ウミキノコの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はソフトコーラルの一種『ウミキノコ』についてお話をしたいと思います!

ウミキノコは見た目通りキノコのような形をしたサンゴで、ソフトコーラルの中でも非常に人気の種類になります。飼育も比較的簡単ではありますので、初心者の方にもオススメです。

ウミキノコには『サカズキウミキノコ』『オオウミキノコ』『ヒダベリウミキノコ』などいくつかありますが、基本的な飼育方法は今回ご紹介するもので対応が可能ですので、是非参考にしてみてください。

 

ウミキノコの分類

ウミキノコはサンゴの中のソフトコーラルと呼ばれる区分に分類されます。

ソフトコーラルは初心者向けのサンゴとしてオススメできるものが多く、飼育が比較的簡単なものが多いのが特徴です。しかしここで注意すべき点は、ソフトコーラルに区分されているものでも種別ごとに好みの光の強さや水流が異なることです。

サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

ウミキノコの購入・値段

ウミキノコはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ソフトコーラルは水質変化に強いのが特徴ですが、ウミキノコは他のソフトコーラルとは異なり、水質変化に敏感であり、輸送中に衰弱してしまうこともあります。

また見た目もポリプが長い個体や短い個体など様々ありますので、実際にショップに行って現物を確認することをオススメします。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 1,500~3,500円
ショップ購入 2,000~4,500円

ウミキノコは比較的安価なものが多く、個体の大きさや色合い、産地によって値段が変わります。

流通数も非常に多く、どのアクアリウムショップに行ってもだいだいのお店が取り扱っていますので、まずは一度お店に足を運んで実物を見てみるのはいかがでしょうか。

購入時は個体がライブロックからはがれていない事を確認し、個体に傷がないもの、ポリプがしっかり開いているものを購入しましょう。


 

 

ウミキノコの飼育環境


ではウミキノコの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

ウミキノコは水質変化には敏感な種です。

ウミアザミ同様、ソフトコーラルには珍しく水質変化に弱いため、水槽環境には注意を払う必要があります。ただしいったん水槽環境になれてしまえば比較的飼育は簡単です。もしポリプが縮んでしまったりした場合は、硝酸塩、リン酸塩の濃度を測定し、ストロンチウムやマグネシウムを適量添加してみましょう。

ウミキノコの飼育は基本的にオーバーフロー水槽での飼育がオススメです。

一度水質が悪化してしまうとキレイになるまで非常に時間がかかります。そのため水槽も水質変化の激しくなる60cm以下の水槽では飼育は難しいと思いますので、できれば90cm以上の水槽をオススメします!

もしサンゴのみを飼育するのであればその限りではありませんので、飼育する生体数に左右されると考えてください。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ソフトコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ウミキノコも同様、光合成で栄養を得ますが、ウミキノコは他のソフトコーラルと異なり、強い光が無くても成長することができます。

できればメタハラを設置することが望ましいですが、費用も掛かりますのでまずは20W前後のLEDライトを1灯または2灯用意するようにしましょう。

 

水流の強さ

強い水流が望ましいでしょう

ウミアザミと同様、ポリプの隙間に汚れが溜まりやすい種ですので、水流は強めに設定する必要があります。多方向からの水流を好む傾向がありますので、できればサーキュレーターを2台ほど設置すると良いでしょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は特に必要ありませんが、あげたほうが元気に育ちます。

与える光がメタハラではなくLEDの場合は、光合成による栄養補給が不足する可能性がありますので、2週間~1ヶ月に一度くらいリキッドタイプのサンゴフードをあげるとよいでしょう。

また先程もお話をしましたが、ストロンチウム不足などは衰弱の原因になってしまいますので、添加剤は付与してあげるようにしましょう。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではウミキノコの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□■■■□□□□
光の強さ  □□□■■■□□
水流の強さ  □□□□□■■■□□
給餌の必要性  □■■■□□□□□
飼育難易度  □□■■■□□□□□

 

 

カラーバリエーション

あまり種類はありません。

基本的にはピンク色の個体が多く、中にはグリーンの個体やオレンジに近いだいだい色をした個体もあります。



 

毒性

毒はほとんどありません

強い毒をサンゴと接触してしまうとその毒にやられてしまい、弱ってしまう可能性がありますので、スペースには余裕をもって設置するようにしましょう!

ウミキノコは飼育環境によっては非常に大きくなりますので、他のサンゴと接触をしていないかどうか確認をするようにしましょう!

 

 

海水魚との相性

比較的どんな魚とも混泳させても問題ありません。

チョウチョウウオやケントロピーゲ亜属のヤッコからはつつかれたりすることもありますが、非常に丈夫な種のため、すぐに回復します。

魚の遊泳の影響も受けないため、激しく泳ぐ魚でも混泳は問題ないかと思います。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はソフトコーラルの一種、ウミキノコについてお話をしました!

ウミキノコは比較的サンゴ飼育初心者の方でも飼育することができる種として有名です。

ただし水質変化、水質悪化には弱い面がありますので、水槽はオーバーフローを使用するようにし、汚れが溜まらないように水流は強めに設定をしましょう!










関連記事

  1. スリバチサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. オオバナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. コエダナガレハナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. ミドリイシを飼育するための最適な水質は?水換えは必要?適切な水質と維持…

  5. アザミハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. トランペットコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. サンゴの種類は?種類別の特徴や飼育方法について!【珊瑚】

  8. スコリミアの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!