ミツボシクロスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はシックな見た目が美しいミツボシクロスズメダイについてお話したいと思います!

名前の由来は『真黒な体色に3つの白い点がある』という見た目から来ています。スズメダイ種ということもあり、非常に丈夫な種なので初心者の方でも簡単に飼育することができます。

またミツボシクロスズメダイの特徴として、幼魚の頃はクマノミ同様にイソギンチャクと共生するところです。共生するイソギンチャクはサンゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクが多いようで、カクレクマノミとイソギンチャクの好みが似ている傾向があります。

ただし成魚になるとイソギンチャクには入らなくなりますので、イソギンチャクと共生する姿を目的として飼育するとあまり納得した飼育ができないかもしれません。



 

ミツボシクロスズメダイの購入

ルリスズメダイはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

個人的にはミツボシクロスズメダイについてはネット購入の方をオススメしたいと思います。他の魚に比べて丈夫なため、輸送途中で弱って☆になってしまう確率もかなり低いので、ネット購入でも安心できます。

見た目も特徴的なものもないため、細かい見た目にこだわらない方はネット購入の方が安い場合が多いですのでオススメです。

 

ミツボシクロスズメダイの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  450円
 ショップ購入   700円

やはりネット購入の方が安いです。

ミツボシクロスズメダイはルリスズメダイ種のため、成魚になると縄張り争いで喧嘩をするようになるため、水槽が90cm以上ない限りは1匹または2匹のみの購入に抑えましょう。

ただしライブロックをうまく組むことができれば60cm水槽でも5匹くらい飼育することもできますので一概には言えません。現在の飼育環境に合わせて購入するようにしましょう。

 

水温・水質

最も好む温度は24℃です。

ミツボシクロスズメダイは飼育環境の変化に強い種なので夏場は30℃近く、冬場は22℃くらいになっても体長を崩すことはほとんどありません

ただし耐えられるだけで快適というわけではありませんので、他の海水魚と同様、25℃前後をしっかり保てるように気を付けましょう。


水槽の大きさ

小さいスズメダイであれば30cm水槽で充分飼育可能です。幼魚の場合は複数飼育しても良いでしょう。

ただし、成魚になると性格がキツくなり、縄張り意識が高くなるため、喧嘩をし始める前にできれば60cm以上の大きな水槽を用意し、多めのライブロックを用意してあげるようにしましょう。

最大で10cmほどに成長しますので、そのことも考慮に入れて水槽の大きさと飼育数を決めるようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

幼魚の頃は比較的おとなしいですが、成魚になると身体の小さい種や臆病な性格の子にはガンガン追いかけまわします。さらに程度縄張りができてしまうと、大型種にさえ攻撃を仕掛けることがあります

混泳する場合はヤッコ類やハギ類など、比較的身体の大きな海水魚が望ましいでしょう。

同種混泳

複数飼育はNGです。

繰り返しになりますがミツボシクロスズメダイは成長すると縄張り意識が強くなるため、喧嘩をしてしまいます。もし複数飼育するのであれば2匹までにしておきましょう。それ以上の飼育は避けるのが無難です。

もしそれ以上飼育数を増やすのであれば、水槽を大きくする、ライブロックを増やすなどの工夫が必要です。

サンゴとの混泳

全く問題ありません

SPSのサンゴと混泳させる方は非常に多いようです。ただしサンゴによっては、海水魚の激しい遊泳にストレスを受けてしまう種もいますので注意しましょう。

サンゴに食害を及ぼすことはありませんので、サンゴとの混泳はオススメできる種です。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

非常に餌付けも簡単なため、水槽導入初期から人工エサをあげてもすぐに食べてくれるようになるでしょう。

オススメのエサはメガバイトレッドまたはマリンアクアリウムショップで販売しているオリジナルのエサがいいと思います。

 

病気

全くと言っていいほどかかりません

非常に病気には強い種なので、水質変化や水温変化が起きてもほとんど動じることもなく、元気に泳いでいます。

ただし長期間飼育環境が悪位状態が続くと病気にかかってしまうこともありますので注意しましょう。


まとめ

最後にミツボシクロスズメダイについてまとめたいと思います!

値段  450円~
水温  24℃
水槽  30cm
協調性  ★☆☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメなミツボシクロスズメダイについてお話しました!

実はミツボシクロスズメダイの見た目は成魚になるにつれて白い点が薄くなってしまい、点が消えてしまうことが多いようです。購入してすぐに消えてしまうことはないでしょうが、将来的には消えてしまうことが多いため、少し残念ですね。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. フエヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ハリセンボンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. トゲチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. チンアナゴの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. シリキルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. テングカワハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ミズタマハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. チョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…