海道達磨を1ヶ月使ってみたレビュー!コケや水の汚れにどれくらい効果があるのか?

どうもヤスです!

これを使うと圧倒的に水質が良くなると言われているプロテインスキマー。

水質を悪くする物質を泡でこそぎとることによって、海水の汚れを未然に防ぐことができる大きな効果が期待できるとのこと。

しかし難点なのがとにかく価格が高いこと。安いものでも1万円くらいするので、マリンアクアリウムを始めたばかりの方には手が出しづらいかもしれません。

私も本格的なプロテインスキマーは過去数回しか購入したことがないのですが、今回は初心者の方でも購入しやすい価格帯の海道達磨を購入して試してみました!

海道達磨とはどんなプロテインスキマー?

海道達磨とはマリンアクアリウムをやってる方には比較的馴染みのある海道シリーズのプロテインスキマーです。

この海道達磨の凄いところは、まず価格が比較的安いことで、Amazonで18,000円前後で購入することができます。

2点目はサンプ内に入れて通常のプロテインスキマーのように使うことも可能なのですが、フィルターのように外掛けで使用することができることです。

外掛けにできるので、オバーフロー水槽でなくても使用することができる数少ないプロテインスキマーです。

さて、そんなコストフパフォーマンスの良さそうな海道達磨ですが、実際その効果はどうなんでしょうか!

海道達磨は思ったよりデカい!

さて実際に海道達磨を開封してみました!

皆さんもなんとなく噂に聞いているかもしれませんが、開封してみると思ったよりもデカい!笑

箱と海道達磨を並べてもその大きさがよくわからないと思いますので、同じ外掛けのプロテインスキマーのマメスキマーと比較してみました。

実際に見ていただいてどうでしょうか?

縦の大きさももちろんのことながら、横も幅も圧倒的な大きさを持つとても存在感のある海道達磨。

ちなみに外掛けにしない場合は外側の外掛けカバーを外すことによってサンプ内で使用することもできます。

ちなみにこの中身が達磨に似ていることから、この製品は海道達磨と名付けられているそうですよ!

さて次に実際に水槽に外掛け方式で設置させて見たいと思います。

60cm水槽だとかなり目立つ!?

実際に60cm水槽に外掛けをしてみたのですが、やはりその存在感は圧倒的ですね。

正直水槽まわりをスッキリさせたい方には全くお勧めできないゴツさと場所取りをしてくれます。

見ていただくとわかる通り、60cm水槽の横ガラスの約半分を占める大きさで、かつ横に大きく飛び出す形状なので、今水槽を置いている場所が横幅ギリギリの方は使いづらいかもしれません。。。

私も海水魚飛び出し防止用のガラス版を設置していたのですが、1枚外して設置することになりました。

水槽内が綺麗であれば水槽外がごちゃついてもあまり気にしない私でも若干戸惑う大きさでした。笑

稼働させると細かい泡が達磨内に発生する

稼働させたばかりの頃は達磨内で細かい泡が凄い速さで流れているのがわかるものの、特段泡が上がってくる様子はありません。

説明書にも記載をしてありましたが、稼働数日はあまりたくさん泡は発生せず、何日か稼働をさせっぱなしにさせておく必要があるみたいです。

稼働させてから1週間後の様子がこんな感じです。

汚れをプールしておくための外カバーには何も溜まっていない状態ですが、汚い泡が筒の中に少しずつせり上がってきているのがわかります。

やはりそんなすぐに汚れが取れるということはなさそうですが、今後に期待ができそうな状態まできております。

2週間目には外側の蓋に泡がくっつき、外カバーにも茶色の汚水が溜まり始めています。

正直、1週間目までは全く汚れが取れていなかったので本当に効果があるのか心配だったのですが、しっかり取ってくれるようになって安心しました!

1ヶ月後には外カバーの約1/4まで来るくらい、汚れを取ってくれていました!

海道達磨の優れているところはメンテナンスもとても簡単なところ。汚れを捨てる時もこの外側部分だけ外すことができるので、手を汚さず掃除できるんですよね!

緑コケが圧倒的に少なくなった

さて今回海道達磨を使った感想ですが、圧倒的に緑ゴケが発生しなくなりました。

緑ゴケの要因となる物質は生物濾過が汚れをろ過し終わってできる硝酸塩なのですが、分解する前の汚れをプロテインスキマーで取り除くことによって、その硝酸塩が圧倒的に少なくなったんだと思います。

この効果はマメスキマーを使っていた時には実感できなかったもので、海道達磨の強力なスキーム能力だからこそできたことなんだと思います。

私も今まで緑ゴケ対策を様々してきましたが、ここにきて一番の対策は汚れをそのまま取り除くことなんだと実感しましたね!

水槽の見た目が若干悪くなる、というデメリットはありますが、海水の汚れを取る効果は圧倒的ですので、私は購入してよかったと思ってます!

 

関連記事

  1. 海水魚用の照明の選び方は?LEDやメタハラの種類や違いについて!

  2. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  3. 人工エサは海水魚の好みで選べ!オススメの人工エサと種類や選び方!

  4. pH測定!Red Seaテストキットを使った結果と感想!

  5. アンモニアを減らす方法は!テトラテストキット使用の結果と感想!

  6. 海水魚サンゴ飼育に必須!?プロテインスキマーの効果!

  7. オススメの製品は?海水魚用ヒーターの必要性と選び方について!

  8. 海水魚飼育にエアレーションは必要?ブクブクの意味と設置場所は!

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2020!オス…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!