【海水魚】物理ろ過と生物ろ過の違いは?オススメのフィルターの種類や特徴について!





どうもヤスです!

今回は 『初心者必見!海水魚飼育に必要な道具!』でも紹介をしましたフィルターについて、お話しをしていきたいと思います!

フィルターは海水魚を飼育する上で必須の道具になります。フィルターを購入する際は水槽の大きさにあったものを選ぶ必要があります。

今回の記事を参考にして頂いて、お持ちの水槽に適したフィルターを選ぶようにしてください!



 

フィルターとは

一言で言ってしまうと海水をキレイにする装置です!

海水魚を飼育していると、残りエサや魚のフンで日々海水はどんどん汚れていきます。その汚れを放置していると有害物質が蓄積してしまい、海水魚に悪影響を与えてしまいます。

フィルターはその汚れた海水を綺麗な海水に戻すための大切な装置になります。ではそのフィルターはどのように海水をきれいにしているのでしょうか。

フィルター内ではろ過と呼ばれる海水をきれいにするための作業が行われています。みなさんも聞いたことのある言葉だと思いますが、フィルター内ではこのろ過と呼ばれる作業が3段階で行われているのです。

それではその3種類のろ過についてお話ししましょう。

 

物理ろ過


粗目マットと呼ばれる綿を硬くしたような敷物を使って、海水の中の大きなゴミや汚れを物理的に取り除くろ過方法です。

基本的には生物ろ過の前に設置して、大きなゴミによる目詰まりを防ぎます。

目に見えてマットが汚れていくのがわかるので、海水の汚れがいかにとれているかがハッキリとわかると思います。

 

生物ろ過


ここでいう生物とはバクテリアのことをいいます。

バクテリアは目に見えない小さな生物ですが、彼らは海水の中に含まれる有害な物質を無害なものに変える力をもっています。

海水魚飼育において最も大切なのはこの生物ろ過で、生物ろ過を行わないとみるみるうちにアンモニアや亜硝酸などの有害物質がたまってしまい、瞬く間に海水魚は死んでしまします。

生物ろ材は多ければ多いほどろ過能力もアップしますので、スペースが許す限り設置してあげましょう!

 

化学ろ過


海水の黄ばみや匂いをとるためのものになります。

このろ材があるかないかで海水の透明度が大きく変わってきます。

ただし水槽が立ち上がるにつれて生物ろ過で代用ができますので、決して必須ではありません。

しかし水槽を立ち上げたばかりのころはまだ生物ろ過があまり機能していませんので、立ち上げ初期は設置してもいいかもしれませんね!

 

 

フィルターの種類

さて次は皆さんが1番気になるであろうフィルターの種類についてお話します!

フィルターにはいくつか種類がありますが、大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

上部フィルター


初心者の方には1番メジャーなフィルターです。

水槽の上に設置するもので、長細い形をしています。水槽から海水をポンプで吸い上げて、フィルター内に流し込む仕組みです。

メリットは水槽の上に設置するため場所をとらず、お手入れが簡単なところです。また比較的安価で手に入れやすく、高いろ過能力もあるため、コストパフォーマンスに優れています

デメリットは海水を巡回する少し音が気になるところです。フィルターを通して上から水を落とすため、寝室などに置く場合は音が気になる場合があります。

価格 3,000円~
ろ過能力
掃除
静かさ
手軽さ

 

外掛け式フィルター


水槽のフチに掛けてセットする小型のフィルターです。

メリットはフィルターの中では1番安価で手に入り、電源を入れるだけですぐに使えるので初心者の方にも扱いやすい入門タイプです。

手入れも簡単でろ材の交換も非常に楽ですので、小型の海水魚を飼育するのであれば外掛け式のフィルターがいいかもしれません。

デメリットはろ材を入れるスペースが少ないため、ろ過能力に不安があります。また小さいがために汚れるスピードが速いですので、頻繁に手入れをする必要があります。

価格 1,000円~
ろ過能力
掃除
静かさ
手軽さ

 

外部フィルター


プロから初心者の方まで使用されている効果の高いフィルターです。

水槽外で別のタンクを用意して、ろ材を詰め込むこんだそのタンクの中に海水を循環させることで高いろ過能力を発揮します。

メリットは他のフィルターに比べて、比べ物にならないくらい高いろ過能力を持っています。ポンプ音も気にならないレベルですので、寝室に置く場合などにとてもオススメです。

デメリットは別容器を用意しないといけないので、設置するための場所を確保しなければなりません。また、他のフィルターに比べて値段が高いので、初心者の方は手を出しづらいかもしれません。

価格 10,000円~
ろ過能力
掃除
静かさ
手軽さ

 

オーバーフロー


水槽とろ過層が一体になったシステムです。

フィルターに分類されるか怪しいのですが、このシステムも海水をきれいにするための装置の1つです。マリンアクアリウム上級者の多くがこのシステムを使用しています。

オーバーフローは、水槽内にパイプが設置されていて、一定の水位を超えるとそのパイプを通して水槽の下に設置されたろ過槽と呼ばれる箱の中に海水が落ち、その中を循環したのちに水槽に組み戻される仕組みになっています。

このオーバーフローがなぜ優れているかというと、水槽と同じくらいの大きさの箱を丸々ろ過槽として使用するため入るろ材の量も非常に多く、フィルターに比べて圧倒的なろ過能力を発揮するためです。また水量も大幅に増えるため、水質の安定化にもつながります。

デメリットは濾過槽を置くためのスペースを用意しなければならないことと、このシステムも上から下へ海水を落とすので、そこそこ気になるレベルの音がすることです。

価格 40,000円~
ろ過能力 ◎◎◎
掃除 ×
静かさ
手軽さ ×

オーバーフロー水槽は非常に高価な器具ですが、私は上記4種類の中であれば断然オーバーフローをオススメします。

表のろ過能力以外の部分も見ると別にそうでもないんじゃない?と思うかもしれませんがフィルターはろ過能力ありきなんです。ろ過能力が高ければそれにかかる手間は仕方ないとふんで掃除を頑張りましょう!

多くの魚を飼いたい!魚には元気でいてほしい!という方はすぐにでなくても構いませんので、ぜひオーバーフロー水槽を購入してあげてください!

 

 

おわりに

さてさて今回は海水をきれいにするためのフィルターについてお話をしました!

初心者の方はまずは上部フィルターで問題ないと思いします。しかし今後魚が増えたり水槽を大きくしたりする場合は外掛け式フィルターや上部フィルターではろ過不足になってしまう可能性があります。

これからフィルターを購入する方は外部フィルターの購入をオススメします!初期費用が若干かかってしまいますが、後々ろ過不足に困らなくて済みます!

フィルターごとのろ材の配置方法などはこちらをご覧ください。

 

フィルターの購入はこちらをご覧ください!
 

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. 海水魚用の照明の選び方は?LEDやメタハラの種類や違いについて!

  2. 底面に敷く砂の意味は?底砂の役割と種類やオススメの商品について!

  3. 【殺菌灯】製品人気ランキング2017!オススメの商品TOP5!

  4. アンモニアを減らす方法は!テトラテストキット使用の結果と感想!

  5. オススメの水流ポンプ4選!サンゴ飼育に最適なサーキュレーターは!?

  6. 初心者必見!失敗しないろ材の順番!

  7. マメスキマーとオルカ・スキマーミニット2を徹底比較!小型水槽向けプロテ…

  8. オススメの製品は?海水魚用ヒーターの必要性と選び方について!

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…