初心者必見!海水魚飼育を始めるための前準備!必要な道具も紹介!




どうもヤスです。

今回はマリンアクアリウムを始めるために心がけておかないといけないことや準備しなければならないことについて詳しくお話ししたいと思います!

海水魚飼いたいけど何から準備したらいいかわからない!』という方に向けて、これから楽しく海水魚を飼えるようにマリンアクアリウムの下準備についてお話をしたいと思います!今回の記事を読んでいただいて少しでもマリンアクアリウムを始めるための手助けになれば嬉しいです!

 

 

イメージをしよう!!

水族館やお友達の飼っている海水魚をみて、自分でも飼ってみたい!と思った方も多いでしょう。

後先考えずにいろいろ購入して、いざ海水魚を飼育するとなったときに『しまった!あのこと考えてなかった!!』とならないように事前にしっかりとイメージしておきましょう!

 

 

ちゃんと飼えますか?

最初から厳しめの話しですが、飼育前に1番しっかりと考えないといけないことだと思います!

海水魚飼育前はどうしても楽しいイメージばかりしてしまいがちですが、魚も生き物ですのでちゃんと世話ができなければ死んでしまいます。

当然のことに思われますが、生き物を飼うときに1番大切なことですので自分の家族が増えると思ってしっかりと考えましょう。

 

エサをあげられますか?

私達同様、海水魚もごはんがないと生きていけません。

できれば1日2回、同じ時間にあげることが理想です。仕事などで家を開けることが多い場合は、自動でエサを上がられる装置、オートフィーダーなどを使って同じ時間にあげられるようにしましょう。

 

照明に気をつけられますか?

明かりがずっとついていてもストレスになりますし、ついていなくてもストレスになります。

理想の照明時間は10時間ほどですので、家にいる場合は決まった時間につけるようにし、家にいない場合はタイマーを使って自動的につくようにしておくと良いでしょう。

 

水温を意識できますか?

理想の水温は25℃前後です。

クーラーやヒーターが設置されていない水槽は夏場は30℃近くまで、冬場は20℃以下になってしまうことがあります。水温の寒暖差があまりにもひどいと魚が死んでしまう原因になりますので気をつけて下さい。

 

水換えできますか?

魚の海水は人間でいう空気にあたります!

人間も空気の入れ替えはしないといけないように、海水魚も水換えをしなければ生きていけません。水換えをさぼってしまうと水はどんどん汚れ、魚は死んでしまいます。

そのため、水槽を立ち上げたばかりの時は1週間に1回、水槽が落ち着いてきたら2〜3週間に1回必ずやるようにしてください。

 

フィルターの掃除できますか?

正直一番面倒な作業だと思います。

しかし海水をきれいにするための装置ですので常にきれいに保っておかなければなりません!立ち上げ当初は1ヶ月に1回、落ち着いてきたら半年に1回ほど掃除をしてあげてください。



 

水槽の置き場所

意外かもしれませんが『水槽と海水魚を買ったけど置く場所考えてなかったわ!』という方が結構多くいます。

水槽をどこに設置して育てるのかイメージしましょう。ただしそのときに注意しなければならないことがありますのでチェックポイントも含めてお話ししておきましょう。

 

窓際

正直あまりオススメしません。

確かに水槽台も買う必要もないですし、眺めるのにも申し分ない場所だと思います。

ただし直射日光が当たってしまうことが多いため、水温が上昇してしまう危険性や光量が多すぎるためにコケが大量発生してしまうことにもなりがちです。

もし窓際に置く場合は遮光カーテンなどを使って光が当たりすぎないように注意しましょう。

 

玄関

これもあまりオススメしません。

訪問していただいた方には見てもらえますが、冬場や夏場で水温の寒暖差が出てしまい、魚が体調崩す理由になりかねません。

もし玄関に置く場合はヒーターやクーラーを必ず設置し、水温チェックを欠かさないようにしましょう。

 

リビング

一番のオススメスポットです。

電源も近くにるので器具も設置しやすいですし、キッチンなどの水場も近いため水換え等が非常にしやすいです。またインテリア性も強く出るため、リビングも一層オシャレに見えます。

 

寝室

ここもオススメです。

設置しやすく、寝る直前まで眺めていられますので、癒しの効果としても最適です!

ただしフィルターの種類によっては水の落下音が気になる場合もありますので寝室に置く場合は外部フィルターなど静かなものを選びましょう!

 

最後にそれぞれの置き場所についてチェックポイントを見てみましょう!

   ①   ②   ③   ④   ⑤   ⑥ 
窓際  ◯   △   ×   ◯   ◎   ◯ 
玄関  △   ×   ◯   △   ◯   ◎ 
リビング  ◎   ◎   ◎   ◎   ◎   ◯ 
寝室  ◎   ◎   ◎   △   ◎   △ 

① 電源の取りやすさ
② 水温の保ちやすさ
③ 光のあたりにくさ
④ 水換えのしやすさ
⑤ 眺めやすさ
⑥ 水温の気になりにくさ

やはりリビングが一番いいでしょう。基本的には安定している場所であればどこに設置しても構いませんが、魚が過ごしやすい環境を維持できるところに設置するのがベストです!

 

 

おわりに

さてさて今回は海水魚買う前の事前準備についてお話しいたしました!

いかがだったでしょうか!海水魚も他の動物と同じようにお腹も空きますし、病気にもなります。常に気をくばって住みやすい環境を維持できるように努めましょう!


関連記事

  1. 【海水魚ランキング】人気のスズメダイ厳選5種!初心者にオススメの種類は…

  2. 【水族館】サンシャイン水族館を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京…

  3. 海水魚飼育にテストフィッシュは必要?水槽の立ち上げについて!

  4. 初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ【購入編④】

  5. 【海水魚ランキング】人気のチョウチョウウオ厳選5種!初心者にオススメの…

  6. 【水族館】葛西臨海水族園を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京・神…

  7. 【板橋区】熱帯環境植物館を解説!グリーンドームねったいかんの海水魚を紹…

  8. 【人気TOP10】淡水魚ランキング2019!オススメの淡水魚の種類は!…

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…