コエダナガレハナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】








どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『コエダナガレハナサンゴ』についてお話をしたいと思います。

コエダナガレハナサンゴは吸盤のついたタコ足にそっくりなことから『タコアシサンゴ』と呼ばれます。陰日性にも同名のサンゴがありますが、あれとはまったく別種です。

ナガレハナサンゴには骨格が枝状の『ブランチタイプ』と横に広がっているような骨格の『コロニータイプ』があります。コロニータイプよりもブランチタイプの方が飼育は容易ですので、購入する際はお店の方に聞いて購入することをオススメします。

飼育はハードコーラルの中では比較的容易ではありますが、一旦弱るとそのまま溶けてしまうこともある種なので、注意が必要です。



 

コエダナガレハナサンゴの分類

コエダナガレハナサンゴはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。

ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

コエダナガレハナサンゴの購入・値段

コエダナガレハナサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。コエダナガレハナサンゴはナガレハナサンゴ同様、購入してから家の水槽に入れるまでが一番の勝負です。

ネットで購入する場合、一番状態のいいものを丁寧に梱包してもらって輸送してもらうことです。ナガレハナサンゴ種は輸送中に一番ダメージを受けやすいため、ネットで購入して家に到着したときにはすでに溶けてしまっているなんてことも高確率で起こりえますので、注意が必要です。

そのため購入するのであれば、できるだけショップから直接購入することをオススメします。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 2,500~10,000円
ショップ購入 3,500~12,000円

コエダナガレハナサンゴは個体の大きさや色合い、産地によって値段が変わります。

コエダナガレハナサンゴはナガレハナサンゴに比べて値段が高いものが多いようですが、ネットでは小型の個体も販売していますので値段の幅は広いようです。

購入時は個体の色が落ちていないものを選び、ポリプがちぎれていたり、傷がついている個体は絶対に避けるようにしましょう。


 

 

コエダナガレハナサンゴの飼育環境


ではコエダナガレハナサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には敏感な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方なので、そこまでシビアになる必要はないかと思いますが、水質についてはかなり注意を払う必要があります。

先程もお話をしましたが、コエダナガレハナサンゴには2種類あり、骨格が枝状になっている『ブランチタイプ』と横に骨格が広がるタイプの『コロニータイプ』があります。

ブランチタイプは骨格が枝状なので汚れが溜まりにくく、水質には比較的丈夫です。しかしコロニータイプはポリプの根本部分に汚れが溜まってしまいますので、ブランチタイプよりも水質には敏感です。

ブランチタイプとコロニータイプに共通して言えることは、硝酸塩には弱いということです。硝酸塩の溜まった水槽だとたちまち弱ってしまうので、本当は魚との混泳はしないのがベストなんです。もし魚と混泳させる場合は安定した水質を供給できる設備が必須です。

水質変化を起こさないためには、魚を混泳させることを前提として、最低でも60cmのオーバーフロー水槽は用意しなければなりません。サンゴのみであれば外部フィルターでも対応は可能ですが、魚と混泳をさせる場合は水質悪化が早いため外部フィルターでは役不足になってしまう可能性が高いです。できればオーバーフロー水槽を用意しましょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ある程度の強さで問題ありません。

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

コエダナガレハナサンゴは17WのLEDライトで充分飼育が可能ですので、メタハラを用意する必要はありません。ブルーのLEDライトの下で非常に美しく輝きますので、できればブルー系統のLEDを設置するようにしましょう。

 

水流の強さ

強い水流は好みません

ポリプがぐわんぐわんたなびくような強い水流はコエダナガレハナサンゴのストレスになってしまいます。コロニータイプでもあまり強い水流は好みませんので、少しポリプが揺れる程度の水流で十分だと思います。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は基本的には必要ありません。

ただし給餌をすることで弱りにくくなるため、できれば2週間に一度、給餌をするといいかもしれません。普段は必要ありませんので、リキッドタイプがオススメです。

ただし給餌は必要ありませんが、サンゴ用の添加剤は必須です。弱ってから添加剤を添加しても間に合わないことが多いですので、ストロンチウム系の栄養剤は常に一定量添加するようにしましょう。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではコエダナガレハナサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □■■■□□□□□□
光の強さ  □□■■■□□□
水流の強さ  □■■□□□□□□
給餌の必要性  □□□□□□□□□
飼育難易度  □□□□□□■■

 

 

カラーバリエーション

比較的多くの色が存在します。

メジャーな色はグリーンの個体ですが、中にはパープルやピンク色をしたものもありますし、二種類の色が混同したものも非常に人気があります。水槽のサンゴに合わせて色を選ぶといいかもしれませんね!

 

 

毒性

非常に強い毒があります

さらにコエダナガレハナサンゴは触手を伸ばして近くのサンゴを攻撃することもあり、置く場所には気をつけなければなりません。

ただしコエダナガレハナサンゴの仲間の『ナガレハナサンゴ』や『ハナサンゴ』は同種のため、接触しても大丈夫なようです。



 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコ類には食害を受けることが多いようです。

ハギ類とその他の海水魚は基本的には無害だと思いますので、混泳しても問題ないかと思います。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、コエダナガレハナサンゴについてお話をしました!

コエダナガレハナサンゴは飼育については他のハードコーラルに比べて難しい種です。輸送中や水合わせ中に急に体調を崩してしまうことが多いため、できればネットで購入するようにしましょう。

ショップから購入して水槽に導入するときは水合わせをしっかりと時間をかけてするようにしましょう。










関連記事

  1. チヂミトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. サンゴってどんな生き物?珊瑚の正体について!

  3. ハナガササンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. アワサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. スコリミアの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. ハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. イタアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. スターポリプの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!