【海水魚】必要な道具や水換え量は?上手な水換えの方法!!





どうもヤスです!

今日は海水魚飼育する上で必要な作業のひとつ、水換えについてお話ししたいと思います!

水換えとは言葉そのままの意味で、水槽の海水を作りたての綺麗な海水と交換することです。聞くと簡単に感じますが、実際にやってみると慣れるまでは非常に時間がかかって難しい作業なんです。。。

今回は初心者の方でも簡単に水換えができるように、上手に水換えをする手順についてお話ししたいと思います!



 

必要用具の用意

まずは水換えをするために必要な道具を揃えましょう!

基本的には5点プラス温度計になります。ではその道具はどういうもので、何に使うのかをについてご紹介をしたいと思います。

 器具名   使用用途   詳細 
① 比重計 塩分濃度の測定 テトラ ハイドロメーター(比重計)
② スクレーパー 緑コケ掃除 スクレイパー
③ スポンジ 茶ゴケ掃除 水槽用品 水槽用 ビックリスポンジ
④ ホース 水汲み 水作 プロホース
⑤ バケツ 水入れ バケツ 10L

ではこれらの用具を使用して、どのように水換えをするかご紹介をしたいと思います。


比重計

比重計は簡単に言ってしまえば塩分濃度を測るために必要な道具です。

海水魚にとって快適に暮らせる海水の濃度は当然のことながら限られていますので、その最適な塩分濃度に合わせて水替えを行うようにしましょう。

海水魚飼育に最適な塩分濃度は1.020~1.023になります。比重計には最適濃度の部分に印が付いていますので、その印の部分に合うように調整して海水を作成しましょう。

 

スクレーパー

固いコケを落とすために必要な道具です。

主にガラス面にへばりついた緑コケを落とすために使用します。この緑ゴケをスポンジなどでこすって落とすのは至難の業です。しかしこのスクレーパーを使えばカッターで紙を切るかのように簡単に緑ゴケを落とすことができます。

私も使用していますし、アクアリウムショップの店員さんもオススメの道具ですのでぜひ試してみてください!

 

スポンジ

ただのスポンジではなく、コケを落とすために最適なスポンジになります。

主にガラス面についた茶コケを落とすのに使います。緑ゴケももちろん落とせなくはないのですが、きれいに落とそうとすると結構時間をかけてこすらないと取れませんので、柔らかい茶ゴケを落とすのに使用しましょう!

 

ホース&バケツ

なんの特徴もない普通のホースとバケツです。

専門ショップに行かなくてもホームセンターなどで手に入りますが、ホースについては専門ショップで取り扱っている商品の方が水換えには向いていると思いますので、もし興味があればそちらも確認してみてください!

 

 

水換えの手順

さて水換えの道具が揃ったところで、早速実践しましょう!人によって手順は異なりますが、今回は私のオススメの水換え方法を紹介したいと思います!

 

フィルターポンプの停止

まずは普段海水を綺麗にしてくれているフィルターに海水を運んでいるポンプの電源を切ってください

ポンプを止めないとフィルターにゴミやコケが入ってしまい、故障の原因になってしまいますのでしっかりと停止してから作業に取りかかりましょう!

 

コケ・残りエサの確認

水換えは汚れた海水を交換するための作業です!

そのため水槽の中に水を汚す原因があっては意味がありません。水換えをする前にコケがはえていないか、残りエサは落ちてないか、確認をしてみてください。もしコケがはえていればある程度で構いませんので、スクレーパーなどで落としてください。

残りエサがある場合は魚がそれを食べる終わるまで少し待つか、水換えをする時にホースで残りエサごと海水を吸い出すようにしてください。

 

海水の汲み出し

水槽をある程度綺麗にできたら、海水中にまっているコケや残りエサごと水槽の海水を吸い出しましょう!

