ハタゴイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】





どうもヤスです!

今回はカクレクマノミと非常に相性のいい『ハタゴイソギンチャク』についてお話をしたいと思います。

ハタゴイソギンチャクは水族館などでもよく展示されているイソギンチャクで、クマノミと共生している姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。共生するその姿は非常に美しく、この姿を見るためにマリンアクアリウムを始める方もいるくらいです。

ただしこのハタゴイソギンチャクですが毒性が非常に強く、毒性の弱いサンゴやイソギンチャクが接触してしまうと死んでしまうことがあります。また私たち人の皮膚にもその毒が影響してしまうことがあり、移動させる際などビニール手袋などを使用してさわる必要があります。



 

ハタゴイソギンチャクについて

ハタゴイソギンチャクは他のイソギンチャクとは違い、触手が非常に短く、細いのが特徴です。その触手は非常に粘着性が高く、手で触るとくっついてしまい無理やり剥がすと千切れてしまうことがありますので扱いには注意が必要です。

そんな触手が大量に生えたモコモコのイソギンチャクにカクレクマノミが体を埋めて隠れます。カクレクマノミは他のイソギンチャクとも共生をしますが、見栄えが一番いいのはハタゴイソギンチャクとの共生な気がします。

カラーバリエーションは比較的多く、パープル系やグリーン系、ブラウン系などさまざまな色が存在します。

 

ハタゴイソギンチャクの購入・値段

ハタゴイソギンチャクはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハタゴイソギンチャクが比較的丈夫な種ではありますが、できればショップで直接購入した方がいいかもしれません。他のイソギンチャクにも言えることですが、特にハタゴイソギンチャクを長期飼育するために大切なことは初期状態を確認することです。

外国産のハタゴイソギンチャクは薬物採取されていることが多く、薬物採取された個体は短期で死んでしまうことがほとんどです。外国産は国産に比べると価格が圧倒的に安いですがハタゴイソギンチャクは高いお金を出してでも国産の状態のいい個体を購入することをオススメします。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 6,500~45,000円
ショップ購入 5,500~60,000円

イソギンチャクの中では最も高価な部類の種です。

外国産の個体でも5,000円以上する個体がほとんどのため、決して安く手に入る種ではありません。また繰り返しになりますが外国産は短期で死んでしまうことが非常に多いですので、繰り返し購入することを考えると非常に高くついてしまいます。

ハタゴイソギンチャクを購入する方は国産を購入する方がほとんどで、ショップで国産のハタゴイソギンチャクが入荷するとすぐに売れてしまうくらい国産は人気です。ネットでも10,000円〜20,000円くらいの価格の国産はすぐに売れてしまうことがほとんどなので、お気に入りの国産の個体が見つかった際はすぐに購入することをオススメします。

外国産のハタゴイソギンチャクは一見元気そうに見える個体でも薬物採取をした個体はすぐに弱ってしまうため、必ず国産のハタゴイソギンチャクを購入するようにしましょう。


 

ハタゴイソギンチャクの飼育環境

ハタゴイソギンチャクの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

水質耐性

水質に敏感な種です。

飼育環境はオーバーフロー水槽での飼育が基本になります。クマノミを数匹だけ飼育するのであれば、外部フィルターでも問題なく飼育することができます。

特に硝酸塩の蓄積には注意が必要で、長期育成するためには常に海水を清潔に保つ必要があり、硝酸塩やリン酸塩はほぼゼロに抑える必要があります。

そのためプロテインスキマーは必須だと思ってください。できれば内部式プロテインスキマーの設置が理想ですが、難しければマメスキマーとタンパク質除去マットを合わせて使用する形でも飼育はできます。

60cm未満の水槽であればギリギリマメスキマーだけでも飼育できると思いますが、ショップの店員さん曰くマメスキマーでは昨日不足な点もあるそうなので、その際は海水魚は1〜2匹程度に抑え、2週間に1回は水換えをするようにしましょう。

光の強さ

比較的幅広い光量に対応することができます。

基本的には20W前後のLED照明を2灯ほどあれば十分飼育可能です。またLED照明でなくても蛍光灯でも飼育可能で、蛍光灯の場合は20Wの蛍光灯を3本ほど設置するといいでしょう。

人によってはブルー系統の照明だけで1年以上飼育した方もいらっしゃるようなので一概には言えませんが、オススメはブルー系とホワイト系を両方用意した方がいいと思います。

ただし国産のハタゴイソギンチャクは比較的強めの照明を好む傾向がありますので、メタハラまで用意する必要はありませんが基本設備は整えた上で、触手が縮んでしまったりした場合は追加で照明を設置してもいいかもしれません。

 

水流の強さ

弱めの水流をランダムに起こすようにしましょう

強い水流はストレスになってしまうことが多いです。触手全体が軽く揺れる程度の波を起こせるように水流ポンプをセットしましょう。ただし中には強めの水流の中で飼育している方もいらっしゃるので一概に弱い水流がいいとは言い切れない部分もあります。

あまりにも水流が弱いとそれはそれで弱ってしまう原因になってしまうこともありますので注意しましょう。水槽へ導入した際は弱すぎるかな、と思うくらいの水流で初めて少しずつ強くしていくのがいいと思います。

