初心者必見!失敗しないろ材の順番!




どうもヤスです!

今回はフィルター内部のろ材を置く順番についてお話をしたいと思います!

フィルターとは海水魚飼育をする上で最も大切な役割を持っている道具のひとつです。フィルターは汚れた海水を綺麗にする役割を持ち、海水魚を元気に飼育するためにはなくてはならない道具です。

しかし初心者の方の多くは『フィルターとろ材を買ったのはいいけど、どうやって中身を入れればいいの?』という方がほとんどだと思います。私も昔は全くわからずとりあえず適当にろ材を詰めていたこともあります。

インターネットで調べても淡水魚用のろ材設置の記事はあっても海水魚用の記事はなかなか見当たらなかったので、何回もショップの店員さんに色々聞いて周りました。

今回は初心者の方に向けて、自分なりに考えた最もベーシックなろ材の入れ方をご紹介したいと思います。

 

 

ろ材とは

ろ材とは汚れた海水をきれいな海水にするスグレモノです。

ろ材には主に3種類あり、それぞれに海水魚に有害な物質を分解・除去する能力があります。詳しいろ材の種類と機能についてはこちらをご覧ください。

 

さてそんな大切なろ材ですが、なんでもやたらめったら置けばいいというわけではありません!

部屋を掃除するときもそうですが、まずは散らかっている大きなゴミを捨ててから、ほこりなどの小さなごみを掃除機で吸いますよね。

海水の掃除も一緒で、『はじめに大きな汚れを取り、その次に小さな汚れを取る』という順番で行わなければ効率よくろ過がまわりません。

いくら有能なろ材を詰めてもろ材の入れ方を間違えるとスムーズにろ過をすることができないため、それぞれのろ材の役割を最大限活かせるように、効率のいい入れ方をしなければなりません

 

 

上部フィルター

さてまずは上部フィルターを使用する場合の効率のいいろ材の設置方法についてお話をします。まずは下の絵を見てください。

上部フィルターの場合、左の矢印からポンプで水を吸い上げて上から海水をフィルター内に落とし込み、ろ過した海水を水槽に戻す方法が主流です。

なので構造上『上で大きい汚れをとり、下で小さい汚れを取り除いていくようにしないといけませんよね!

大きな汚れを取り除くためにまずは『ウールマット(粗目マット)』、次に海水の黄ばみをとる『活性炭マット』、最後に小さな汚れを取る『生物ろ材』を置くのが一番効率が良いでしょう。

活性炭マットは正直必須ではなく、のちのち生物ろ材で代用がききますので、活性炭マットを設置する代わりに少しでも多く生物ろ材を入れることをオススメします!

上部フィルターはろ過不足に陥りがちですので、より安定したバクテリアを水槽内に提供するできるように生物ろ材を増やすことが先決だと思います。

 

 

外掛け式フィルター

次に小さい水槽向けの外掛け式フィルターに入れるろ材の順番についてお話します。

正直、外掛けフィルターには付属のウールマットフィルター以外入れるスペースはほとんどありません。なのでちょっとした隙間を利用して生物ろ材を入れて少しでもろ過能力をアップさせるようにしましょう。

上の絵は外掛けフィルターを上から見たものになります。わかりづらい図で申し訳ありません。。。

大きい矢印のところからポンプで海水を吸い上げて、左側のスペースに海水を流し込む仕組みになっています。

ただ見てもらうとわかる通り、上部フィルターのように大きい汚れから小さい汚れへ、という流れを完全に無視しています。そのため生物ろ材を入れているスペースにゴミや汚れが溜まりやすく、頻繁に掃除をしなければなりません。

当然商品によっては大きなスペースを設けている外掛け式フィルターもありますので一概には言えませんが、基本的に外掛け式フィルターでは大きな生物ろ過の効果は見込めないことが多いです。

そのため外掛け式フィルターを使う方の中にはウールマットを外して生物ろ材だけを入れる方もいます。現在外掛け式フィルターを使用中の方は水槽の状況に合わせて使い方を変えてみるのも良いかもしれません!

 

 

外部フィルター

ろ材の順番を調べる方のほとんどがこの外部フィルターを購入した方ではないでしょうか。

正直私も最初は全然わかりませんでした。いろいろ調べて自分で試しているうちにこれがベストだというものを見つけましたので紹介したいと思います!

まず間違えないで頂きたいのは海水の流れの方向です。

よく吸い込み口と放出口を間違えてセットしてしまう方がいますので、必ずそこを確認してからセットしてください!(上の図はエーハイム2213の場合)

外部フィルターの特徴は何といってもろ材がたくさん入るところが魅力です!しかし詰め込みすぎたり、ろ材の入れる順番を適当にしてしまうとすぐに詰まってしまいます。なのでろ材を入れすぎず効率良くろ過できるようにろ材を入れていきましょう!