1回の水換えで交換する海水の量は大体水槽の1/3程度で構いません。あまり多くやりすぎてもせっかく繁殖したバクテリアが少なくなってしまいますので、やりすぎにも気をつけましょう。

汲み出しには専用のホースとバケツを用意してください。うまくホースを使って水槽に浮いているゴミをできる限り沢山とってあげてください。

 

比重の測定

水槽の中の海水を汲み出した後は新しく水槽内に入れる海水を作りましょう。

ここで1番気をつけなければいけないのは人工海水の素と水の比重です!新しく入れる海水はもちろんですが、水槽内の海水の比重も測ってください。

今入っている海水の比重があまりにも基準値から離れていると新しい海水を入れた時に魚がびっくりして最悪ショック死してしまうこともあります。

もし今入っている海水の比重が高い場合は基準値まで比重を下げてあげてください。比重を下げるためにはカルキ抜きをした同水温の真水で調整してください。これもドバッと入れるのではなく、少しずつ入れてあげてください。

 

海水の作成①

比重を基準値まで合わせられたら新しい海水を作りましょう。基本的には使う水は水道水でも構いませんが、できればRO浄水が望ましいです。

ただ普通の家庭でRO浄水器することは専用の装置を使用する以外は不可能なので、スーパーなどで無料で手に入る浄水を使うのが良いでしょう。私も水換えの際は使用しています。

なぜRO浄水が理想かというと、簡単に言ってしまえばアクアリウムに害になるものが含まれていないからなんです。通常の水道水には茶ゴケの発生原因になる物質がたくさん含まれています。水道水で水換えをした時とRO浄水で水換えをした時で比べてみると2〜3日たった時の水槽の状態が全く違います。ぜひ浄水を使用して瑞香をしてあげてください。

 

海水の作成②

海水を作る時に使う水の温度を今入っている水温と合わせる必要がありま。冬場などは水道水はかなり冷たいと思いますので、特に気をつけてください。

温度を合わせたら次に海水の素を入れましょう。入れすぎると比重が振り切ってしまいますので、面倒でも少しずつ入れて測りながら基準値まで調整してください

 

海水の投入

海水ができたらいよいよ投入です!

これも勢いよく入れてしまうと魚が驚いてしまいますので気をつけてくださいね。

新しい海水をチビチビといれて魚を驚かせないようにしてください。基本的には汲み出した水量と同じくらい入れれば大丈夫ですが、フィルターによっては水を吸い込むことでその分水位が下がってしまうこともありますので、少し多めに入れてあげてください

 

フィルターポンプの作動

海水を入れ終わったら最後にフィルターポンプの電源を入れて完了です。

電源を切ったことを忘れる方が結構してずっとフィルターが停止したままにしてしまった!という話もよく聞きますので、最後まで気を抜かずにやり切りましょう。

 

水換え完了!!!

お疲れさまでした!

私は初めてこの作業をやった時3時間くらいかかりました。

はじめはなれないと思いますが、慣れてくればパパッと終わらせることができると思いますので、慣れるまで頑張ってみてください!

また、余談ですが水換え時にフィルターの掃除するも合わせてやることをオススメします

汚れは水槽だけではなくフィルターの中にもたくさんたまっています。せっかく水槽の中を綺麗にしてもフィルターを洗わないとフィルターにたまっている汚れがまた水槽に戻ってしまいます。面倒だとは思いますが、一気に洗ってあげたほうが魚も喜びますよ!

 

 

おわりに

さて今回は水換えの方法についてお話ししました!いかがだったでしょうか!

最後になりますが、水換えの質を上げる水換え方法をお伝えします!水換えをすると汚れもとれますが海水に含まれる魚の栄養となる物質も一緒に減ってしまいます。以下で紹介する商品はその不足してしまう栄養素を補ってくれる優れものです。

水換えは若干ながら海水魚にストレスを与えてしまうため、ストレスによる身体へのダメージを回復させるためにもしっかりと栄養を与えてあげましょう!

私はライブシーのコンビネーションシリーズを愛用しています。値段も安くコストパフォーマンスに優れています。

 










関連記事

  1. 水槽のコケ対策!オススメの貝の種類と飼育数について!

  2. 水槽が白く濁る理由はなに?海水が白濁する原因を徹底解説!

  3. コケ除去に最適な製品はなに?海水魚水槽向けのオススメ掃除用具5選!

  4. エビの脱皮?ホワイトソックスやスカンクシュリンプも脱皮するの?

  5. チョウチョウウオと相性のいい海水魚は?カクレクマノミやスズメダイとは相…

  6. 賃貸で水槽はOK?マンションやアパートで耐えられる重量は?60cm〜1…

  7. 海水が蒸発してしまった時の対処方法は?飼育水を補給するための正しい方法…

  8. ウミケムシは危険?ウミケムシが海水魚に及ぼす害は?

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…