水槽の選び方!海水魚飼育にオススメの大きさや種類について!





どうもヤスです!

今回はマリンアクアリウムを始める上で必ず必要になる『水槽』の選び方について解説をしたいと思います!

皆さんご存知の通り、水槽は海水魚の家になる大切な道具です。多くの方は最初に飼育する海水魚の大きさや数に合わせて水槽の大きさを決める方が多いですが、実は水槽は初めて購入する海水魚だけではなく、今後増えていくであろう海水魚やサンゴのことも考えて購入をしなければなりません。

海水魚を飼育し始めると必ず他の海水魚に対して購入欲が湧いてきますので、そういったことも考えて大きめの水槽を購入するのがセオリーです! さて今回はそんな水槽について今回は詳しくご紹介したいと思います!



 

水槽の種類について


水槽の種類は主に2種類あります!
ガラス水槽アクリル水槽の2種類です。

それぞれの水槽には当然違いがありますので、ここでは種類による長所、短所を解説していきます!

ガラス水槽


ガラス水槽の最大の長所は透明度が高いため、魚が綺麗に見えることです。

そして傷が付きにくいため、コケの掃除も傷を気にせず手入れができます。値段的にも比較的安価なものが多いので手に入れやすいです。

また、経年劣化はせず、透明度は低下しません。 短所は非常に重いところです。 90cm水槽以上ともなると1人では持てないくらいの重さになります。そして衝撃に弱いところです。

落としたりなんかしたらすぐに割れてしまいますので、扱いには気をつけなければなりません。

ガラス水槽
メリット:透明度が高い、傷がつきにくい、安価
デメリット:思い、衝撃に弱い

 

アクリル水槽

アクリル水槽の最大の長所はとても軽いところです。持ち運びがとても楽です。

また非常に衝撃に強く、落とした程度では割れません。その頑丈さから大型の魚を飼うときは断然アクリル水槽がいいとされてます。

短所は傷が付きやすく、水圧で膨張してしまうことがあります。また、ガラス水槽に比べて値段が高いものが多いです。そして経年劣化によって表面の透明度の低下が見られます。

アクリル水槽
メリット:軽い、丈夫、大型水槽飼育可
デメリット:透明度低下、水圧による膨張、高価

 

それでは、それぞれの長所短所を表でまとめたいと思います。

ガラス水槽 アクリル水槽
透明度
重量 ×
頑丈さ
傷のつきにくさ
値段
経年劣化

どちらの水槽も一長一短です。

もし私が初心者の方にオススメをするのであればガラス水槽をオススメします!

最初から大型の魚を飼うことはないでしょうし、10cm程度の魚を飼うのであればガラス水槽の耐久力で問題ありません。

それであれば魚がよりキレイに見えて安価で手に入るガラス水槽がいいかと思います。

ただしアクリル水槽で飼育しても問題があるわけではありませんのでお好みで選んで頂ければと思います! 次に水槽の大きさの選び方についてご紹介します。

 

水槽の大きさについて

水槽の大きさは小さいものだと30cm規格のものからあり、大きいものだと150cm規格のものまであります。

大きければ大きいほど魚の飼える数も増えますが、当然メンテナンスも大変になります。 マリンアクアリウムを始める方に対して、私は60cm規格の水槽を購入をオススメします。

30cmほどの水槽だと飼える魚の数は小さい魚2~3匹が限度です。また、元々の海水の量が少ないため、海水の汚れるスピードも大きい水槽に比べて非常に早いです。

30cm前後の水槽を購入するのは設置スペースに余裕がない場合以外は避けた方が無難です。 逆にあまり水槽が大きすぎても大変であり、水槽を設置する場所もしっかり考えないとその重量で床に傷がついてしまったりすることもありますので、初めて購入する場合は60cm規格くらいが丁度いいと思います。

 

水槽を選ぶときのチェック項目

細かい点にはなりますが、種類と大きさ以外でより良い水槽を選ぶための項目を書きたいと思います。

フレーム(枠)の有無

水槽の上フタを置く部分に縁のようなものがついた水槽と、ついていない水槽があります。

縁がついているとそこでしっかりとガラス板を固定できる分、ガラスの厚みを薄くできるので透明度が上がって見えます。 しかしフレームがあることで少しシンプルさに欠けるため、見栄えが正直よろしくありません。

またフレームがあると設置できない器具等もありますので、基本的にはフレームレスの水槽がオススメです。

接着面

水槽は計5枚のガラス板を張り付けて作られております。

その接着面が安い水槽だと接着剤がはみ出ていたり、明らかに見えるような張り方がされているものが中にはあります。

また曲面ガラス水槽といって、接着剤を使用せずガラスを曲げて作られている水槽もあります。

見た目も非常に美しいため、そちらもオススメします! 細かい点にはなりますが、より美しい水槽を手に入れるために余裕があればチェックしてみてください!

 

記事のまとめ

さて今回は水槽の違いと選び方についてお話をしました!

繰り返しになりますが、私はこれからマリンアクアリウムを始める方にはガラス水槽の60cm規格の購入をオススメします。

もちろんこれが全てではありませんので、実際にショップに行って実物を見てみるのが一番だと思います。 実物を見てみると意外とその大きさにびっくりします。

120cm水槽なんてまさに圧巻です。水槽を購入する場合はしっかりと実物を見て設置予定場所のことも考えて購入するようにしましょう。

水槽のオススメ商品はこちらをご覧ください!

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. 照明の面白さ!LEDを複数使用して海の美しさを表現しよう!

  2. 【殺菌灯】製品人気ランキング2019!オススメの商品TOP5!

  3. オルカ製の小型水槽向けプロテインスキマー!スキマーミニット2の効果・性…

  4. オススメの製品は?海水魚用ヒーターの必要性と選び方について!

  5. ナチュラルシステムってなに?ベルリン式?生物ろ過との違いは?

  6. 海水魚飼育に必須!水槽にいるバクテリアの機能とその種類!

  7. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  8. 硝酸塩測定!測定方法と結果について!

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!