マメスナギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はサンゴの中でも非常に有名な『マメスナギンチャク』についてお話をしたいと思います!

マメスナギンチャクは同じ刺胞動物門花虫網に属するイソギンチャクに近い生態をしており、サンゴなのにイソギンチャクのような扱いづらさがあるので注意が必要です。



 

マメスナギンチャクの分類

マメスナギンチャクはサンゴの中のソフトコーラルと呼ばれる区分に分類されます。

ソフトコーラルは初心者向けのサンゴとしてオススメできるものが多く、飼育が比較的簡単なものが多いのが特徴です。しかしここで注意すべき点は、ソフトコーラルに区分されているものでも種別ごとに好みの光の強さや水流が異なることです。

サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

マメスナギンチャクの購入・値段

マメスナギンチャクはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ソフトコーラルは比較的水温変化や水質変化に強いですので、ネット購入でも問題ないでしょう。値段は以下の通りになります。

ネット購入 1,500~9,000円
ショップ購入 2,500~10,000円

マメスナギンチャクは個体の大きさや色合いによって大幅に値段が変わります。

マメスナギンチャクは特にカラーバリエーションによる値段の変化が大きく、キレイなオレンジ色をしたものなどは10,000円近くするものが多いです。

購入時はポリプが大きく咲いているものを選ぶようにしましょう!またポリプがたくさん密集しているものを選ぶのがいいでしょう!

水槽導入直後はポリプが閉じてしまうことがありますが、水槽環境に問題が無ければ1日足らずですぐに咲いてくると思いますので、気長に待ちましょう。


 

 

マメスナギンチャクの飼育環境

ではマメスナギンチャクの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的強い種です。

そのため比較的小さな水槽でも飼育可能で、45cm〜60cmの水槽で飼育可能です。

ろ過システムも外部フィルターでも十分対応できますので、初心者の方にもオススメです。ただし上部フィルターや外掛け式ではろ過不足に陥りやすいので、最低でも外部フィルターは用意するようにしましょう!

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

非常に強い光が必要です。

ソフトコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。マメスナギンチャクを飼育する上で一番大切なのが、この照明です。

マメスナギンチャクの飼育難易度自体はあまり高くありませんが、光が弱いとポリプがどんどん小さくなってしまい、購入当初の美しい姿ではなくなってしまします。

マメスナギンチャクを飼育する場合は、最低でもLED2灯、またはメタハラを使用することをオススメします。

 

水流の強さ

やや強い水流が望ましいでしょう

マメスナギンチャクは表皮に汚れが溜まることはあまりありませんが、ポリプに隠れている土台部分に汚れが溜まることがありますので、水流ポンプを購入して、ランダムな水流を水槽内に作ってあげるとよいでしょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は基本的には必要ありません。

ただし光合成で十分な栄養を得られない場合は、色落ちしてしまったり、ポリプが小さくなってしまったりすることがありますので、できれば1週間に1回程、給餌をするとよいでしょう。

ポリプがずっと閉じてしまっている場合やポリプが少なくなってきてしまう場合は、水質悪化と必要元素の不足が考えられますので、もし水替えをして硝酸塩やリン酸塩がゼロ近くなっても戻らない様であれば、栄養添加剤を付加してあげるといいと思います。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではマメスナギンチャクの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□□□■■■
光の強さ  □□□□□□■■■
水流の強さ  □□□■■■■□□□
給餌の必要性  □■■■□□□□□
飼育難易度  □■■■□□□□□

 

 

カラーバリエーション

非常に種類の多い個体です。

サンゴの中でも1位、2位を争うほどの豊富なカラーバリエーションを持ちます。

一般的な色はグリーンですが、ブルーやオレンジ、レッド、パープル、そしてそれらが混在したマメスナギンチャクもあります。購入する際は今飼育されている海水魚やサンゴに合わせて購入するのが良いでしょう。

最近では中国産のマメスナギンチャクが非常に人気で、色合いが非常にキレイな個体が多いので是非一度アクアリウムショップなどで見てみてください!



 

毒性

強い毒を持っています。

基本的には触っても大丈夫ですが、アレルギーを持っている方は手が荒れてしまう可能性もあるので、ビニール手袋などを使うのが良いかもしれません。

また他の毒性の弱いサンゴに接触してしまうとダメージを与えてしまう可能性がありますので、設置する場所は充分注意が必要です。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコからは食害を受けてしまいますが、多くの海水魚と混泳できます。

ハギ類やその他の海水魚からは食害を受けることはまずないと思いますので、混泳しても大丈夫でしょう。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。

 

 

おわりに

さてさて今回はソフトコーラルの一種、マメスナギンチャクについてお話をしました!

初心者の方にも比較的飼育しやすい種類だと思いますので、これからサンゴ飼育を考えている方にはオススメできる種ではありますが、飼育する場合はメタハラなどの照明を揃えてから購入したほうが良いと思います。










関連記事

  1. アザミハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  2. ハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. スコリミアの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. ハナガササンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  5. バブルコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. ウミキノコの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. トゲサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

  8. キクメイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…