ヤマブキスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はホワイトメインの体色に黄色いヒレが特徴の『ヤマブキスズメダイ』をご紹介したいと思います。

ヤマブキスズメダイは他のスズメダイに比べると体高のある種で、成魚になるにつれてまんまるな体型になっていきます。体色も幼魚の頃に比べると黄色が強く出てくるため、幼魚とは異なった見た目を楽しむことができます。

しかしその可愛らしい見た目とは裏腹に、性格は非常にキツい海水魚です。混泳には注意して飼育するようにしましょう。



 

ヤマブキスズメダイの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ヤマブキスズメダイは非常に丈夫な種なのでネット購入でも問題ないと思います。

ヤマブキスズメダイは他の海水魚同様に病気や環境変化に非常に強い種のため、輸送中に弱ることはほとんどありません。なのでショップになかなか行けない方はネット購入を利用してヤマブキスズメダイを購入するといいでしょう。

 

ヤマブキスズメダイの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  400円
 ショップ購入   500円

スズメダイの中では平均的な価格だと思います。

ルリスズメダイやデバスズメダイのようにショップで出回ることが多い種ではないため、もしすぐに飼育したいのであればショップ購入ではなく、ネット購入にした方がいいかもしれません。

繰り返しになりますが、基本的に輸送中に弱ることはありませんので、ネットで購入しても問題ありません。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

ヤマブキスズメダイは非常に丈夫な種のため、水質や水温変化にはかなり強いです。水温に関しては30℃近くまで耐えることができますし、比重に関してもかなり高い数値になっても耐えることができます。

ただし決して住み心地がいいわけではありません。ちょっとしたきっかけで病気になってしまったり死んでしまうこともありますので、飼育環境には注意しましょう。


水槽の大きさ

単独飼育であれば30cmの水槽でも十分飼育可能です。

ただし成長すると最大で体長が15cm以上になるため、将来的なことを考えると60cmの水槽は必須です。

また性格が非常にキツいため、他の海水魚と混泳をさせる場合はある程度大きな水槽が必要になります。水槽が小さいと他の海水魚をいじめてしまう可能性がありますので、大きめの水槽を用意しましょう!

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

ヤマブキスズメダイは非常に性格のキツい海水魚です。

ハタタテダイなどの性格のおとなしい海水魚はもちろんのこと、身体が小さい海水魚もいじめられてしまことが非常に多いです。

ヤマブキスズメダイと他の海水魚を混泳させるのであれば、基本的にはヤッコ類やナンヨウハギなどの身体の大きな海水魚と混泳させることが望ましいです。

もしおとなしい海水魚と飼育したい場合は、ライブロックをたくさん組んで、隠れられるな所をしっかり作ることが大切です。

同種混泳

基本的には複数飼育はNGな種です。

ヤマブキスズメダイは幼魚の頃は比較的おとなしいのですが、成魚になるにつれて性格がきつくなり、縄張り争いを起こすようになります。もし複数飼育をするのであれば、必ずペアまたは5匹以上で飼育するようにしましょう。

その他のスズメダイと混泳させる場合も注意が必要です。デバスズメダイなどの比較的おとなしいスズメダイはいじめられてしまうことが多く、ルリスズメダイなどの性格のキツいスズメダイと混泳させる場合、身体の小さい方がいじめられてしまう可能性が高いです。

基本的には同種以外のスズメダイと混泳させるのは避けるようにしましょう。

サンゴとの混泳

サンゴとの混泳は基本的に問題ありません

スズメダイはハードコーラルと飼育されることが多く、特にSPSと飼育する方が非常に多いです。ヤマブキスズメダイもその例外にもれず、ミドリイシなどのサンゴと飼育されることが多いです。

ヤマブキスズメダイはサンゴに食害を及ぼしませんので、安心して混泳させることができます。ただしサンゴの中には周りを激しく泳がれるのを嫌がるサンゴもいますので、そういった種類のサンゴとの混泳は避けるようにしましょう。

サンゴについての基本的な情報はこちらをご覧ください。


 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます

餌付けも簡単で、比較的なんでも食べる種なのでエサはあまりこだわらなくても大丈夫です。強いて言うならメガバイトレッドなどの動物食性のエサをあげるといいでしょう。

基本的にはなんでも食べてくれますので、もしエサを食べない場合は飼育環境に問題があることが多いです。病気にかかっている可能性もありますので、飼育環境の見直しをしてみてください。

 

病気

病気には非常に強いです。

基本的にはあまり病気にはかからず、白点病にも強い種です。環境が悪化しても病気にかかることがないため初心者の方でも安心して飼育することができます。

ただしあまりにも飼育環境がひどいと病気にかかってしまうこともありますので、十分飼育環境には配慮しましょう。


まとめ

最後にヤマブキスズメダイについてまとめたいと思います!

値段  400円~
水温  25℃
水槽  30cm~
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は綺麗な白の体色が特徴のヤマブキスズメダイについてお話をしました!

写真を見てもらうとわかる通りヒレが黄色いのですが、繁殖期に近いオスはヒレが青みがかります。その姿も非常に美しいですので、もしショップでヤマブキスズメダイを見かけることがあったらヒレの色を確認してみてください!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. スミレヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. フウライチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. テンツキチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. テングカワハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  6. ゴマハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  8. アカハラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…