大型のイソギンチャクは水流が原因で弱ってしまうことが非常に多いです。全体的にしっかりと揺れるように水流を設定しないとストレスを感じてしまい、弱ってしまうことが非常に多いです。

イソギンチャクの状況を確認して、少し嫌がっているような様子が確認できるようであれば水流の向きを変えたり、強さを変えてみるといいでしょう。

 

給餌の必要性

基本的には与える必要はありません

イソギンチャクは体内に褐虫藻を飼育しており、褐虫藻が光合成で得るエネルギーを利用して生きています。そのため光が適切な強さであれば餌はあげる必要はありません。

触手が縮んで戻らない場合は、栄養が足りていないことが原因の場合が多いですので、その際は光を強くするなど工夫をしてみましょう。それでも戻らない場合はエビやアサリのむき身などを細かく刻んで与えるようにするといいでしょう。

色が白いハタゴイソギンチャクは褐虫藻が抜けてしまっている可能性がありますので、最初の数週間は添加剤やアサリのむき身をあげることをオススメします。ある程度色が付いてくるまで根気よくあげるようにしましょう。

 

飼育環境まとめ

ではシライトイソギンチャクの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □■■■□□□□
光の強さ  □□□□■■■
水流の強さ  □■■■□□□□□□
給餌の必要性  ■■□□□□□□□□
飼育難易度  □□□□■■■■

 

ハタゴイソギンチャクの移動

イソギンチャクの中ではそこまで動き回らない種です。

ただし場所が気に入らないと当然動き回って気にいる場所が見つかるまで動き続けます。最初に設置する場所をできるだけ好みの場所を選んで設置してあげるといいでしょう。

ハタゴイソギンチャクの好みの場所はガラス面やライブロックです。気に入らないと移動してしまいますので、小さなライブロックを底砂の上に設置してあげ、ガラス面ではなくライブロックに活着してくれるように工夫しましょう。現在他にサンゴやイソギンチャクを飼育している方はせつ属しないように最初のうちは少し観察してあげるといいでしょう。

 

毒性

非常に強い毒を持っています

同様の強さの毒を持つイボハタゴイソギンチャクとの接触は問題ありませんが、その他のイソギンチャクを飼育している場合は十分注意する必要があります。接触してしまうと毒性の弱いサンゴやイソギンチャクは死んでしまいますので、接触しないように設置場所を選ぶようにしましょう。

またヤッコやハギ類などの毒に弱い海水魚は触れてしまうと死んでしまうことがあります。大きめのイソギンチャクを飼育するのであれば水槽の大きさも考えて飼育しなければなりません。

ハタゴイソギンチャクを飼育する場合は他のサンゴやイソギンチャクを入れる前に水槽に入れて、活着した後に他の種を入れることをオススメします。


 

クマノミとの相性


シライトイソギンチャクと相性のいいクマノミは、カクレクマノミとセジロクマノミです。

センジュイソギンチャク同様に多くのクマノミと共生してくれることが多く、カクレクマノミやセジロクマノミ以外にもクマノミやハナビラクマノミとも高確率で共生してくれます。

ただし意外と知られていませんが、注意しなければならないのがカクレクマノミとの共生です。全てではありませんが共生しているカクレクマノミがハタゴイソギンチャクの口の中に入り込み、内臓をつついて食べてしまうことがあり、ハタゴイソギンチャクを殺してしまうことがあります。これは共生させてみないとなんとも言えませんが、突如突き始めることもありませんので、常にその危険性があることは認識しておく必要があります。

 

温度

適温は23℃~25℃です。

イソギンチャクは海水魚に比べて高温を好む傾向がありますが、ハタゴイソギンチャクは海水魚同様の水温を好みます。外国産のイソギンチャクは29℃近くになっても元気にしていることが多く、むしろ低温よりも元気に開いていることが多いです。

国産のイソギンチャクは外国産のイソギンチャクほど高い水温は好まず、25℃くらいの水温を好む傾向があります。

夏場の高温にも比較的耐えることができますが、急激な温度変化には体調を崩してしまうことが多いですので水温を一定に保てるようにクーラーやヒーターは必ず設置するようにしましょう。

 

おわりに

さてさて今回はハタゴイソギンチャクについてお話をしました!

ハタゴイソギンチャクは他のイソギンチャクに比べると水質に敏感なため飼育難易度が高く、ハードコーラルと同じくらいの飼育環境を好む傾向があります。そのためイソギンチャクを飼育したことのない方がハタゴイソギンチャクを飼育すると短期で死なせてしまうことがあります。

ハタゴイソギンチャクを飼育する場合は飼育設備をしっかりと揃えて、栄養塩をほぼゼロにした状態を維持できるようになった際に飼育にチャレンジするといいでしょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【現物2】ハタゴイソギンチャク 10-15cm±!15時までのご注文で当日発送
価格:10800円(税込、送料別) (2017/11/5時点)










関連記事

  1. イボハタゴイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ…

  2. ロングテンタクルアネモネの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ…

  3. シライトイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】…

  4. ウメボシイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】…

  5. イソギンチャクは移動する生き物!剥がす方法は?餌や水流は必須!?

  6. タマイタダキイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノ…

  7. 海水が蒸発してしまった時の対処方法は?飼育水を補給するための正しい方法…

  8. イソギンチャクとクマノミの相性一覧!混泳NGな海水魚もご紹介!

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…