海水魚の餌付けには生餌が一番の方法!?オススメの冷凍エサとその種類は!





どうもヤスです!

今回は海水魚が餌の中でもより好む『生エサ』についてお話をしたいと思います!

今回ご紹介する生エサとはショップで販売されている冷凍エサのことを指していますので、本当に生きているエサではありませんのでご了承ください!

生エサは人工エサに比べて、餌付きにくい海水魚も食べてくれることが多いため、水槽導入初期に餌付けするための方法として用いられることも多いようです。

ショップで販売している海水魚用の生エサ(冷凍エサ)は、主にシュリンプ系のものになります。オススメの商品とその種類の詳細についてご紹介をしていきたいと思います。



 

ホワイトシュリンプ


海水魚の最も好む生エサと言えば、このホワイトシュリンプです。

ホワイトシュリンプの原材料はイサザアミというアミ類に属する生物で、主に日本の汽水域やロシアなどのシベリア地方でも採取される海老の仲間です。

ホワイトシュリンプは特に海水魚が好む生エサで、クマノミやチョウチョウウオ、ヤッコ類などの動物食性の海水魚に好まれて食べられるエサです。その他ハギ類などの植物食性の海水魚もよく食べるため、海水魚全般に受け入れられる生エサとして有名です。

またビタミンや海水魚の成長に必須な栄養分を大量に含んでいるため、元気のない海水魚にはもってこいのエサです。ヤッコやチョウチョウウオなどの餌付きにくい海水魚に苦労している方はこのエサを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ブラインシュリンプ


生エサとして最もメジャーな商品はこのブラインシュリンプではないでしょうか。

ブラインシュリンプとは世界各地の塩水湖に生息する生物で、日本の水田に生息するホウネンエビに似た見た目をしており、通常の海老とは若干異なる見た目をしています。

現在私が最も使用している生エサはこのブラインシュリンプです。ホワイトシュリンプよりも多少安価で、海水魚だけではなく淡水魚にも使用できるなど、幅広い魚に好まれる生エサです。

このエサも動物食性だけではなく、ナンヨウハギ等の植物食性の生物にも好んで食されるため、餌付きにくい海水魚に与えると喜んで食べます。このエサに人工エサを混ぜてあげることで、人工エサに餌付きにくい海水魚も人工エサも少しずつ食べてくれるようになります。

 

 

コペポーダ


海水魚メインで飼育している方にはあまり知られていませんが、サンゴに与える生エサとして有名な商品です。

このエサはブラインシュリンプにはない高度不飽和脂肪酸のDHA、EPAを含むため、海水魚に与える場合は海水魚の稚魚に対して与えられる場合が多く、ある程度成長した海水魚にはホワイトシュリンプまたはブラインシュリンプが与えられることが多いです。

サンゴに対しては非常に有効な生エサで、コハナガタサンゴなどマウス付近に持っていくと口を開いて好んで食べます。サンゴをメインで飼育している方の間では非常に有名な生エサとして知られています。

 

 

おわりに

さて今回は海水魚飼育にオススメの生エサについてお話をしました。

現在チョウチョウウオ、ヤッコ等の餌付きにくい海水魚を飼育している方には非常にオススメのエサになります。水質・水温などからくるストレスで餌付かないのではなく、環境からの不慣れで餌付かない場合は、すぐに餌付いてくれるようになります。

ただし生エサの味を覚えた海水魚はなかなか人工エサに餌付かなかったりすることもありますので、生エサをあげるときは少しずつでいいので人工エサも真是ながらあげると、その後人工エサにもえづくようになりますので、挑戦してみてください!









関連記事

  1. 殺菌灯とは別物?殺菌筒の白点病に対する効果!

  2. リフジウム水槽ってなに?プランクトンが大切?効果とオススメの海藻は!

  3. 海水魚用の照明の選び方は?LEDやメタハラの種類や違いについて!

  4. 初心者必見!失敗しないろ材の順番!

  5. 海水魚の白点病に大効果!?殺菌灯について!

  6. 海道河童とQQ1を徹底比較!外掛け式プロテインスキマーの効果とは!

  7. pH測定!Red Seaテストキットを使った結果と感想!

  8. 硝酸塩測定!測定方法と結果について!

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…