アザミハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『アザミハナガタサンゴ』についてお話をしたいと思います。

コハナガタサンゴと見た目が似ていますが、分類上は別の種になります。アザミハナガタサンゴは中心の口から同心円状の模様になっているのに対して、コハナガタサンゴは中心の口から外に向かって線が出ているような模様のものが多いです。



 

アザミハナガタサンゴの分類

アザミハナガタサンゴはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

アザミハナガタサンゴの購入・値段

アザミハナガタサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

アザミハナガタサンゴは輸送中に弱ることはあまりありません。ただしアザミハナガタサンゴは色や模様など非常に種類が多く、人によって好みが分かれる上に、非常に高価なサンゴのため、できれば直接個体を見て選んで購入することをオススメします。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 9,500~20,000円
ショップ購入 10,000~25,000円

アザミハナガタサンゴは個体の大きさや色合いによって値段が変わります。

アザミハナガタサンゴは色や模様が特徴的なオーストラリア産のものが非常に人気があり、サンゴファンからも高い支持を得ています。

購入時は個体の色が落ちていないものを選び、ポリプがちぎれていたり、口が開いてしまっている個体は絶対に避けるようにしましょう。


 

 

アザミハナガタサンゴの飼育環境

ではアザミハナガタサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的敏感な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方なので、そこまでシビアになる必要はないかと思いますが、水質についてはかなり注意を払う必要があります。

ただしアザミハナガタサンゴはハードコーラルの中では比較的水質には丈夫な方なので、オーバーフロー水槽でなくても飼育は可能です。

ただし上部フィルターや外掛けフィルターではろ過不足になってしまい、水質悪化につながってしまいますので、最低でも外部フィルターを用意するようにしましょう。

アザミハナガタサンゴは非常に高価なサンゴですので、長く飼育するためにできればオーバーフロー水槽を購入することをオススメします。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

アザミハナガタサンゴはハードコーラルの中では珍しく、LEDライトで充分飼育が可能です。

またメタハラの光はアザミハナガタサンゴには強すぎてしまうことがあるため、LEDライトで飼育をするようにしましょう。LEDライト1灯では弱い可能性がありますので、2灯用意してあげるようにしましょう。

ブルーのLEDライトの下で非常に美しく輝きますので、できればブルー系統のLEDを設置するようにしましょう。

 

水流の強さ

強い水流は好みません

アザミハナガタサンゴはあまり水流を必要とせず、活着している根元部分に汚れが溜まらない程度の水流であれば問題ありません。あまり水流が強いと本体ごとめくれてしまい、傷付けてしまう可能性がありますので注意しましょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は基本的には必要ありません。

ただし給餌をすることで栄養不足に陥らないため、より大きく元気な状態を保つことができます。

餌はリキッドタイプまたは冷凍のコペポーダを小さく砕いてあげるとよいでしょう。あげる頻度も1ヶ月に1回程度で十分です。あげすぎは水質悪化につながるので注意しましょう。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではアザミハナガタサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□■■■■□□□
光の強さ  □■■■□□□□
水流の強さ  □■■□□□□□□
給餌の必要性  □□■■■□□□□□
飼育難易度  □□□□■■□□

 

 

カラーバリエーション

非常に多くの色があります。

レッド、オレンジ、グリーン、パープル、ブルーや様々な色が混ざった個体など、様々あります。

模様も個体によって異なり、非常に選び甲斐のあるサンゴだと思います。

今飼育されているサンゴとの色合いを見て決めるのが良いと思います。


毒性

毒は弱いようです

アザミハナガタサンゴと近親種でもある『コハナガタサンゴ』との接触は問題ありません。注意すべきは毒が弱いので、強い毒をもつサンゴと接触をしてしまうとその毒にやられてしまう可能性があることです。

置くときはスペースには余裕をもって設置をしましょう。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオ、ケントロピーゲ亜属のヤッコ類との混泳は避けましょう。これらの種の魚はアザミハナガタサンゴをエサして食べてしまうことが多いので、注意が必要です。

ハギ類は比較的問題なく暮らしてくれることが多いですので、あまり心配ないかと思います。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~28℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、アザミハナガタサンゴについてお話をしました!

比較的飼育は容易で、個体が水質に慣れてしまえば初心者でも飼育は可能ですが、水質変化には敏感ですので、飼育をする際はしっかりと水質のチェックをするようにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【サンゴ現物4】アザミハナガタサンゴ !15時までのご注文で当日発送 【サンゴ】
価格:14800円(税込、送料別) (2017/11/4時点)










関連記事

  1. クダサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. キッカサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. トゲサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

  4. イタアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. ハナサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. マメスナギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. クサビライシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. ハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…