クサビライシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです。

今回はハードコーラルのLPSの一種『クサビライシ』についてお話をしたいと思います。

見た目は上の写真のような中心から放射線状に模様の入った個体が有名ですが、中には『パラオクサビライシ』とよばれる触手の長いイソギンチャクのような見た目のクサビライシもいます。

クサビライシはライブロックだけではなく、底砂の上にも置いてレイアウトできる珍しいサンゴです。

クサビライシよりも細長い形をしている『ゾウリイシ』『イシナマコ』『キュウリイシ』など近親種はいくつかありますが、飼育方法は今回ご紹介するもので問題ありませんので参考にしてみてください。



 

クサビライシの分類

クサビライシはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

クサビライシの購入・値段

クサビライシはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

クサビライシは比較的水質変化には丈夫な種ですので、輸送中に弱ることはあまりありません。

ただしクサビライシは共肉が非常に薄いため、傷がついてしまうとそこから悪化してしまい、⭐︎になってしまうこともありますので、取り扱いには注意しましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 3,500~6,500円
ショップ購入 4,500~7,500円

 

クサビライシは個体の大きさや色合いによって値段が変わります。グリーン系の個体が比較的入手しやすく、ポピュラーな個体になります。

イソギンチャクに似たパラオクサビライシは通常のクサビライシに比べ高価なものが多く、メタリックグリーンの個体は7,000円近くする個体もあります。


 

 

クサビライシの飼育環境

ではクサビライシの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的丈夫な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

バブルコーラルは比較的丈夫な種ですので、オーバーフロー水槽でなくても外部フィルターを使用した環境でも十分飼育は可能です。

クサビライシは他のサンゴに比べて、海水内のミネラルが非常に大切になってきます。

ストロンチウムはもちろんのこと、カルシウムやマグネシウムなどの元素も不足しないように添加剤をしっかり付加してあげるようにしましょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

クサビライシも同様、光は強いものが必要になります。

スポットLEDでも飼育できないことはないですが、光量が弱いと色が抜けてしまうことがありますので、できればメタハラを使用することをオススメします。

 

水流の強さ

強い水流が必要です

ライブロックに設置するのであれば、ある程度の水量でも問題ありませんが、底砂の上にレイアウトするのであれば汚れがたまりやすくなってしまいますので、強い水流の流れがしっかり当たる場所に設置しましょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は必要です。

光合成でももちろん栄養を得ますが、骨格が大きいため光量が足りていないと弱ってしまいます。

できれば1週間〜2週間に1回はブラインシュリンプやクリル、または魚にあげる顆粒の餌にしっかり海水を染み込ませて柔らかくしたものをあげると良いでしょう。

また餌をあげるときにストロンチウム系の添加剤をその餌に染み込ませてあげるといいようです。

餌以外にも必要元素は常に補給しなければならないため、各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではクサビライシの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□■■■□□
光の強さ  □□□□■■■
水流の強さ  □□□□■■■□□
給餌の必要性  □□□■■□□□□□
飼育難易度  □□□□

 

 

カラーバリエーション

色は非常に多く、形や色のバリエーションも様々です。

レッド、グリーン、パープル、オレンジなどがあり、色合いも個体の端だけ色が違う美しい個体もあります。

もしショップなどに気に入った個体がなければ、丈夫な種なのでネットで好きな色や形などを探して購入するといいと思います。


毒性

強い毒をもっています

スイーパー触手を伸ばすことはほとんどなく、他のサンゴを攻撃することはありません。ただし接触をしてしまうと毒の弱いサンゴはダメージを受けてしまうことがありますので、注意が必要です。

レイアウトには十分気をつけて設置するようにしましょう。毒性についてはこちらをご覧ください。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコには食害を受けることがあります。

ハギ類やその他ヤッコ類にはあまり食害を受けることはありませんので、混泳しても問題ありません。

海水魚の遊泳にはほとんどダメージを受けないため、比較的多くの海水魚と同居させることができます。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、クサビライシについてお話をしました!

クサビライシは水質変化には丈夫ですので、比較的飼育は簡単だと思います。

ただし海水内のミネラルには十分注意が必要で、ミネラル不足になってしまうと弱ってしまったり、骨格がむき出しになってしまうことがあります。

もし骨格がむき出しになってしまったり、色が白ずんでしまったら以下のことを再度確認し、様子を見てみましょう。

クサビライシが体調が悪くなったら
■ ミネラル不足
→ストロンチウム系の添加剤を入れる
■ 光量不足
→光が当たるところに設置、またはメタハラに切り替える
■ 栄養不足
→ブラインシュリンプなどの餌を与える










関連記事

  1. トランペットコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  3. ハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. チヂミトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. バブルディスクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. スリバチサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. ソフトコーラルと混泳可能な海水魚はどんな種類?ヤッコやチョウチョウウオ…

  8. キクメイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!