初心者必見!海水魚を飼い始めるための初期費用!





どうもヤスです!

今回は『海水魚飼育を始めたいけど、初期費用ってどれくらいかかるの?』という方に向けて、水槽や器具など全部合わせておおよそどれくらいのお金が必要なのかご紹介したいと思います!

ざっくりいうと、買う水槽の大きさによって最初に必要な金額が大きく変わってきます。なので水槽の大きさごとに水槽環境を維持できるオススメ必要器具等も紹介しながらまとめていきたいと思います!



 

必須器具

まずはじめに水槽の大きさに関わらず値段の変わらない必要器具についてまとめたいと思います。

基本的にマリンアクアリウムを始める前に必ず必要になるものですので、下記にあげたものでなくても構いませんので、購入してください。

    器具の種類    オススメ商品名    金額  
人工海水の素 120L用 レッドシーソルト 2,000円
 比重計   ー  ディープシックス 1,350円
温度計 電子水温計 テトラデジタル水温計 800円
ライブロック 2kg 3,000円
バクテリア製剤 300ml バイオスコール 2,550円
エサ 人工エサ プロバイオティクス メガバイトレッド 1,280円
コケ掃除用具 スクレーパー フレックス スクレイパー 500円
バケツ × 2 10L前後 100円ショップ 200円
合計     11,680円

 

ライブロックはとりあえず2kgあれば十分です。

もちろんこれ以上購入していただいても問題ありませんが、海水魚の遊泳スペースが少なくなってしまっては本末転倒ですので注意しましょう!

バクテリア製剤とは水槽を立ち上げたバクテリアのいない最初の状態にバクテリアを即座に繁殖させるためのバクテリアの卵のようなものです。なくても問題ありませんが、導入した方が水質はより早く安定しますので使用することをオススメします。

 

30cm規格水槽

30cm水槽の場合は魚がたくさん飼育できないかわりに水槽用具は安いもので揃えることができます。必要器具は以下の通りです。

    器具の種類    オススメ商品    金額  
水槽 30cm ガラス水槽 1,000円
 フィルター   外掛け式フィルター  プロフィットフィルター X2 1,200円
ろ材 300ml パワーハウス ハードタイプ 890円
照明 クリップLED テトラ イージーエコライト  1,290円
ヒーター 100W前後 テトラ ミニヒーター100W 1,250円
底砂 2kg コーラルサンド 細目 360円
合計     5,990円

 

安いといってもこれだけかかってしまいます。さらに必要器具の値段もくわえると合計17,670円になります。これに購入する海水魚の金額が加わりますので、合計で20,000円は見ておいた方がいいでしょう。

基本的にはこれだけ揃えれば問題ありませんが、ここに書いてある器具よりも60cm以上の大きさの水槽で紹介する商品を購入しても問題ありません。むしろフィルターは確実にそちらの方が機能がいいものなので、水質をより安定させたい方はそちらもチェックしてみてください。

個別に買うのが面倒だ!という方は水槽セットもオススメです。個々で購入するよりも圧倒的に安価に揃えることができます。しかしあまり機能のいいものが入っていないこともありますので注意しましょう。

 

60cm規格水槽

ナンヨウハギなど中型海水魚を飼育するための最低限必要な大きさの水槽になります。

30cm水槽と規格が異なるのはフィルター、照明、ヒーターです。また底砂とろ材の量も異なりますので値段が少々上がります。では見ていきましょう。

    器具の種類    オススメ商品    金額  
水槽 60cm ガラス水槽 2,500円
 フィルター   外部フィルター  エーハイム2213 10,000円
ろ材 1L パワーハウス ハードタイプ 2,650円
照明 LED 60cm ZENSUI シャイニングブルー 10,000円
ヒーター 150W テトラ ミニヒーター150W 1,750円
底砂 5kg コーラルサンド 細目 840円
合計     27,740円

 

水槽が1段階あがるだけでかなり金額が上がりますね。合計39,420円になります。

海水魚を複数種飼育する場合は、60cm規格の水槽は必須です。水槽が小さいと全体水量も少ないため、海水魚をたくさん飼育すると、海水の汚れるスピードも速くなってしまいます。60cm規格の水槽であればある程度水質を安定させることができますのでオススメします。

こちらの60cm水槽にも水槽セットがあります。ただし外部フィルターなどは付属していませんので、ろ過不足になってしまう可能性があります。できればフィルターだけは別で購入するようにしましょう。

 

90cm規格水槽

初心者の方でこの規格の水槽を購入する方は少ないと思いますが、今後マリンアクアリウムを続けていくと必ず欲しくなる大きさですし、購入しても損をすることはないと思います。このサイズの場合、外部フィルターではなくオーバーフロー水槽を購入することをオススメします。

    器具の種類    オススメ商品    金額  
水槽 90cmオーバーフロー アールズアクア オーバーフロー水槽セット 65,000円 
 フィルター   ー 
ろ材 10L パワーハウス ハードタイプ 10,000円
照明 LED 90cm ZENSUI シャイニングブルー 14,000円
ヒーター 200W テトラ ミニヒーター 200W 2,000円
底砂 10kg コーラルサンド 1,800円
合計     92,800円

 

非常に高いです。オーバーフロー水槽が大半を占めていますが、合計金額は10万円を超えますので、なかなか初期費用でこれだけ出せる方は少ないのではないでしょうか。

しかし水槽もろ過を行うろ過層も非常に大きいため、中に入る海水の量はとても多いです。そのため飼育環境は崩れにくく、水質は安定しやすくなりますので、ある意味初心者の方にもオススメできる規格かもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【RCP】【激安セット祭り】900×450サイズ★オーバーフロー水槽セット★ブラック三重管仕様★■  【最安値挑戦】 ■
価格:64584円(税込、送料別) (2017/3/20時点)

 

 

 

おわりに

さてさて今回は水槽の大きさ別に必要な器具とおおよその最初に必要な金額についてお話ししました!

いかがだったでしょうか!水槽規格によっては非常に高く、手が出しづらいかもしれません。

最初は無理をせず、30cmまたは60cm水槽から始めてみるのが良いかと思います。私は頑張ってお金を貯めて120cmのオーバーフロー水槽を飼いたいと思っています。皆さんもぜひ参考にしてみてください!









関連記事

  1. 初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ【購入編ラスト…

  2. 【板橋区】熱帯環境植物館を解説!グリーンドームねったいかんの海水魚を紹…

  3. CMの効果で大混雑!?すみだ水族館を徹底解説!オススメはペンギンと金魚…

  4. 【水族館】葛西臨海水族園を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京・神…

  5. アクアリウムを始めよう!海水魚と淡水魚の違いはなに?熱帯魚について徹底…

  6. 【海水魚ランキング】人気のヤッコ厳選7種!飼育しやすいオススメの種類は…

  7. 初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ 【購入編①】…

  8. 【エサ】製品人気ランキング2021!オススメの商品TOP5!

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…