バイカラードティーバックの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです。

今回はニセスズメダイの仲間の『バイカラードティーバック』という魚についてお話をしたいと思います。
この魚の体表は身体のちょうど真ん中で色が紫色と黄色の2色に分かれており(バイカラー)、水槽内で非常に目立つ見た目をしています。

飼育自体は比較的簡単であるため、初心者の方でも飼育可能な種です。ただしニセスズメ系を飼育する際は同種混泳はNGなど、いくつか注意なければならない点がありますので、今回の記事を確認してから飼育して頂ければと思います。



 

バイカラードティーバックの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

バイカラードティーバックは非常に丈夫な種なのでネット購入でも問題ないと思います。

もしバイカラードティーバックを講習する際、1匹だけ購入するのであればショップ購入が良いと思います。輸送中に弱ることなどはありませんのでネット購入でも問題はありませんが、ネット購入の場合送料がかかってしまうことがあるので割高になってしまうことがあります。

 

バイカラードティーバックの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  800円
 ショップ購入   1,500円

 

バイカラードティーバックは比較的安価な価格で手に入れることができます。この値段と美しい見た目から非常に人気な種のため、ネットでもショップでも結構品薄なことが多く、欲しいと思ってもなかなか手に入らないことが多いようです。

購入する際は色がきれいに輝いているものを選び、餌をしっかり食べている個体を選びましょう。ニセスズメダイ同士の混泳は同種他種問わず避けた方が良いので、別々の水槽で飼育しない限り複数購入はやめましょう。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

アレンズダムセルは水温変化には非常に強い種です。適温は25℃ですが、夏場28℃前後の水温になっても元気に泳いでいました。ただしスズメダイほど丈夫な印象はありませんので、できればクーラーまたはヒーターを使用し適温に保てるようにしてください。

また水質変化にも非常に丈夫な種が多く、多少硝酸塩や亜硝酸塩が検出されたところで影響を及ぼすことはまずありません。もちろんそういったものは少ないに越したことはありませんので、水換えなどをしっかり行い、水質をきれいに保てるようにしましょう。


水槽の大きさ

30cm水槽でも十分飼育可能です。

他の魚をあまり入れないのであれば30cm水槽でも問題なく飼育できます。レッドシーの30cm規格のオーバーフロー水槽であればサンゴを一緒に飼育させることもできます。

ナンヨウハギやツノダシなどの比較的体の大きな海水魚と混泳させるのであれば最低でも60cm以上の水槽を用意するようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

他種混泳については、スズメダイ系(特にルリスズメやアレンズダムセルなどのライブロック付近に住処を作る種)は避けるようにしましょう。比較的体の大きな海水魚(10cm前後)であれば問題なく混泳させることができます。

ただし性格の強いヤッコなどには追いかけまわされたりすることもありますので、ライブロックなどを使用して隠れられるスペースを作ってあげることが大切です。自然界でも基本的には岩場の隙間などを住処とすることが多いですので、同様の環境を作り出してあげることでストレスなく飼育することができます。

同種混泳

ニセスズメダイ同士の混泳は厳禁です

種類としては『オーキッドドティーバック』『カンムリニセスズメ』『クレナイニセスズメ』などが挙げられます。これらの種と混泳してしまうと、どちらかが死ぬまで喧嘩をしてしまうことがあります。

ライブロックなどを大量に組み、隠れられる場所が豊富にあるのであれば混泳できなくもないと思いますが、基本的には混泳NGな種なので避けましょう。

サンゴとの混泳

基本的にはどのサンゴの種とも混泳させることができます

ただしSPSなどの水質に敏感な種との混泳は避け、ソフトコーラルやLPSなどと一緒に飼育することをオススメします。

サンゴについての記事はこちらをご覧ください。


 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます。

餌付けは非常に簡単で、比較的すぐに餌は食べてくれるようになります。もし餌を食べてくれない期間が長く続くようであればエビが大好物なので、ブラインシュリンプなどの生エサを入れてみると食べてくれるかもしれません。

それでも食べてくれない場合は混泳させている魚におびえて出てこれなかったり、水質の悪化が懸念されますので、飼育環境を見直す必要があると思います。

 

病気

病気にはほとんどかかりません

ただし水槽への導入初期には白点病に気をつける必要があります。飼育環境の変化と混泳させている魚からのストレスでかかってしまうこともありますので、最初の1週間は様子を見た方が良いでしょう。


まとめ

最後にバイカラードティーバックについてまとめたいと思います!

値段  800円~
水温  25℃
水槽  30cm~
協調性  ★★☆☆☆
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方にも非常にオススメなバイカラードティーバックについてお話ししました!

バイカラードティーバックは初心者の方にもオススメできる非常に綺麗な種ではありますが、混泳については注意をする必要があります。

とにかくニセスズメダイ系との混泳は絶対に避け、おとなしめでライブロックに住み着く習性のない海水魚と混泳させるようにしましょう。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. タテジマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. クロユリハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ヒフキアイゴの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. パープルタンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. デバスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. テングカワハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. キャメルシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…