トゲサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのSPSの一種『トゲサンゴ』についてお話しをします!

トゲサンゴは先端が丸いものと尖っているものの2種類があり、通常の『トゲサンゴ』とトゲサンゴに似ているサンゴで、成長するにつれて枝が太くなっていくトゲサンゴ属の『フトトゲサンゴ』に分かれます。

このサンゴは非常に飼育が難しく、ミドリイシよりも難しいといわれることもあるほどです。ミドリイシ同様、強い水流、強い光が必要になりますので、飼育環境を整えたうえで飼育するようにしましょう。



 

トゲサンゴの分類

トゲサンゴはハードコーラルの中のSPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。
ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

トゲサンゴの購入・値段

トゲサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

SPSは非常に水質に敏感な種で、硝酸塩やリン酸塩などの栄養塩が溜まっているとすぐに弱ってしまいます。

トゲサンゴはネットで購入しても問題ありませんが、購入する前にサンゴの状態をお店の人にしっかり確認をした上で購入するようにしましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 4,500~7,500円
ショップ購入 5,000~8,000円

 

価格はSPSの中では平均的な価格帯だと思います。

大きさや色によって値段は異なりますが、高くても10,000円はいかない印象です。

購入する際は根元をしっかり確認し、白化していない個体を選ぶようにしましょう。


 

 

トゲサンゴの飼育環境


ではトゲサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には非常に敏感な種です。

リン酸塩、硝酸塩、ケイ酸塩などの栄養塩の濃度はほぼゼロに固定する必要があります。

使用するろ過システムは強制ろ過システム(生物ろ過)ではなく、ナチュラルシステム(ベルリン式)が必須です。

生物ろ過では硝酸塩が溜まる速度が速いため、SPS向きのろ過システムではありません。もちろん一概には言えませんが、嫌気性バクテリアがしっかり繁殖していない水槽では栄養塩の蓄積スピードは速いので、できればナチュラルシステムでのろ過を行いましょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

非常に強い光が必要です

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

トゲサンゴはミドリイシ同様、非常に強い光が必要です。光が弱いと枝が細ってきてしまい、次第に弱々しい見た目になってしまいます。

また逆に光が強すぎてもいけません。

強力なメタハラ照明を水面直上~20cmくらいの場所から照らしてしまうと、光が強すぎて光の当たっているところが白化してきてしまうことがあります。

基本的には150W以上のメタハラ照明を水面30cm前後からサンゴ全体に照射されるように当ててください。メタハラ1灯だと難しいかと思いますので、システムLEDや複数のメタハラを使用してまんべんなく照射できるようにしてください。

ボルクスジャパン GrassyLeDio(グラッシーレディオ) RX072 コーラル

新品価格
¥9,280から
(2017/2/17 11:39時点)

水流の強さ

強い水流が必要です

強い水流をランダムで起こしてあげる必要があります。

強い水流を一方的に当ててしまうとストレスになってしまいますので、ランダムな水流を直接当てるのではなく、間接的に当ててあげることが大切です。

ランダムな水流を起こすためには、複数のサーキュレーターを使用してタイマーで20秒ごとに異なる水流を起こすように設定するか、または回転式のサーキュレーターを使用してあげると良いと思います。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は全く必要ありません

光合成で十分に栄養を得ることができますし、エサは水質を汚す原因にしかなりません。

海水魚がいるのであれば餌を入れることになると思いますが、極力エサが残らないように量を調整する必要があります。

ミネラル系の元素は必須です。ストロンチウム系の添加剤はもちろん、できればカルシウムリアクターを使用して水槽内の必要元素が不足しないように細心の注意を払いましょう。

またpHやKHも把握できるようにpHモニターの設置も検討することをオススメします!

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではトゲサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□□□□□□
光の強さ  □□□□□□■■
水流の強さ  □□□□□□■■
給餌の必要性  □□□□□□□□
飼育難易度  □□□□□□□□■■

 

 

カラーバリエーション

トゲサンゴはあまりカラーバリエーションは多くなく、グリーンやピンク、ベージュ系が一般的です。



 

毒性

毒はあまりありません

毒性は弱い方なので、SPSサンゴメインの水槽であったとしても他のサンゴとは接触しないように注意しましょう。

毒性の強いサンゴに接触してしまうと溶けてしまったりダメージを負ってしまいますので、注意が必要です。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオやヤッコ類には食害を受けることがありますので注意が必要です。ハギ類には食害を受けることはありませんので、混泳しても問題ないでしょう。

海水魚の遊泳にはほとんどダメージを受けないため、比較的多くの海水魚と同居させることができます。むしろデバスズメダイなどのよく泳ぎ回る海水魚と混泳させることで水流に流れができ、汚れが溜まりにくくなりますので、混泳させる魚としてはオススメです。

 

 

温度

適温は24℃~28℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のSPSの一種、トゲサンゴについてお話をしました!

トゲサンゴはミドリイシ同様、非常に飼育難易度の高いサンゴです。飼育するためにはナチュラルシステム、カルシウムリアクター等の高価な装置も必要になりますので、なかなか初心者の方には手が出ないかもしれません。

サンゴ飼育が初心者の方にはSPS飼育は難しい場合が多いですので、まずはソフトコーラルやLPSの飼育難易度の低い種の飼育をオススメします!

トゲサンゴは根元から白化してきてしまうことが良く報告されますが、主な原因としては先程ご紹介した光の強さと、購入時に付着していた小さなカニが原因の場合が多いようです。

光の調整は購入後で調整ができますが、カニは付着したまま水槽に入れてしまうと非常に面倒ですので、できれば購入時にお店の方に確認をするのが良いかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(海水魚 サンゴ)トゲサンゴ おまかせカラー(1個) 北海道航空便要保温
価格:3710円(税込、送料別) (2017/11/4時点)










関連記事

  1. シャコガイの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. 深場ミドリイシの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

  3. カワラフサトサカの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. オオバナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. ナガレハナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. バブルディスクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. チヂミトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. イタアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…