オオバナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『オオバナサンゴ』についてお話をしたいと思います。

マリンアクアリウムでは比較的メジャーなサンゴで、色も非常に豊富なためとても人気がある種です。和名ではヒユサンゴ、英語ではローズコーラルと呼ばれることもあります。ローズコーラルというのは見た目がバラのようにビビッドな色鮮やかな見た目をしているからだと思います。

真中に見える線のようなものが口で、ここから栄養を摂取したりすることもあります。体調が悪い時はこの口が開きっぱなしになるため、購入時には注意が必要です。



 

オオバナサンゴの分類

オオバナサンゴはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

オオバナサンゴの購入・値段

オオバナサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

SPSに比べればLPSは比較的丈夫ではありますのでネット購入でも弱ることはあまりないと思いますが、季節によっては気温変化が激しかったりしますので、できればショップ購入をすることをオススメします。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 2,500~6,500円
ショップ購入 4,000~7,000円

オオバナサンゴは個体の大きさや色合い、産地によって値段が変わります。

オオバナサンゴは大きさや形、色合いなど非常に他種にわたりますので、できればショップに訪問して直接好みの種類を確認するのが良いと思います。

購入時は個体の色が落ちていないものを選び、口が開きっぱなしになっていないものを購入しましょう。



オオバナサンゴの飼育環境

ではオオバナサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には敏感な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方なので、そこまでシビアになる必要はないかと思いますが、水質についてはかなり注意を払う必要があります。

水質変化を起こさないためには、魚を混泳させることを前提として、最低でも60cmのオーバーフロー水槽は用意しなければなりません。サンゴのみであれば外部フィルターでも対応は可能ですが、魚と混泳をさせる場合は水質悪化が早いため外部フィルターでは役不足になってしまう可能性が高いです。できればオーバーフロー水槽を用意しましょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

オオバナサンゴはハードコーラルの中では珍しく、あまり強い光を好まないため、20W前後のLEDライトでも十分飼育が可能な種です。

ブルーのLEDライトの下で非常に美しく輝きますので、できればブルー系統のLEDを設置するようにしましょう。

 

水流の強さ

強い水流は好みません

サンゴの共肉がめくれてしまうような強い水流はオオバナサンゴのストレスになってしまいます。形状を見てもらうとわかると思いますが、触手のポリプがあるわけではないので、あまりサンゴの上に汚れが溜まることはありませんので、海水の流れがよどまない程度の水流で十分な種です。

あまり長期間強い水流を当ててしまうと骨格から共肉がはがれてしまうこともあるようなので、一方向からではなくランダムに程よい水流を当ててあげることがベストだと思います。回転式のサーキュレーターなどがオススメです。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は基本的には必要ありません。

ただし給餌をすることで弱りにくくなるため、できれば2週間に一度、給餌をするといいかもしれません。

ただしストロンチウム系の微量元素不足は深刻な問題を引き起こすこともありますので、しっかりと添加剤を付与してあげるようにしましょう。

添加剤は各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されていますので、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではオオバナサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□■■■■□□□
光の強さ  □□■■■□□□
水流の強さ  □■■■□□□□□□
給餌の必要性  ■■□□□□□□□□
飼育難易度  □□□□■■■■

 

 

カラーバリエーション

非常に多くの種類があります。

メジャーなグリーンの個体をはじめ、レッドやパープル、オレンジなど、そして様々な色が混同した個体もあります。

単色の個体よりかは様々な色が混同した個体の方が人気がありますが、珍しい色合いによっては非常に高価な個体もありますので、値段と色合いのバランスを見て購入をするようにしてください。

 

 

毒性

ほとんど毒はありません

他のサンゴやイソギンチャクと接触してしまうと毒にやられてしまう可能性がありますので、スペースには余裕をもって設置するようにしましょう!


海水魚との相性

チョウチョウウオとヤッコ類には食害を受けることが多いようです。

ハギは基本的には無害だと思いますので、混泳しても問題ないかと思いますが、まれにつつくことがあるそうなのでオオバナサンゴを導入初期は注意する必要があるかもしれません。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、オオバナサンゴについてお話をしました!

オオバナサンゴはハードコーラルの中では飼育が比較的簡単な種ではあります。ただし、ソフトコーラルに比べると水質変化に敏感なため、飼育難易度は高めになりますので、サンゴ飼育が初心者の方はまずはソフトコーラルの飼育から始めることをオススメします!










関連記事

  1. クサビライシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. 深場ミドリイシの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

  3. アザミハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. ウミキノコの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. チガイウミアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. ハードコーラル(LPS)と混泳可能な海水魚はどんな種類?ハギやヤッコや…

  7. クダサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. トランペットコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…