ミズタマハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はハゼの仲間でエラブタ部分にある青色の水玉模様が特徴的な『ミズタマハゼ』についてお話をしたいと思います。

ミズタマハゼはアカハチハゼと同様に『ベントス食性』を持つハゼとして有名です。ベントス食性とは底砂に住む微生物を食べる習性であり、その過程で底砂が混ざるため、底砂に付着したコケも合わせて処理をしてくれます。

もしベントス食性を目的としてミズタマハゼを飼育するのであれば、底砂はパウダー状の細かいタイプのものを敷いてあげるようにしましょう。



 

ミズタマハゼの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます。

ミズタマハゼは比較的丈夫な種のため、ネット購入でも輸送中に弱ることはあまりありませんので、どちらで購入しても問題ありません。

注意すべきは身体の大きさでしょう。後ほど詳細をお話しますが、サンゴを飼育している場合は体長5cm前後の個体を購入するようにしましょう。

 

ミズタマハゼの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,200円
 ショップ購入   1,800円

比較的安価で入手できるようです。

特徴的な模様があるわけではありませんので、もしあまり見た目にこだわらないという方はネット購入でもいいでしょう。

身体の大きさで値段が変わることもなく、基本的には上記の金額で購入することができます。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

比較的水温変化、水質変化には強い種ですが、夏場などの温度が上がりがちな季節は注意しなければ病気になってしまったり、最悪死んでしまったりしてしまうことがあります。

私の経験上、スズメダイ同様非常に丈夫な種なので、初心者の方にもオススメできる種であり、立ち上げ初期から入れることもできる種であると思います。


水槽の大きさ

30cmの水槽をでも飼育することが可能です。

体調は最大で20cmくらいまで成長する種ですが、飼育環境に合わせて成長しますので、水槽内ではそこまで大きくなりません。だいたい10cm前後までしか成長しませんので30cm水槽でも飼育は可能です。

ただし他の海水魚と混泳させるのであれば、できるだけ大きな水槽を用意した方がいいと思います。できれば60cmの水槽は用意した方がいいと思います。

 

混泳

他種混泳

通常の海水魚との混泳は問題ありません

ただしライブロック付近に住処をつくる海水魚(デバスズメダイなど)との混泳は注意する必要があります。ミズタマハゼもライブロック付近に巣穴をつくる習性があるため、縄張り争いで喧嘩してしまうことがあります。

もしそういった海水魚と混泳させるのであれば、複数ライブロックを置いて縄張りが被らないように配慮してあげてください。

同種混泳

基本的に複数飼育はNGな種です。

ミズタマハゼだけでなく、ベントス食性を持つアカハチハゼやヤエヤマギンポなどの底生性の海水魚との混泳は、水槽内で複数飼育をすると喧嘩をしてしまうので避けるようにしましょう。

もし混泳をするのであれば、ライブロックなどを使用して隠れられる場所をしっかり作ってあげることが大切です。

サンゴとの混泳

サンゴとの混泳は問題ありません

ただし食害を及ぼすことはありませんが、ベントス食性による悪影響をサンゴに与える可能性があります。

先ほど簡単に体長について注意すべき点をお話をしましたが、体長の大きいミズタマハゼは砂を口に含んだまま遊泳をする(ホバリング)ことがあり、その砂がサンゴにかかってしまうとそこからサンゴにダメージを与えてしまうため注意が必要です。

もしサンゴと飼育するようであれば5cm前後の個体を購入するようにしましょう。

サンゴについての基本的な情報はこちらをご覧ください。

 

エサ

冷凍エサもエサも人口エサも好んで食べます

人工エサにも非常に餌付きやすいので、初心者の方でも簡単に餌付かせることができます。

ただしミズタマハゼはベントス食性であるため、基本的には底砂の微生物と残り餌だけで生きていくことができます。

 

病気

病気にも比較的強い印象です。

ただし水槽への導入初期は病気にかかりやすいですので、最初の一週間はしっかり様子をみてあげましょう。さらに底生性の海水魚と混泳させてしまうとそこからくるストレスから病気になってしまうこともありますので、注意しましょう。


まとめ

最後にミズタマハゼについてまとめたいと思います!

値段  1,200円~
水温  25℃
水槽  30cm~
協調性  ★★★★☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回はとても綺麗な体色をしたミズタマハゼについてお話をしました!

ミズタマハゼは丈夫なため、初心者の方にもオススメできる種です。また初心者の方が悩まされるコケの処理もしてくれる習性を持つため、これから海水魚飼育を始める方は是非飼育をしてみてください!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. サルファーダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  4. スプリンガーズダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. キーホールエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. スミレヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ナメラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. チャイロヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…