プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

どうもヤスです!

今回は群泳する姿が非常に美しいプテラポゴン・カウデルニーの紹介をしたいと思います!

プテラポゴン・カウデルニー(以下プテラポゴン)はマンジュウイシモチと同様に非常におとなしい海水魚で、水槽を泳ぎまわるのではなく、水槽の中で浮かんでいるようなゆったりとした性格の持ち主です。そのため他の海水魚に害を与えることはなく、混泳に非常に向いている種であると言えます。

プテラポゴンは海水魚の中でも数少ない群泳可能な種で、大きい水槽で群泳をさせたプテラポゴンは目を見張るものがあります。

今回はそんなプテラポゴンについてご紹介したいと思います!

 

チャーム本店アウトレットセール
 

プテラポゴン・カウデルニーの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

プテラポゴンの場合、非常に丈夫なのでネット購入でも問題ないと思います。特に見た目で気をつけないところもないと思うので、細かい見た目にこだわらなければネット購入がオススメです。

プテラポゴンはショップ入荷も多い種ですので、直接ショップに行って購入するのもいいかと思います。大きさや細かい見た目にこだわる方はショップでの購入をオススメします。

 

プテラポゴン・カウデルニーの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,200円
 ショップ購入   1,500円

ネット購入の方が安価ですね。

ただ私の所感ですが、ショップでも比較的セールをやっていたりするので、1000円以下で購入できることもある気がします。

ネット購入の場合は基本的にセットでの販売が多く、セット購入することで1匹あたりの単価を抑えて購入することができます。購入数を増やせば増やすほど購入単価を抑えることができますので、群泳を考えている方にはネット購入がオススメです。

もし複数購入する際は基本的に4匹以上で購入することをオススメします。3匹だとペアリングした際に残りの1匹がいじめられてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

プテラポゴンは環境変化には比較的強い種のため、多少の温度変化や水質変化は問題ありません。

ただし水質が悪化してしまうと動きが鈍くなり、餌を食べなくなる傾向があるためすぐに衰弱してしまう可能性があります。

アンモニアや亜硝酸塩などはもちろんのこと、硝酸塩などの物質が蓄積しないように定期的な水換えを行うようにしましょう。


 

水槽の大きさ

単体であれば30cm水槽でも十分飼育可能です。

基本的にはあまり動かない種ですので、あまり水槽の大きさは気にせずに飼育することができます。そのため1〜2匹程度であれば30cm水槽でも飼育することが可能です。

ただし群泳をさせる場合はある程度大きめの水槽が必要です。以下の表を確認して水槽の大きさに合わせて飼育数を選ぶようにしましょう。

水槽の大きさ 飼育数
30cm 1〜2匹
45cm 4〜5匹
60cm 5〜6匹
90cm 7〜10匹

 

混泳

他種混泳

非常に混泳に向いています

マンジュウイシモチ同様に他種にちょっかいを出すことはほとんどありませんので、ほとんどの海水魚と混泳させることができます。

ただし非常におとなしい性格のため、逆に性格のキツい海水魚にはいじめられてしまうことがあります。性格のキツい種の多いヤッコ類やスズメダイ類との混泳には注意が必要です。

混泳させるのであればハナダイ系などのおとなしい海水魚を選ぶようにしましょう!

同種混泳

非常にオススメです

先にご説明した通り、プテラポゴンは海水魚の中でも数少ない群泳が可能な種です。またおとなしい種のため飼育するための水槽の大きさを選ばないため初心者の方でも簡単に群泳をさせることができます。

ただし混泳させる際は必ず2匹または4匹以上で飼育するようにしましょう。3匹で飼育してしまうとペアリングした際に残りの1匹がいじめられてしまう可能性がありますので注意が必要です。

プテラポゴンは見た目は非常に美しいこともあり、群泳することでよりその美しさが引き立ちます。すでに60cm以上の水槽をお持ちの方はぜひ一度群泳させることをオススメします!

サンゴとの混泳

全く問題ありません

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。海水魚よりもサンゴとの混泳に向いている種であると言えるでしょう。

ただし群泳をする場合は水質を汚すスピードが速くなりますので、できれば水質耐性の強いソフトコーラルと混泳させるのがいいでしょう。

 

エサ


人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます。

はじめは沈んできた餌をメインに食べますので、沈降性のエサを与えるようにしましょう。

スズメダイなどの勢いよくエサに食いつく種と混泳している場合はエサが行き渡らない可能性もありますので、多めのエサをいっぺんに入れるか、スポイトで底砂付近に与えるのもひとつです。

飼育環境に慣れてくると底に落ちたエサを砂ごと体内に取り込み綺麗にしてくれます。

 

病気

病気には比較的強い種類です

スズメダイほどではありませんが環境変化にも強いため、病気にもかかりにくいようです。

ただしあまりにも飼育環境がひどかったり、ヒレに傷を負っていたりすると、菌が体内に侵入してしまい白点病などになってしまうこともあります。

丈夫であるとはいえ、水質には十分注意を払い元気に飼育できるように心がけましょう!


 

まとめ

最後にプテラポゴン・カウデルニーについてまとめたいと思います!

値段  1200円
水温  24℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は群泳する姿が非常に美しいプテラポゴン・カウデルニーの紹介をしました!

マンジュウイシモチや今回ご紹介しましたプテラポゴンは群れで生活する種ですので、単独で飼育するのではなくプテラポゴンを安心させるためにも群泳させることをオススメします。

水槽の大きさに余裕がある方やこれから海水魚を選ぼうと思っている方はぜひプテラポゴンを複数で飼育してみてください!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 

関連記事

  1. マルチカラーエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. チンアナゴの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. フエヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. チリメンヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ミズタマハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ギンガハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. フタイロカエルウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!