バブルコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】




どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『バブルコーラル』についてお話をしたいと思います。

バブルコーラルは別名『ミズタマサンゴ』と呼ばれる人気種で、水質変化には比較的丈夫な種なため、初心者の方にも飼育しやすい種として有名です。

しかし実際は海水元素に敏感だったり、餌が必要だったりと意外と手間がかかる種なんです。詳しくは今回の記事を読んでいただければと思います。



 

バブルコーラルの分類

バブルコーラルはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。

ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

バブルコーラルの購入・値段

バブルコーラルはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

バブルコーラルは比較的水質変化には丈夫な種ですので、輸送中に弱ることはあまりありません。

ただしポリプの形状が特殊で風船のようになっていますので、傷つかないようにしっかりと梱包をしてもらいましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 3,500~6,500円
ショップ購入 4,500~7,000円

バブルコーラルは個体の大きさや色合いによって値段が変わります。

グリーン系の個体が比較的高価なものが多く、ポリプが大きく膨らんでいるものは人気が高いです。

購入する際は骨格がむき出しになっているものと、口が開いてしまっているものは避けて選ぶようにしましょう。


 

 

バブルコーラルの飼育環境


ではバブルコーラルの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的丈夫な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

バブルコーラルは比較的丈夫な種ですので、オーバーフロー水槽でなくても外部フィルターを使用した環境でも十分飼育は可能です。

ひとつ注意が必要なのが、海水に含まれている栄養塩です。

通常のサンゴは硝酸塩やリン酸塩はほぼゼロが理想的ですが、バブルコーラルはリン酸塩がある程度あった方が元気に育ちます。過剰にあると体調が悪くなってしまいますが1〜2ppmくらいの濃度が理想です。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

ただしバブルコーラルの場合、あまり強い光は好みません。バブルコーラルはハードコーラルには珍しく、強い光を好まないため蛍光灯やLED照明で十分飼育が可能です。

ただし蛍光灯は商品によってはサンゴ飼育に必要な波長が足りないものもありますので、できればLEDライトを使用することをオススメします。

 

水流の強さ

弱めの水流にしましょう

強い水流だとポリプが潰れてしまい、サンゴが弱ってしまう可能性があります。ポリプが軽く揺れる程度の水流で十分です。水流も直接当てるのではなく、間接水流で十分です。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は必要です。

バブルコーラルはハードコーラルに珍しく、餌が必要な種類です。強い光を必要としないかわりに、餌によって栄養を必要とします。

餌以外にも必要元素は常に補給しなければならないため、各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

 

飼育環境まとめ

ではバブルコーラルの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□■■■□□
光の強さ  □■■■□□□□
水流の強さ  □■■□□□□□□
給餌の必要性  □□■■□□□□□□
飼育難易度  □□□□

 

 

カラーバリエーション

色はあまり多くなく、単色の個体がほとんどです。

ブルー、グリーン、パープルなどが多く、個体によって透明度が異なります。

値段も比較的高価なものが多いですので、購入するのであれば色や形などが好みのものを選ぶようにしましょう。



 

毒性

強い毒をもっています

バブルコーラルはスイーバー触手を伸ばし、他のサンゴを攻撃する性質を持っています。同種であれば接触しても問題ありませんが、多種のサンゴとの接触は気をつけましょう。

場所的に離れていると思っていてもスイーパー触手を10cm以上伸ばすこともありますし、水流の向きによっては接触してしまうこともありますので十分なスペースを確保できるようにしましょう。

 

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコには食害を受けることがあります。ハギ類にはあまり食害を受けることはありませんので、混泳しても問題ありません。

また食害だけではなく、魚による遊泳にも影響を受けてしまいますので海水魚の数や泳ぎ回る種などには注意が必要です。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、バブルコーラルについてお話をしました!

バブルコーラルは水質さえしっかり安定していれば比較的飼育が簡単な種ですので、初心者の方にもオススメです。

好みの水質が少し特殊なため、ミドリイシなどの非常に綺麗な水質を求める種とは一緒に飼育するのが難しかったりします。しかし初心者の方にも比較的オススメできる種ではありますので、是非飼育にチャレンジしてみてください。










関連記事

  1. スターポリプの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. サンゴ飼育に理想の水質は?SPSやLPSの飼育にベストな硝酸塩やリン酸…

  3. チガイウミアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. ウミキノコの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. カワラフサトサカの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  7. バブルディスクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. マメスナギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!