ハリセンボンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

さて今回は皆さんも良くご存知の海水魚『ハリセンボン』についてお話をしたいと思います。

皆さんハリセンボンって知ってますよね。子供の頃に「はりせんぼんの〜ます♪」って歌が流行ったと思いますが、その針を実際に持っているのがこの海水魚です。でも実際には300〜400本くらいしかないので現実は少し少なめなんですよね。

さてそんなハリセンボンですが、実はいつも上の写真のように膨らんでいるわけではありません。普段は針をたたんでいるので、通常のフグと同じような見た目をしています。下の写真が普段のハリセンボンです。

どうですか?かなり意外な見た目をしていると思いませんか?

これが驚いたり威嚇したりすると下の写真のようになるんです。 ちなみに膨らむ時は水を吸って大きくなるため、大きくなるのは見た目だけではなく重量も相当なものになります。


すごいかわいいですよね。

ハリセンボンは主人を認識して懐くことも良くあるようなので、飼育するとより可愛く思えるかもしれませんね。 さてそんなハリセンボンの飼育方法についてお話をしたいと思います。



 

ハリセンボンの購入

ハリセンボンはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ハリセンボンについてはショップ購入とネット購入どちらでも大丈夫です。ただし病気に非常に弱いため、輸送中にストレスを感じてしまい、水槽に導入した際に白点病にかかってしまうこともありますので、もし可能であればショップ購入が望ましいでしょう。

購入の際は必ず健康な状態かを確認してから購入するようにしましょう。

 

ハリセンボンの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  2,800円
 ショップ購入   3,500円

以外と安いと思います。

ハリセンボンは入荷時通常の海水魚同様に小さい個体が多く、3〜5cmくらいの個体が多いです。大きめも稀にいますが、大きい個体は非常に重量もあるため、ショップ購入の際はできるだけ小さい個体を購入することをオススメします。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

ハリセンボンは比較的丈夫な種のため、ある程度の水質・水温変化で弱ることはありません。ただし大幅に悪化すると白点病にかかってしまうことがありますので、水質チェックはこまめに行い、ストレスを感じないような環境を作ってあげるようにしましょう。

逆にハリセンボンは非常に海水を汚す生き物なので、ハリセンボンを水槽に入れた場合は頻繁に水質チェックを行い、汚れていたら水換えを行うなど、清潔な海水を保てるようにしましょう。


水槽の大きさ

少なくとも90cm水槽は用意する必要があります

ハリセンボンは最大で30cm以上にもなる海水魚ですので、90cm水槽以下の大きさだと小さすぎます。また他の海水魚とは異なり、非常に成長スピードが速いため、購入当時は5cmくらいでもいつの間にか20cm以上に成長してしまいます。

また大量のフンをするため、水質悪化を起こすスピードも非常に速いです。水量が少ないとすぐに海水が汚れてしまうため、水量の多い大型水槽を使用し、かつろ過能力に長けたオーバーフロー水槽を使用することをオススメします。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です。

ハリセンボンは非常に気の強い海水魚のため、他の海水魚に攻撃を仕掛けてしまうことが多いです。さらに攻撃を仕掛けるだけではなく、身体の小さなハゼ、クマノミ、チョウチョウウオ、ベラ、無脊椎類(エビ、カニ 貝類)、ヤッコは大概食べてしまいます。口も大きく歯が非常に丈夫なため、食べられるものはなんでも食べてしまいます。

身体が大きい海水魚には攻撃を仕掛けることはあまりありませんが、結局少しすると大体の海水魚よりも身体が大きくなりますので、できれば単独飼育が望ましいです。

同種混泳

複数飼育は避けましょう

基本的に喧嘩をすることはなく、ちょっかいを出す程度ですが、混泳は避けたほうが無難です。1匹でさえ水質悪化のスピードが速いのに、複数飼育をするとさらに悪化スピードが増します。

水質改善に慣れている方以外は複数飼育をするとすぐに水質が悪化してしまい、死なせてしまいます。できれば単独飼育をするようにしましょう。

サンゴとの混泳

混泳NGです

サンゴを食べてしまいます。基本的にハリセンボンは口に入る生き物であれば大概食べてしまいます。また水質悪化に敏感なサンゴは水質悪化を巻き起こすハリセンボンとの混泳は向きません。リーフタンクにハリセンボンを入れることは避けましょう。

 

エサ

餌付けは難しいとされています。

水槽導入時には人工エサに餌付くことはあまりありません。はじめはクリルなどの乾燥エビをあげるといいでしょう。それ以外にもカニやアサリなども好きなので、生きたまま入れてもすぐに食いつきます。

クリルなどを入れて餌付いてきた頃に大きめの人工エサも混ぜてあげると少しずつ食べてくれるようになります。

またエサを食べない時は水質悪化や体調悪化が原因だと思ってください。ストレスを感じるとエサを食べなくなります。非常に気分屋の海水魚ですので、飼育環境には気をつけて飼育するようにしましょう。

 

病気

様々な病気にかかりやすいです

白点病やリムフォシスティス病には非常にかかりやすく、水槽導入初期には顕著に現れます。

ハリセンボンにはウロコがないため、すぐに病気に感染してしまい、進行するスピードも他の海水魚に比べて速いようです。そのため放置していても良くあることがありませんので、白点を確認した場合はすぐに対処するようにしましょう。

水換え治療とオキシドール治療を併用して、水換え治療については2日に1回行い、1/3ずつ交換するようにしましょう。


まとめ

最後にハリセンボンについてまとめたいと思います!

値段  2,800円~
水温  25℃
水槽  90cm
協調性  ★☆☆☆☆
餌付け  ★★☆☆☆
病気耐性  ★★☆☆☆
飼育難易度  ★★★★☆

 

おわりに

さて今回はハリセンボンについてお話をしました!

ハリセンボンは自分で海水を汚すにもかかわらず水質悪化に厳しい海水魚のため、初心者の方が飼育するには少し難しいと思います。また飼育設備も大型のものを用意しなければならないため、初期費用もバカになりません。

また自分で膨らんでおいて上手に空気が抜けず、中途半端にぷっくりしていることがあります。その場合はつついてわざと怒らせて膨らませ、水を抜かせてあげるようにしましょう。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. チリメンヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ツノダシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ブラックオセラリスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. アカネハナゴイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. アミメチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. パープルタンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. フタイロカエルウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. チョウハンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!