてもまったく動じることもなく、元気に泳いでいます。

病気についてはほとんど心配する必要はないですが、あまりにも飼育環境がひどいと急死してしまうこともありますので、飼育環境には十分注意しましょう!


 

まとめ

最後にルリスズメダイについてまとめたいと思います!

値段  250円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★☆☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメできるルリスズメダイについて紹介しました!

見た目は非常にキレイな青色ですので、たくさん水槽に入れたくなる気持ちもあるでしょうが、性格はその見た目に反して非常にキツいですので、複数飼育には充分注意をしましょう!!!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. アケボノチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. チェルブピグミーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. キンギョハナダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ニシキテッポウエビの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ブラックオセラリスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. チョウハンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ライムラスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. キイロハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…