アザミサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『アザミサンゴ』についてお話しをします!

アザミサンゴは細い触手がたくさん集まった小さいブーケのようなポリプの集合体で、非常にかわいらしいサンゴとして人気があります。大きくなると花畑のような非常に美しい見た目になり、水槽が華やかになります。

しかしこのサンゴはLPSの中でも屈指の強力な毒をもち、接触するサンゴにダメージを与えてしまう怖い面も持ち合わせています。設置する場所には気をつけなければなりません。



 

アザミサンゴの分類

アザミサンゴはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

アザミサンゴの購入・値段

アザミサンゴはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

アザミサンゴは比較的丈夫であるため、輸送中にダメージを受ける心配はあまりありません。ただし骨格は非常に薄いため、輸送中に傷がつかないように丁寧に梱包してもらうようにしましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 1,500~3,500円
ショップ購入 2,500~5,000円

 

価格は非常にリーズナブルな値段です。

大型の個体は価格も高くなる傾向がありますが、それでも5,000円以上の個体はあまりないかもしれません。飼育も簡単で非常にかわいらしい見た目をしているので、初心者の方には非常にオススメの種です。

購入する際はポリプがへたっていないもの、色が褪せていないものを選ぶようにしましょう。


 

 

アザミサンゴの飼育環境

ではアザミサンゴの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には丈夫な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

アザミサンゴは水質変化には丈夫な種で水質変化にもある程度耐えられるため、オーバーフロー水槽でなくても外部フィルターを使用した環境でも十分飼育は可能です。

ただし他のサンゴ同様にリン酸塩、硝酸塩、ケイ酸塩などの栄養塩のチェックをすることは当然大切ですので、水槽内に栄養塩が溜まりすぎないようにこまめに水換えを行うようにしましょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

強い光が必要です

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

アザミサンゴは比較的光量の許容範囲は広いようですが、LEDでは光量不足になりがちです。可能であればメタハラの150W以上のものを使用し、充分な光を与えてあげられるようにしてください。

光は強ければ強いほど元気に大きく育ちますので、飼育する際はメタハラを設置してあげるようにしましょう。

 

水流の強さ

比較的強い水流が必要です

小さなポリプがたくさん集まっているサンゴなので、根元に汚れが溜まってしまうことがありますので、強めのランダムな水流を起こしてあげる必要があります。

ランダムな水流を起こすためには、複数のサーキュレーターを使用してタイマーで時間差で動かすか、または回転式のサーキュレーターを使用すると良いと思います。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は必要ありません

光が強ければ、光合成で十分な栄養を得ることができますので、給餌は基本的に必要ありません。もしメタハラではなく、スポットLEDなどを使用している場合は栄養不足の可能性も考えてリキッドタイプの餌を与えると良いと思います。

ミネラル系の元素はもちろん必要ですが、他のサンゴに比べてあまり敏感ではありませんので、多少ミネラル分が不足していても元気で育ってくれます。ただしストロンチウムやカルシウムなどのミネラル分はあるに越したことはありませんので、定期的に添加してあげるといいと思います。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではアザミサンゴの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□■■■□□
光の強さ  □□□□□□■■
水流の強さ  □□□□■■□□□
給餌の必要性  □□□□□□□□
飼育難易度  □■■■□□□□

 

 

カラーバリエーション

アザミサンゴはあまりカラーバリエーションは多くなく、グリーンが一般的です。

中にはベージュ系の色のスリバチサンゴもありますが、飼育している方も多くがグリーンのアザミサンゴを飼育しています。



 

 

毒性

非常に強い毒をもっています

先程も簡単にお話をしましたが、LPS屈指の強い毒をもっている種です。さらに強い毒をもつだけでなく、スイーパー触手を伸ばし、他のサンゴを攻撃します。

そのスイーパー触手も長いものは10cm以上延ばすこともあり、アザミサンゴよりも風下にあるサンゴは攻撃される可能性がありますので設置する際は注意しましょう。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコには食害を受けることがありますので注意が必要です。

ハギ類やその他ヤッコ類にはあまり食害を受けることはありませんので、混泳しても問題ないでしょう。

また海水魚の遊泳にはほとんどダメージを受けないため、比較的多くの海水魚と同居させることができます。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~28℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。低温には弱いイメージがありますので、ヒーターが水量に対してパワー不足とならない様に冬場は注意する必要があります。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、アザミサンゴについてお話をしました!

スリバチサンゴは水質悪化にも耐性があり、ミネラル不足など通常のサンゴがダメージを受けやすい環境でも飼育可能な種なので、初心者の方にもオススメの種です。

値段も非常にリーズナブルな種なので、手も出しやすいと思いますので、これからサンゴを飼育しようと思っている方にも非常にオススメできる種です。










関連記事

  1. サンゴってどんな生き物?珊瑚の正体について!

  2. 浅場ミドリイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. クダサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. ハナガササンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. キッカサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. ウィスカーズコーラルの特徴と飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】…

  7. ディスクコーラル飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. ヌメリトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…