アレンズダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はスズメダイの中でも非常に綺麗な体色を持つ種『アレンズダムセル』についてお話をします!

ここまで美しい青色をしている海水魚はこのアレンズダムセルかルリスズメダイのどちらかだといわれています。アレンズダムセルの体表はメタリックな青色をしているため、ルリスズメダイとはまた異なった美しい青色をしています。その体色から『エレクトリックダムセル』と呼ばれることもあります。

さてこのアレンズダムセルですが、スズメダイの仲間なので飼育する際にはいくつか注意しなければいけない点があります。今回の記事を読んで頂き参考にしてもらえればと思います。



 

アレンズダムセルの購入


ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

アレンズダムセルは非常に丈夫な種なのでネット購入でも問題ないと思います。

複数購入をする場合、ネットの方が安価に手に入ることも多いため、非常にオススメです。アレンズダムセルは輸送中に弱ったりすることは基本的にはありませんので、しっかりと梱包してもらえば元気な状態で受け取ることができます。

 

アレンズダムセルの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,000円
 ショップ購入   1,200円

 

アレンズダムセルはスズメダイの中では比較的価格が高めです。

デバスズメダイやルリスズメダイは1匹400円前後なので、2倍以上の値段ですね。デバスズメダイやルリスズメダイに比べると入荷数が少ないのも価格が高いひとつの原因だと思います。

購入する際は色がきれいに輝いているものを選び、餌をしっかり食べている個体を選びましょう。複数購入する場合は水槽の大きさに合わせて購入数を決めるといいと思います。45cmくらいなら3~5匹、60cmなら5~8匹くらいが無難だと思います。

もし他の海水魚をすでに飼育しているのであればその数によって購入数を減らしましょう。あまり数を入れすぎてしまうと喧嘩の原因になりますので注意が必要です。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

アレンズダムセルは水温変化には非常に強い種です。夏場にクーラーが壊れてしまい、水温が30℃近く上がったときでも元気に泳いでいました。

またスズメダイ系の海水魚は水質変化にも非常に丈夫な種が多く、多少硝酸塩や亜硝酸塩が検出されたところで影響を及ぼすことはまずありません。

私の友人の話ですが、水槽を全くメンテナンスせずずっと放置していたら比重が振り切れるぐらい高くなってしまったにもかかわらず、その環境下でも元気に生きていたそうです。それくらいスズメダイ系は丈夫なので、ちょっとのことでは病気になったり弱ったりすることはありません。


水槽の大きさ

30cm水槽でも十分飼育可能です。

ただしもし小さい水槽で複数飼育するのであれば、数は少なめにしてライブロックなどの隠れられるスペースを作ることのできるものを入れると良いでしょう。

身体が小さい個体や弱っている個体はいじめられてしまうことがありますので、できれば水槽は45cm以上のものを用意するのがオススメです。

 

混泳

アレンズダムセルは混泳は要注意です。

同種混泳をする場合は、水槽の大きさと飼育数が大切になります。生体数に対して水槽が小さいと必ず喧嘩します。水槽の大きさと飼育数については以下を参考にしてください。ただしこの表はアレンズダムセルのみを入れた場合の飼育数です。

30cm規格 1~3匹
45cm規格 3~5匹
60cm規格 5~8匹

 

他種混泳

他種混泳については、性格の弱い海水魚との混泳は避けるようにしましょう

アレンズダムセルは非常に気が強いですので、自分の縄張りに入ってきた魚はガンガン攻撃します。水槽が大きければその限りではありませんが、60cm以下の水槽については経験上他の魚を追い回すことがあったので注意が必要です。

身体の大きなナンヨウハギやツノダシなどの海水魚と飼育する場合は特に問題を起こすことなく仲良く生活してくれます。

同種混泳

スズメダイ系との混泳については最も注意が必要です。

アレンズダムセルはライブロックと底砂の間を掘って住処を作る習性があるのですが、同様の性質を持つルリスズメと混泳をさせてしまうと必ずといっていいくらい喧嘩します。

デバスズメダイなどのそういった修正の弱いスズメダイであれば混泳してもさほど喧嘩することはありませんが、デバスズメの身体が小さいと追い回したりすることはありますので気をつけましょう。

サンゴと混泳

問題ありません。特にSPSとの飼育が非常にオススメです。

ただしアレンズダムセルはルリスズメ同様、ライブロックと底砂の間を掘って住処を作る習性があるため、ライブロックの位置をしっかり固定しておかないと穴を掘ったときに崩れてしまうことがあります。

海水魚だけの水槽であればさほど問題はありませんは、サンゴがライブロックに活着している場合悲惨なことになってしまいます。

できればライブロックを設置してから底砂を敷くなどの方法をとり、できるだけライブロックを固定できるようにしましょう。

 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます。

餌付けは非常に簡単で、比較的すぐに餌は食べてくれるようになります。水槽に招き入れてから1日もしないうちに餌を食べるようになると思います。

私の経験上、下流タイプの人工エサよりもブラインシュリンプなどの生エサの方が食いつきは良かったので、もし餌を食べてくれない期間が長く続くようであれば生エサを入れてみるといいかもしれません。

 

病気

病気にはほとんどかかりません。

白点病にも強く、水槽内で白点病にかかっている魚がいてもピンピンしています。病気には非常に強い種ですのであまり気をかける必要はないと思います。

たまに体表がかけてうろこが剥げてしまっていることがありますが、これは病気ではなく喧嘩でつけられた傷だと思います。同種からの攻撃はもちろん中型ヤッコなどからも攻撃を受けることはありますので、注意しましょう。


まとめ

最後にアレンズダムセルについてまとめたいと思います!

値段  1,000円~
水温  25℃
水槽  30cm~
協調性  ★☆☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメなアレンズダムセルについてお話ししました!

アレンズダムセルは非常に丈夫な種のため、初心者の方にもオススメできる種です。ただし混泳や水槽の大きさなど注意すべき点がありますので、今回の記事を読んでいただき、問題ないか確認をしてから飼育するようにしましょう。

アレンズダムセルはストレスを感じたり、暗闇にいるときは体表が黒ずむことがよくあります。他の魚から追いかけまわされたときや寝ているときなどはきれいな青が嘘みたいに黒ずんだいろになります。

ただしこれは一時的なものなのですぐに元の色に戻ります。しかしもしアレンズダムセルの体表の色が元に戻らない場合は、他の魚や飼育環境からくるストレスが原因の可能性が高いですので、いじめられていないかどうか確認をしましょう。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ミツボシクロスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. アカネハナゴイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. チョウハンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. トゲチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. キンギョハナダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  7. ヘラルドヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ハマクマノミの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!