キクメイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『キクメイシ』についてお話をしたいと思います。

キクメイシは大きく分けて『キクメイシ』と『カクオオトゲキクメイシ』の2種類に分類されます。カクオオトゲキクメイシは前回の記事でご紹介いたしましたので、そちらをご覧いただければと思います。

 

この2種類の違いとしては飼育難易度と見た目にあります。もちろんキクメイシにも『カメノコキクメイシ』『スボミキクメイシ』などいろいろありますが、これらのキクメイシとカクオオトゲキクメイシの見た目の違いは、カクオオトゲキクメイシの方が共肉が厚く、ふっくらした見た目をしていることです。

飼育難易度についてはカクオオトゲキクメイシよりもキクメイシの方が難易度は高く、どちらかというとSPSに近い環境で飼育しなければなりません。上記でご紹介したキクメイシの仲間の飼育方法はほとんど一緒に考えて頂いて結構ですので、是非参考にしてみてください。

今回はキクメイシの飼育方法について詳しくご紹介をしたいと思います。



 

キクメイシの分類

キクメイシはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

キクメイシの購入・値段

キクメイシはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

キクメイシはハードコーラルの中では比較的飼育がしやすい種として有名なので輸送中に弱ってしまうことはあまりないと思いますが、まれにネットで購入したら色が白ずんでいて弱っていたなんてこともあるみたいなので、心配な方は直接ショップで購入するようにしましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 3,000~8,000円
ショップ購入 4,000~10,000円

ハナガササンゴは個体の大きさや色合いによって値段が変わります。

ショップでは入荷が少ないようですが、珍しい色の個体は非常に高価なものが多いようです。

購入時は共肉がめくれてしまっているものや、色が白ずんでいる個体は絶対に避けるようにしましょう。


 

 

キクメイシの飼育環境

ではキクメイシの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には敏感な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

先程お話をしましたが、キクメイシは丈夫ではありますが、SPSに近い飼育環境で飼育することが望ましいですので、硝酸塩やリン酸塩の濃度には気を付ける必要があります。

硝酸塩やリン酸塩はほとんどゼロに近い状態の水質を保ち、pHも8前後を保たなければなりません。

KHもしっかりとチェックをし、数値も4前後で固定できるようにしましょう。

カクオオトゲキクメイシの方はキクメイシに比べるとそこまでシビアにならなくても大丈夫ですので、キクメイシに比べると難易度はそこまで高くありません。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

キクメイシの場合、光の強さは非常に重要で、SPS同様非常に強い光が必要になります。LEDライトでは光量不足になることが多く、次第に白ずんできてしまうことがあります。キクメイシを飼育する場合はメタハラ照明を使用し、強めの光を当ててあげるようにしてください。

 

水流の強さ

強めの水流を好みます

ものすごく強い水流を必要とするわけではありませんが、水流が弱いと腐食してしまうことがあるようですので、強めの水流が必要です。

他のサンゴとの釣り合いもあると思いますので、ベースの水流は強くは設定せず、しっかりと水流の届くところに設置すれば問題なく飼育ができるかと思います。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は必要ありません。

その理由は『餌を与えてしまうと水質悪化につながる』からです。

キクメイシは給餌がなくても光合成で十分に栄養を得ることができますが、水質悪化には非常に敏感な種です。

つまり給餌をすることによるメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまうため給餌は必要とされていないようです。またキクメイシ自体が積極的に餌を食べないのも理由のひとつのようです。

ただしストロンチウムなどの添加剤は欠かさず入れてあげるようにしましょう。入れすぎてしまうと逆に良くありませんので注意が必要です。

添加剤については各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではキクメイシの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□■■■□□
光の強さ  □□□□□□■■
水流の強さ  □□□□■■■□□
給餌の必要性  □□□□□□□□□
飼育難易度  □□■■■

 

 

カラーバリエーション

非常に多くの色があります。

レッド、グリーン、パープル、ブルーやクリアーな個体など、様々あります。

またいくつか個体種がありますので、色はもちろんのこと、形も様々ありますので直接ショップで購入することをオススメします。



 

毒性

毒は比較的強いようです

ただしキクメイシはほとんどスイーパー触手を伸ばすことがないので、他のサンゴに影響を与えることはありません。

ただし他の毒性の強いサンゴからの接触には弱い部分があり、接触した部分が溶けてしまうことも多いようですので、設置場所はしっかりと考えましょう。

 

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコ類との混泳は避けましょう。これらの種の魚はキクメイシをエサして食べてしまうことが多いので注意が必要です。

海水魚の遊泳の影響はほとんど受けないため、食害を受けない種であれば混泳については問題ないと思います。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~28℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、キクメイシについてお話をしました!

冒頭にもお話をしましたが、カクオオトゲキクメイシは比較的飼育は簡単ですが、キクメイシはSPSと同様の難易度があるとされています。

水質には非常にシビアなので、現在海水魚とサンゴを混泳させている場合は硝酸塩、リン酸塩、pH、KHなどの水質チェックは欠かさないようにしましょう。










関連記事

  1. サンゴの種類は?種類別の特徴や飼育方法について!【珊瑚】

  2. トゲサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

  3. キッカサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. ディスクコーラル飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. ハードコーラル(LPS)と混泳可能な海水魚はどんな種類?ハギやヤッコや…

  6. ウィスカーズコーラルの特徴と飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】…

  7. ソフトコーラルと混泳可能な海水魚はどんな種類?ヤッコやチョウチョウウオ…

  8. シャコガイの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…