水質が安定しない?水質が立ち上がらない理由を徹底解説!





どうもヤスです!

皆さんは海水魚を飼育していて、いつまでたっても水質が安定せず、アンモニアや亜硝酸塩などの有害物質が常に水槽内に存在しているなんて状況になってしまったことはありませんか?

私はマリンアクアリウムを始めたばかりの頃、水換えを何度繰り返しても有害物質が減らなかったことがありました。結構時間も経っているのになぜ???と悩まされた苦い思い出もあります。。。

水槽の水質が安定しないのは一体なぜなのでしょう。。。?

今回はマリンアクアリウムを始めたばかりの方に向けて、水質が安定しない理由についてご紹介したいと思います!



 

水槽が安定しない理由は?

水質が安定せずアンモニアや亜硝酸塩などが蓄積をしてしまう理由はバクテリアの最低必要数がしっかりと水槽内に定着していないことが原因です。

水槽を立ち上げたばかりの頃は水槽内にはバクテリアはほとんど存在していません。そのためその状態の水槽内に海水魚を入れてしまうとバクテリアの分解処理能力が追いつかず、有害物質がどんどん蓄積していってしまいます。

上の図は水槽内でのバクテリアの分解フローになります。バクテリアが食べ残しや魚の糞をどんどん分解していき、最終的には無害な硝酸塩にまで分解します。

しかしバクテリアが少ないと分解しきれずにアンモニアや亜硝酸塩の段階で分解が滞ってしまい、結果的に水槽内に有害物質が大量に蓄積してしまいます。

では水槽を立ち上げてバクテリア不足に陥ってしまう原因について詳しく解説したいと思います!

 

海水魚の入れすぎ

先にもご説明をしましたが、バクテリアがしっかりと繁殖する前に海水魚をたくさん入れてしまうとバクテリアの分解量よりも有害物質の発生量が上回ってしまい、処理が追いつかなくなってしまいます

水換えをするとバクテリアも一緒に水槽外に汲み出してしまうことになりますので、いつまでたっても分解量と有害物質の発生量の比率が変わらず、水質が安定しなくなってしまいます。

私からは日々『10Lに対して1匹』を目安に飼育数を計算してくださいとお話をしていますが、水槽を立ち上げたばかりのころは海水魚を入れるにしても小さい海水魚を1匹だけにとどめておくのがベストです。

水槽立ち上げ直後に入れる海水魚をパイロットフィッシュと言いますが、バクテリア繁殖に必要な汚れを作り出すために水槽に入れることになります。そのため大型の海水魚ではなく、小さめの海水魚を入れるといいでしょう。

パイロットフィッシュについてはこちらをご覧ください!

 

水換えのしすぎ

水換えは有害物質を除去するには最適な方法ですが、高頻度で水換えをしてしまうと定着するはずのバクテリアも有害物質と一緒に汲み出してしまうことになりますので、やり過ぎは要注意です。

水槽立ち上げたばかりの頃は3日に1回は水換えをしましょうという方もいらっしゃいますが、私の感覚では3日に1回は多いと思うので、1週間に1回の頻度で十分だと思います(パイロットフィッシュが多い場合は3日に1回でも大丈夫です)。

水換えをした後はバクテリア添加剤を入れることで、繁殖スピードを一気に加速させることができます。しっかりと点火してバクテリアの増殖を後押ししてあげましょう!



酸素量の不足

バクテリアが増殖するため必要なのは適度な汚れの他に大切な要素があります。それは酸素です。

バクテリアは酸素を消費して有害物質を分解し、それを栄養としてどんどん繁殖していきます。そのためその酸素が不足しているとバクテリアの活動量は落ちてしまい、繁殖スピードも遅くなってしまいます

そのため水槽立ち上げ時だけではなく、常に酸素は水槽内へ補給してあげるようにしましょう!

酸素の有効的な補給方法としては、エアレーションまたはプロテインスキマーになります。プロテインスキマーはたんぱく質を取り除いてくれる非常に素晴らしい装置ではありますが、高価な製品のため手が出しづらいかもしれません。

エアレーションはポンプとエアストーンさえ用意すればおこなうことができますので、必ず設置してあげるようにしましょう!

 

ろ材不足・ろ過不足


ろ材はバクテリア繁殖の要になります。

そのろ材の数が少なかったり、使用しているろ材の質が低かったりすると分解に必要なバクテリアがしっかりと定着せず、いつまでたってもろ過不足の状態になってしまいます。

特に上部フィルターや外掛け式フィルターの場合はこのケースが多いので、その場合はろ材の追加・交換をした上で、それでもろ過不足になる場合はフィルターを外部フィルターなどのろ過能力の高い製品に変えましょう。

オススメのろ材はパワーハウスのろ材です。他のろ材に比べて高品質な多孔質な構造になっているため、バクテリアが定着しやすい作りなっています。

 

 

おわりに

さて今回は水質が安定しない水槽の原因についてお話をしました!

水槽立ち上げ時の水質不安定の原因として多いのはやはり『海水魚の入れすぎ』と『ろ過不足』が挙げられます。

水槽を購入したらすぐにでも海水魚を入れたくなる気持ちは非常によくわかりますが、ここはぐっと我慢してバクテリアがしっかりと繁殖するまで根気よく待ちましょう!









関連記事

  1. 隔離をしよう!海水魚が喧嘩をしてしまった時の対処方法!

  2. 海水の黄ばみの原因は?水槽が黄ばむ対策方法を徹底解説!

  3. 【海水魚】必要な道具や水換え量は?上手な水換えの方法!!

  4. 海水魚の水槽に消えない泡?理由や原因と対処方法は?

  5. 海水魚飼育にテストフィッシュは必要?水槽の立ち上げについて!

  6. ヤッコの混泳はこれで解決!上手に複数飼育する成功方法!

  7. 魚が突然消える!?姿が見えなくなる理由とは!

  8. ウミケムシは危険?ウミケムシが海水魚に及ぼす害は?

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!