キッカサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『キッカサンゴ』についてお話しをします!

キッカサンゴはSPSのコモンサンゴに非常に似た見た目をしているLPSサンゴです。コモンサンゴよりも飼育難易度が低く、初心者の方でも飼育しやすい種です。

コモンサンゴを飼育してみたいけどSPSが飼育できる環境を整える自信がない、という方にはキッカサンゴの飼育をオススメします。



 

キッカサンゴの分類

コモンサンゴはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

キッカサンゴの購入・値段

キッカサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

キッカサンゴは比較的丈夫であるため、輸送中にダメージを受ける心配はあまりありません。ただし購入時にすでに本体がダメージを受けていたりすると輸送中に弱ってしまいますので、購入時は元気な個体を購入するようにしましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 3,500~5,000円
ショップ購入 4,000~6,000円

 

一般的なサンゴの値段ですね。

見た目の似ているコモンサンゴよりかは若干値段が高い印象ですが、飼育難易度を考えるとキッカサンゴの方が低く、長期飼育は楽ですので安心して飼育できるかもしれません。

購入する際は骨格がむき出しになっていないもの、共肉が大きく膨らんでいないものを選ぶようにしましょう。


 

 

キッカサンゴの飼育環境


ではキッカサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的丈夫な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

キッカサンゴは比較的丈夫な種で水質変化にもある程度耐えられる種なため、オーバーフロー水槽でなくても外部フィルターを使用した環境でも十分飼育は可能です。

適切な光の強さと水流があれば長期飼育も難しくありません。ただし他のサンゴ同様にリン酸塩、硝酸塩、ケイ酸塩などの栄養塩のチェックはもちろんのこと、その他の飼育環境にもしっかりと気を配るようにしましょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

光の強さはキッカサンゴを飼育する上で大切な要素になります。

キッカサンゴは餌をあまり食べないため、光合成での栄養供給が必須になります。光が弱いと栄養不足で弱っていってしまいますので、光量には気を付ける必要があります。

LEDライトでは光量不足になってしまうことが多く、基本的にはメタハラ環境での飼育を推奨しています。

 

水流の強さ

比較的強い水流が必要です

水流もキッカサンゴの長期飼育には大切な要素です。

キッカサンゴはその構造上、水流が弱いと汚れが溜まってしまいますので、比較的強めの水流を起こしてあげる必要があります。一方からの水流ではなく、できればランダムな水流が望ましいでしょう。

ただし強い水流が直接当たってしまうと本体が水流に負けて折れてしまうことがあります。
そのため基本的にはある程度の間接水流が当たる程度で十分だと思ってください。ランダムな水流であれば汚れが溜まることも防げるかと思います。

ランダム水流を起こすためにはタイマーで時間差で水流を起こすか、または回転式のサーキュレーターを使用するようにしましょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は必要ありません

基本的には光合成で栄養を得ますので、餌をあげる必要はありません。

ただし他のサンゴ同様、ミネラル系の元素は必須ですので、常に気にしてあげましょう。ストロンチウムやカルシウムなどが不足していると考えられるときは添加剤を付加してあげるといいです。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではキッカサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□■■■□□
光の強さ  □□□□□■■■
水流の強さ  □□□■■■□□□
給餌の必要性  ■■□□□□□□□□
飼育難易度  □□■■■

 

 

カラーバリエーション

キッカサンゴは比較的多くの色が存在します。

ブルー、オレンジ、レッド、グリーン、ブラウンなど様々あります。

基本的には単色の個体が多いですが、中にはドット柄の個体も存在し、水槽を彩ります。



 

毒性

強い毒をもっています

キッカサンゴは長い触手を持っているわけではありませんので、配置を間違えなければ特に他のサンゴに害を及ぼすことはありません。

同種の接触は基本的には問題ありませんが、毒性の弱いサンゴとの接触はしないように注意しましょう。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコには食害を受けることがありますが、あまり食害にあうことはないようです。

ハギ類やその他ヤッコ類にはあまり食害を受けることはありませんので、混泳しても問題ないでしょう。

また海水魚の遊泳にはほとんどダメージを受けないため、比較的多くの海水魚と同居させることができます。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 マリンアクアリウム総合情報サイト
マリンアクアリウム総合情報サイト

 

 

温度

適温は24℃~28℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、キッカサンゴについてお話をしました!

キッカサンゴは水質変化には丈夫ですので、環境になれてしまえば比較的飼育は簡単だと思います。

見た目の似ているコモンサンゴはSPSなのでリン酸塩や硝酸塩には非常に敏感なため、濃度は常に1ppm以下に抑える必要があります。

しかしキッカサンゴはそこまで水質に敏感な種ではありませんので、これからサンゴ飼育を考えている方や初心者の方には非常にオススメのサンゴだと思います。










関連記事

  1. スリバチサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. アザミハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. シロスジウミアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. チヂミトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. アワサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. チガイウミアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. オオバナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. ナガレハナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!