汚れたサンゴ砂はどうやって処分する?サンゴ岩を業者に引き取ってもらう方法を紹介!

どうもヤスです!

マリンアクアリウムをしていて困ることのひとつ、それは砂や岩の処分です。

水槽を初めて立ち上げたばかりの方によくあるのですが、サンゴ岩がコケだらけになってしまい擦るだけでは取れない状態になってしまうことが多々あります。

サンゴ砂も時間が経つとコケだけではなく、砂の中にウミケムシが大量に発生してしまい海水魚にまで影響してしまうことも多々あります。

そうなった時にはサンゴ砂やサンゴ岩を交換して再度立ち上げし直さなければならない事もあるでしょう。

今回はサンゴ岩やサンゴ砂の処分の方法についてご紹介したいと思います!

サンゴ岩やサンゴ砂は処分できるの?

さてそもそもサンゴ砂やサンゴ岩はゴミとして処分できるのでしょうか?

結論からお伝えすると、ゴミとして処分は可能です。

しかし自治体ごとに処分の方法が異なりますので、必ず確認をした上で処分をする必要があります。

私は現在関東圏に住んでいるのですが、生活環境部に問い合わせて処分の方法を聞きました。

ではどのように処理するのかをご紹介しましょう!

サンゴ砂の処分について

さて生活環境部に問い合わせた結果、サンゴ砂の正しい処分の方法は以下のような回答がありました。

サンゴ砂につきましては、少量ずつ普通ゴミに混ぜて出してください。

つまりサンゴ砂は普通ゴミに出しても大丈夫とのことです!

実は顔見知りのアクアリウムショップの店員さんにも処分の方法について聞いてみたのですが、同様の方法をご教示いただきました!

なので対応としては正しいと思いますが、念のため生活環境部に問い合わせてから捨てるようにしましょう。

しかし注意点として追記で「一度に大量に処分をしたい場合は地区の生活環境部に問い合わせください」とありました。

なのでもし少量ずつ混ぜて出すのが難しい場合はこちらも対応方法について必ず連絡をしてから処分するようにしましょう。

サンゴ岩の処分について

さて次にサンゴ岩の処分方法ですが、サンゴ岩はサンゴ砂と処分方法が異なります。

サンゴ岩の処分方法は以下の通りです。

粗大ゴミ受付センターへ申し込み

直径が30cm未満のものであれば無料で引き取ってもらうことが可能です。

サンゴ岩は基本的に30cm以下のものがほとんどでしょうから、申し込めば引き取ってくれるはずです。

繰り返しになりますが、こちらも粗大ゴミ受付センターに確認をした上で処分をしましょう!

処分の注意点!

処分の時の注意点ですが以下のことはやってはいけません。

・公園にばらまいて捨てる
・海に投棄する

これらのことは不法投棄や環境汚染につながるため、絶対にやってはいけません。

中にはちょっとずつばら撒けばバレない!とか土に埋めれば気づかないなどとおっしゃる方もいますが、これらはその土地の環境に多大な影響を与えてしまいます。

早く処分したいからといって絶対にしないようにしましょう!

さいごに

さて今回はサンゴ岩とサンゴ砂の処分方法についてご紹介しました!

ご紹介しておいてなんですが、サンゴ岩やサンゴ砂にもたくさんの生物が付着しています。

そのためそれらを処分することはその生き物たちも殺してしまうことに繋がりますので、できる限り再利用するように頑張りましょう!

関連記事

  1. 【初心者必見】イソギンチャクの基本知識!飼育に必要な環境や注意点は?

  2. イソギンチャクは移動する生き物!剥がす方法は?餌や水流は必須!?

  3. タマイタダキイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノ…

  4. サンゴイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】

  5. センジュイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】…

  6. ハタゴイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】

  7. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  8. ロングテンタクルアネモネの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ…

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…