ろ材の入れ方は基本的に上の絵の通りです。

下敷き(支柱のある土台のようなもの)を置いているのは、下までパンパンにろ材を詰めてしまうと、汚れが溜まったときに吸水力が落ち、ポンプ故障の原因になってしまうからです。

たくさんろ材を入れたい気持ちは山々でしょうが、必ず下敷きを入れてからろ材を設置するようにしましょう(エーハイム2213には本体に付属しています)。

活性炭マットは先ほどもお話をした通り必須ではありませんので、お好みで設置するようにしてください。私は基本的にほとんど設置しません。粗目マットも真ん中の粗めマットは取り除いてそこに生物ろ材を詰めるのも良いと思います。

ちなみに詰める生物ろ材は『パワーハウスシリーズ』がオススメです。安価な生物ろ材とは異なり表面上に細かい凹凸加工が施されているため、バクテリアが付着・増殖しやすい作りになっています。

エーハイムの場合は付属のろ材が付いているセットもありますが、付属の生物ろ材はリング上のろ材だけ使用してボール上のろ材は使わずパワーハウスと入れ替えて設置するのがオススメです。

 

 

オーバーフロー

フィルターではありませんが、これも置く順番がある程度ありますのでご紹介します!

オーバーフローは上部フィルターと同様上から海水を落としますので、まずは粗目マットとウールマットを置く事をオススメします!

その下のろ過槽には生物ろ材をたんまりと置いてください。もしスペースに余裕がある場合は有害な硝酸塩などを取り除く吸着材なども入れるとよいかと思います。


ざっくりとした絵で申し訳ありません。

オーバーフローの仕組みは上から海水を落として、ろ材の詰まった濾過槽を通過させたのち、ポンプでくみ上げるシンプルな構造になっています。

ただし今回ご紹介するオーバーフロー水槽の構造は最も簡易的な構造を模したものなので、オーバーフロー水槽の種類によっては構造が全く異なるものもありますのでご了承ください。

オーバーフロー水槽はろ材を入れるスペースが広いため、十分な量の生物ろ材を入れることができます

またここでのご紹介は割愛しますがサンゴ飼育をする際に必要になる『ナチュラルシステム』を導入する際にもこのろ材を入れるスペースは非常に重要になるため、オーバーフロー水槽はマリンアクアリウムをする上で幅広く使用することができます。

ナチュラルシステムについてはこちらをご覧ください。

 

 

バクテリアについて

最後に生物ろ過を行っているバクテリアについてお話をしたいと思います!

バクテリアは非常に小さい微生物で海水中の有害物質を分解する非常に重要な役割を持っています。

しかしバクテリアは有害物質を分解する際、大量の酸素を必要とします。また日が経過するにつれてバクテリアはどんどん数が増えていきますので、酸素の消費量も増えていくわけです。

つまりろ材が多ければ多いほど海水中の酸素の消費量は増大していくため、外部フィルターなどのろ材を多く使用するフィルターを使用する場合は必ずエアレーションを設置することをオススメします。

エアレーションとは夏祭りの金魚すくいでよく見るあのブクブクのことです。あれは水中の酸素量を増やすとても重要な役割があります。水中の酸素がしっかり確保されていれば魚も元気になりますしバクテリアの活動も活発になります。

外部フィルターを設置した際は酸素不足になりがちなので、外部フィルターを設置したときは合わせてエアレーションも是非設置することをオススメします!

エアレーション必要性と役割についてはこちらをご覧ください。

 

 

おわりに

さてさて今回はろ過を効率よく行うろ材の置き方についてお話しました!いかがでしたでしょうか!

今回ろ材の置き方についてオススメの方法をお伝えしましましたが、置き方に正解はありません。人それぞれやり方も違いますし、効果を実感する方法も違うと思います。なので今回紹介した方法は最低限失敗しない方法だとでも思って頂ければいいかと思います。

皆さんもアクアリウムに慣れてきたらオリジナルのセット方法が見つかると思いますよ!



関連記事

  1. 海水魚の餌付けには生餌が一番の方法!?オススメの冷凍エサとその種類は!…

  2. 海道河童とQQ1を徹底比較!外掛け式プロテインスキマーの効果とは!

  3. pH測定!Red Seaテストキットを使った結果と感想!

  4. オススメの製品は?海水魚用ヒーターの必要性と選び方について!

  5. 亜硝酸塩を減らすためには!セラ社テストキットを使った結果と感想!

  6. オススメの水流ポンプ4選!サンゴ飼育に最適なサーキュレーターは!?

  7. 【エサ】製品人気ランキング2017!オススメの商品TOP5!

  8. 水槽の選び方!海水魚飼育にオススメの大きさや種類について!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!