ナンヨウハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は例の映画の2作目の主役!ナンヨウハギについてご紹介をしたいと思います。

ナンヨウハギはマリンアクアリウム界では非常に人気な種で、カクレクマノミに次いでポピュラーな種ではないかと思います。

しかしカクレクマノミと異なり、飼育難易度は比較的高く、初心者の方は必ずと言っていいほど病気にしてしまいます。ある程度海水魚飼育に慣れた方でないと長期飼育は難しい種とされています。

今回の記事を読んで、ナンヨウハギを長く飼育できるように頑張りましょう!



 

ナンヨウハギの購入

ナンヨウハギは他の魚と同様、アクアリウムショップとネットで購入できます。

どの魚でもショップでの購入をオススメしていますが、ナンヨウハギはより強くショップ購入をオススメします。

ナンヨウハギはすぐに病気にかかってしまうため、実際の実物を見て、元気な状態を確認できた個体を購入するようにしましょう。

ヒレや身体に白い粒々がついている個体は要注意です。また、見た目だけでは判断つかないところもたくさんありますので、見た目は問題無い場合でもエサを食べない個体は要注意です。

 

ナンヨウハギの価格

ナンヨウハギの価格を確認してみましょう。

 ショップ購入    3,000円
ネット購入   2,000円

価格の差は身体の大きさが一番関係してきます。

販売される大きさは『S』『M』『L』の3種類があり、Sサイズは5cm未満の小さいサイズです。Mサイズは10cm未満のサイズで、Lサイズは10cm以上の個体が多いようです。

小さいサイズを購入しても問題ありませんが、混泳させる魚によっては身体が小さいといじめられてしまうことがありますので注意しましょう。初めて購入する海水魚がナンヨウハギの場合はSサイズでも大丈夫です。

 

水温・水質

ナンヨウハギの最も好む水温は25℃のようです。

どんな魚にもいえることですがナンヨウハギを飼育する場合は特に水温・水質には気を付けてあげてください。

水温が極端に上下してしまうと体力が落ち、ただでさえ病気にかかりやすいナンヨウハギがさらに病気にかかりやすくなってしまいます。

特に夏場や冬場の温度変化には注意が必要です。ヒーターやクーラーは必ず設置して温度を一定に保てるようにしましょう。



水槽の大きさ

最低でも60cm規格水槽を用意してください。

例の映画を見ただけだと体格はカクレクマノミとそんなに大差ないように見えますが、ナンヨウハギは最大で30cm以上になることがあります。水族館などで見ていただくといかに体が大きくなるかがお分かり頂けると思います。ただし海水魚は生活環境に合わせて身体が成長しますので、60cm水槽であれば最大でも15cmくらいまでしか成長しないと思ってもらってかまいません。ただし60cmの水槽でも混泳させる海水魚が多い場合は手狭になってしまうこともありますので、可能であれば90cmくらいの水槽を用意して下さい。

ナンヨウハギはびっくりすると凄まじく激しく泳ぎ回ることがあるため、水槽が狭いと混泳している海水魚に体当たりをしてしまってその海水魚が死んでしまうこともあります。私は以前飼育していたシュリンプはナンヨウハギの体当たりで死んでしまったことがあったので、大きめの水槽を用意した方が安全です。

 

混泳

他種混泳

とてもおとなしい魚ですので基本的にどの魚とも仲良くできます。身体も大きいためイジメられる心配はありませんし、性格もおとなしいのでイジメることもめったにありません。

稀に同じくらいの体格の青色の魚がいるときには追いかけまわしたりすることもありますが、水槽が大きければほとんど起こりません。

しかし育ったナンヨウハギは縄張り意識が強くなるため、自分の落ち着くスポットに別の海水魚が入ってくると身体を当てて威嚇します。購入するナンヨウハギが13cmくらいまで成長している場合はそういった縄張り意識が強い可能性がありますので注意しましょう!

同種混泳

ナンヨウハギ同士の混泳は避けるようにしましょう。

ナンヨウハギは臆病な性格のため、ライブロックなどの隠れられる空間が必須になりますが、その隠れる場所が複数で被ってしまうと縄張り争いで喧嘩になってしまうことがあります。

自然界のような広大な海であれば群れで泳ぐこともありますが、水槽内では基本的に混泳は難しいと思ってください。

その他のハギ類であれば混泳可能です。私は以前にキイロハギと混泳をしていましたが喧嘩することなく仲良くしていました。よほどのことが無い限りは喧嘩したりしませんので、混泳についてはあまり心配しなくて大丈夫だと思います。

サンゴとの混泳

どのサンゴとも問題ありません。

ナンヨウハギに限らず、ハギ系の海水魚はほとんどサンゴに食害を及ぼすことはありませんので、サンゴと一緒に飼育しても問題ありません。

ただし身体が大きいため、海水を汚れるスピードも速くなってしまいますので、綺麗な海水が必須なサンゴと混泳する場合はできるだけ水質を安定させることのできる90cm以上の水槽を用意することが望ましいです。


エサ

人工エサの方が食いつきが良いです。

ナンヨウハギは植物食性といって植物素材のエサを好んで食べる傾向があります。生エサのシュリンプ系も食べなくはないですが、食いつきは人工エサの方がいいように思われます。

うちで飼育しているナンヨウハギは生エサも食べますが、人工エサの方を選り好んで食べている気がします。オススメの人工エサはメガバイトグリーンです。植物食性用に作られたエサなので、ナンヨウハギにはぴったりだと思います。

 

病気

非常にかかりやすいです。

特に白点病はかかりやすく、ナンヨウハギを飼育した方は必ず1回はナンヨウハギの身体に白い点が付いている姿を見たことがあると思います。

海水魚には珍しくなぜか横になって寝るため、底砂にいる病原菌が体についてしまい病気に感染することもあります。

ただし病気にかかったからといってすぐに死んでしまうわけではなく、しかるべき処置をすれば高確率で治療することができます。

これは私の経験則ですが、ひどい白点病にかかっていて体中真っ白になっていたとしてもエサを食べているのであれば、ほぼ治ります。白点病の治療法については以下の記事で紹介していますのでそちらを参考にしてください。

 

まとめ

さて、最後にお話ししたナンヨウハギについてまとめたいと思います!

値段  2,000円~
水温  25℃
水槽  60cm
協調性  ★★★★☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★☆☆☆☆
飼育難易度  ★★★★☆

 

 

おわりに

さて、今回はカクレクマノミに次ぐ人気者、ナンヨウハギについてお話しました。

ただ紹介しておいてなんですが、アクアリウムを始めたばかりの方にはあまりオススメをしていません。

今回の記事でご紹介をしたように非常に病気にかかりやすいため、病気への対処がわからないうちはすぐに☆にしてしまうことが多いです。ある程度水槽が安定して、海水魚飼育にも自信が持てたときに購入することをオススメします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(海水魚)沖縄産 ナンヨウハギ Sサイズ(1匹) 北海道・九州航空便要保温
価格:5730円(税込、送料別) (2017/10/9時点)

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. アミメチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. スポッテッドマンダリンフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  3. キンギョハナダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ハリセンボンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. アケボノハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. インドカエルウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ホワイトソックスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ホンソメワケベラの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…