フレームエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はヤッコの中でも特に人気のある種類のフレームエンゼルのご紹介をしたいと思います!

フレームエンゼルという名前の由来は『赤い体色が炎のようだから』だそうです。非常にカッコいい由来を持つ海水魚です!

フレームエンゼルはクシピポプス亜属に属するヤッコで、あまりサンゴには害を及ぼさないヤッコとして有名です。またこの真っ赤な体色がサンゴの美しさをより引き立てますので、サンゴ水槽でフレームエンゼルを飼育するのもオススメします。



 

フレームエンゼルの購入

フレームエンゼルはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます。

どちらで購入するかはフレームエンゼルに求める要素によって決めるといいかと思います。『とにかくフレームエンゼルを飼いたい!色にはこだわらないし安い個体で充分!!』という方にはネット購入をオススメします。

逆に『値段には糸目をつけないからとにかくキレイな個体が欲しい!』という方にはショップ購入をオススメします。

私の経験も含め、多くの方の報告をお聞きしているとネットで扱われている個体よりも、ショップに入荷される個体の方が非常にキレイな赤色をしていることが多いようです。

私の今飼っているフレームエンゼルもネット購入ですが、赤というよりかはオレンジに近い色をしています。色にこだわる方はショップで購入した方がいいでしょう。

 

フレームエンゼルの値段

フレームエンゼルのネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  4,700円
 ショップ購入   7,000円

やはりネット購入の方が値段が安いですね!

ネット購入に不安を覚えている方もいるかと思いますが、基本的に丈夫な種ですので輸送中に弱る心配はありません。うちのフレームエンゼルもネット購入ですが1年以上経っても何の問題もなく元気に泳いでいます!

先にもお伝えしましたが、どちらの購入方法を選ぶかはフレームエンゼルの何を重視するかで変わってきますので『安いからネットで買ったんだけどあんまりキレイじゃない・・・なんて失敗をしないように購入前にじっくり考えてから購入するようにしましょう。

色を重視するのであればクリスマス産のフレームエンゼルは人気でキレイな赤色をした個体が多いですのでオススメです!

 

 水温・水質

フレームエンゼルが最も好む温度は25℃です。他の海水魚と同様ですね。

ヤッコ類は環境の変化に弱いですので、あまりにも温度が上下してしまうと病気にかかりやすくなってしまいます。成長したフレームエンゼルは30℃近くの水温にも耐えることできますが、衰弱の原因になってしまいますので水温はできるだけ一定に保てるようにクーラーやヒーターを設置するようにしましょう。

水質悪化には弱い面がありますので、1週間に1回は水質チェックを行い、異常がないかどうかを確認してあげてください。


水槽の大きさ

フレームエンゼルは最大でも10cm前後ですので、30cm水槽でも飼育可能です。

ただしストレスを与えないようにするためには最低でも45cm水槽での飼育をオススメします。もし他の魚と混泳させるのであれば、喧嘩を避けるために60cm水槽での飼育が良いかと思います。特に臆病な海水魚を入れる場合は広めの水槽を用意してあげてください。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

比較的多くの海水魚と仲良くやりますが、フレームエンゼルは縄張り意識が強いため、水槽が小さいと縄張りに入ってきた海水魚には攻撃を仕掛けることがよくあります。

同じフレームエンゼルでも個体によって性格の強さに違いがあるため穏やかな個体もいれば非常に攻撃的な個体もいますので一概にはいえませんが、底砂付近に縄張りを持つ海水魚との混泳は注意した方がいいでしょう。

うちのフレームエンゼルは非常に攻撃性が強く、自分よりも身体の大きな海水魚にも攻撃を仕掛けることがあります。他種と混泳させる場合は必ずライブロックを設置し、他の海水魚が隠れられる場所を作ることが大切です。特にルリスズメダイやアレンズダムセルなどのライブロックの下に穴を掘って縄張りを作る海水魚との相性は良くないので、すでにルリスズメダイを飼育している方は注意してください。

その他のクマノミや身体の大きなハギであれば問題なく混泳することができます。

同種混泳

同種混泳は基本的にはNGです。

水槽内でのヤッコの複数飼育は必ず喧嘩をしてしまうため避けるようにしましょう。水槽がとても大きくライブロックによって棲み分けできるようになっていれば複数飼育できないこともありませんが、慣れている方でないとヤッコの混泳は難しいと思いますのでできれば避けるようにした方が無難です。

体の大小で小さいほうが確実にいじめられてしまいますので、60cm以下の水槽での混泳は避けましょう。

サンゴとの混泳

多くの種類と混泳させることができます

ただしサンゴの種類によっては食害を及ぼしてしまうことがあります。コハナガタサンゴやスコリミアなどのサンゴは突かれてしまうことがありますので注意が必要です。念のため隔離ケースを用意し、サンゴに害を及ぼすようなら速やかに隔離できるようにしましょう。

しかしサンゴが健康で元気に育っているのであればちょっかいを出されることも少ないですので、サンゴをしっかりと元気に育てることが大切です。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

フレームエンゼルは水槽への導入初期は餌付きにくいことがよくあります。なかなか餌付かない場合はブラインシュリンプなどの冷凍エサを人工エサに混ぜてあげると餌付きやすくなります。

もし1週間以上餌付かない状態が続く場合は隔離して人工エサに餌付かせてから水槽に離すようにしましょう。人工エサを与える場合はキョーリンから販売されているメガバイトレッドをオススメします!

 

病気

ヤッコ類は非常に病気にかかりやすいので注意が必要です。

フレームエンゼルもその例に漏れず、病気にかかることが良くあります。特に導入初期の白点病やトリコディナ病などの病気には要注意です。病気にならないようにするためにはストレスを与えず、海水をきれいに保つ必要があります。

水槽への導入初期には特に病気にかかりやすくなってしまいますので、最初の1週間はしっかり様子を見てあげるようにしましょう。


 

まとめ

最後にフレームエンゼルについてまとめたいと思います!

値段  4,500円~
水温  25℃
水槽  45cm
協調性  ★★★★☆
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★☆☆☆
飼育難易度  ★★★☆☆

 

おわりに

さてさて今回はヤッコの中で1番人気のフレームエンゼルについてお話ししました!

ちなみにフレームエンゼルには色によるランクがあって、下のランクのものはオレンジ色をした少し赤の色合いの弱いもの、上のランクのものはウルトラフレームと呼ばれる真っ赤な体表をした非常にきれいなものとなっています。中には突然変異体で黒のストライプすらない赤一色の個体もいます!

どれを購入するかは好みによりますが、やはり赤色が濃い個体の方が綺麗に見えますのでできるだけ濃い色の個体を選ぶようにしましょう。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. ペパーミントシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ヤエヤマギンポの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. シリキルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. フウライチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ルリヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ゴマハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. チャイロヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!