コハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『コハナガタサンゴ』についてお話をしたいと思います。

コハナガタサンゴはその透明感のある美しい見た目から非常に人気の高いサンゴです。

はじめの水合わせを失敗しなければ比較的飼育も簡単ですので、初心者の方にもオススメできる種ではあります。

前回ご紹介したアザミハナガタサンゴやオオバナサンゴもコハナガタサンゴと推奨飼育環境はさほど変わりはありませんが、コハナガタサンゴの方が若干難易度が高いとされています。

アザミハナガタサンゴの飼育方法はこちらをご覧ください。

 

比較的飼育は簡単とはいえ、海水魚からの食害やその他気をつけなければならない点はいくつかございますので、参考にしていただければと思います。



 

コハナガタサンゴの分類

コハナガタサンゴはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。

ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

コハナガタサンゴの購入・値段

コハナガタサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

基本的にはサンゴはショップ購入をオススメしてきましたが、コハナガタサンゴの場合はどちらでも大丈夫だと思います。

ただしこれは水質や環境変化への耐性があるという意味でお話をしていますので、もし見た目や大きさにこだわりを持つ方はやはりショップ購入をした方が望ましいでしょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 4,000~8,000円
ショップ購入 5,000~10,000円

コハナガタサンゴは個体の大きさや色合いによって値段が変わります。

以前は10,000円を超える個体が中心でしたが、最近は流通量も多くなり、比較的値段も安くなり入手しやすくなりました。

しかし大きい個体や色が特徴的な個体はまだまだ値段は高いものが多いですので、サンゴ初心者の方には手が出しずらいかもしれませんね。

購入する際は色が白ずんでいなく、骨格が見えていないもの、ポリプに傷がないものを選ぶようにしましょう。


 

 

コハナガタサンゴの飼育環境


ではコハナガタサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的丈夫な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

アワサンゴは比較的丈夫な種ですので、オーバーフロー水槽でなくても外部フィルターを使用した環境でも十分飼育は可能です。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

ただしコハナガタサンゴの場合、あまり強い光は好みません

メタハラなどの強い光だとストレスになってしまうこともあるようなので、LED照明で飼育をするようにしましょう。蛍光灯で飼育されている方も多くいますが、蛍光灯はLEDなどに比べてサンゴに必要な波長が欠けているものもありますので、できればLEDで飼育をするようにしましょう。

 

水流の強さ

弱めの水流にしましょう

コハナガタサンゴはアザミハナガタサンゴなどと同様、強い水流が当たってしまうと共肉がめくれてしまうため、弱めの水流がベストです。

その弱めの水流も一方からではなく、ランダムな水流を好みますので、水流については工夫をするようにしましょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は基本的に必要ありません。

コハナガタサンゴは基本的には給餌の必要はありません。でも実はコハナガタサンゴを飼育されている方の中には給餌をする方も多いのです。

その理由は夜間などに餌をあげると次の日にはより大きくポリプが咲くため、見た目も良くなり元気に成長してくれるからだそうです。

給餌をする場合は、クリルやコペポーダなどを口元にあげると、匂いを感知して触手を伸ばしてきます。また通常のサンゴが必要とするストロンチウムなども必要ですので、添加剤は入れるようにしましょう。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではコハナガタサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□■■■□□
光の強さ  □□■■□□□□
水流の強さ  □■■□□□□□□
給餌の必要性  ■■□□□□□□□□
飼育難易度  □□□□

 

 

カラーバリエーション

色はさほど多くなく、単色の個体がほとんどです。ピンク、グリーン、パープルなどが多く、個体によって透明度が異なります。

値段も比較的高価なものが多いですので、購入するのであれば色や形などが好みのものを選ぶようにしましょう。



 

毒性

毒はあまりありません

そのため毒の強いサンゴとの接触には注意を払う必要があります。設置する場合はスペースに余裕をもって置くようにしましょう。

類種でもあるアザミハナガタサンゴとの接触は特に問題なく共存してくれますが、その他のサンゴとは接触させないようにするのが無難でしょう。コハナガタサンゴは光が当たっているときと夜間では大きさが全く異なりますので、ポリプが大きくなっているときに設置場所は考えるようにしましょう。

またコハナガタサンゴは夜間や餌をとる時に触手を伸ばすのですが、この職種には強い毒がありますので、注意が必要です。

 

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとヤッコ類には食害を受けることが多いようです。

ハギは基本的には無害だと思いますので、混泳しても問題ないかと思います。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、コハナガタサンゴについてお話をしました!

コハナガタサンゴは水質さえしっかり安定していれば比較的飼育が簡単な種ですので、初心者の方にもオススメです。

基本的には他のサンゴを攻撃することもないため、毒性の弱いサンゴと一緒にしても安心して飼育することができます。コハナガタサンゴをひとつ入れるだけで水槽が一気に華やかになりますので、オススメのサンゴだと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コハナガタサンゴ(レアカラー) ±13cm インドネシア産【個体販売】【サンゴ】
価格:5379円(税込、送料別) (2017/11/4時点)










関連記事

  1. サンゴ飼育に理想の水質は?SPSやLPSの飼育にベストな硝酸塩やリン酸…

  2. サンゴってどんな生き物?珊瑚の正体について!

  3. キッカサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. チヂミトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. キクメイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. アザミハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. イタアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. ハナガササンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!