ローランドダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

さて今回は白と黒のツートンカラーが特徴の『ローランドダムセル』についてお話をしたいと思います。

ローランドダムセルは幼魚の頃と成魚の頃で体色に大きな違いがあります。幼魚の頃は頭部に青のリング状の模様がありますが、成魚になるにつれてリング状の模様は消えていきます。ちなみに上の写真は成魚のものなので、リング状の模様はありません。

カラーバリエーションとして頭部に黄色の体色を持つ個体もおり、3色のグラデーションが水槽内で非常に美しく輝きます。



 

ローランドダムセルの購入

ローランドダムセルはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ローランドダムセルについてはネット購入でもショップ購入でもどちらでも大丈夫です。非常に丈夫な個体のため、輸送中に弱ることもほとんどありません。

ただしデバスズメダイやルリスズメダイに比べると入荷量が少ないため、すぐに飼育したい方はネット購入をオススメします。

 

ローランドダムセルの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  500円
 ショップ購入   600円

スズメダイの中では若干価格は高いですね。

複数購入する場合はネット購入の方が安い場合が多いですが、スズメダイの場合はショップでもセット価格で販売していることが多いため、もしお近くにショップがある場合は一度価格を確かめてみるのもいいかもしれません。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

水温変化や水質変化には比較的強く、夏場や冬場の温度変化にも耐えられる強さを持っています。比重や有害物質にもある程度耐性を持っていますが、あまりにも飼育環境が悪化すると普段元気に泳ぎ回っているローランドダムセルも底砂付近でじっとして泳がなくなってしまいます。

元気に泳ぎまわれるように飼育環境はしっかりと整えるようにしましょう。


水槽の大きさ

単独飼育であれば30cm水槽でも十分飼育可能です。

最大体長は5cm前後と非常に小型の種のため、単独飼育であれば30cm水槽でも十分な遊泳スペースは確保できます。

ただし混泳する予定のある方や、複数飼育する方は30cmでは小さいため、できれば60cm以上の水槽は用意するようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

混泳には注意をしましょう

スズメダイの中では比較的性格はおとなしい方ですが、ハタタテハゼなどの性格のおとなしい海水魚に比べるとやはりきつめの性格をしているため、おとなしい海水魚と飼育する場合は注意が必要です。

他種との混泳の場合はローランドダムセルよりも身体の大きな海水魚と飼育するか、ライブロックをたくさん組んで隠れられる場所をたくさん作ってあげるといいでしょう。

同種混泳

混泳には注意しましょう

ローランドダムセルは複数飼育可能ですが、飼育数には注意しましょう。単独飼育以外であればペアまたは5匹以上の飼育がオススメです。水槽の大きさにもよりますが中途半端な数を飼育してしまうと身体の小さな個体がいじめられてしまいますので、60cmくらいのすいそうであれば5〜7匹飼育するといいでしょう。

またその他のスズメダイとの混泳も注意が必要です。このローランドダムセルはデバスズメダイと同じくらいの性格の強さと考えてください。

そのためルリスズメダイなどの強烈に性格のキツい種と混泳するといじめられてしまいます。もしそういった種と混泳する場合はライブロックをたくさん組むか、身体の大きな個体を購入することをオススメします。

サンゴとの混泳

混泳可能です

ローランドダムセルはサンゴに食害を与えることはありませんので混泳しても問題ありません。特にSPSサンゴの場合、激しく泳ぎ回るローランドダムセルのおかげで水流ができるため、強い水流を求めるSPSにとってもメリットがあります。

ただし生体数の入れすぎには注意しましょう。サンゴは基本的に海水の汚れを嫌いますので、生体数が多すぎると弱ってしまいます。サンゴメインの水槽に入れる場合は海水魚はできる限り少なくしましょう。

 

エサ

餌付けやすい種です

ローランドダムセルは他のスズメダイ同様、餌付けしやすい種ですのですぐに人工エサも食べてくれるようになります。

エサは基本的になんでも食べてくれますが、オススメするとすればメガバイトレッドがいいでしょう。以前飼育していたローランドダムセルはメガバイトレッドには非常に食いつきが良かったのでオススメできます。

 

病気

病気には非常に強いです

一般的なの飼育環境であれば基本的には病気にはかからないと思います。白点病にも非常に強いため初心者の方にもオススメできる種です。ただし飼育環境があまりにも悪化していると当然病気にかかってしまうことも多いですので注意しましょう。


まとめ

最後にローランドダムセルについてまとめたいと思います!

値段  500円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さて今回はローランドダムセルについてお話をしました!

ローランドダムセルは環境変化にも強く、病気にもかかりにくい種のため初心者の方でも問題なく長期飼育できるオススメの種です。

デバスズメダイ同様に複数混泳させると水槽内が非常に賑やかになり、群れで泳ぐ姿はとても見栄えがあります。みなさんも複数飼育をして群れで泳ぐ姿を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. トールボッツダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. クラカオスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ロックビューティーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. パープルタンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. バートレットアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. アケボノチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. スポッテッドマンダリンフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…